FC2ブログ
  • « 2019·12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2009’06.19・Fri

梅味醂を漬ける

ブログでいつもお世話になっているオムラーさんから教えて頂いた梅味醂、その作り方の記事を参考に、オムラーさんのところの様な特選素材は揃えられないけれど、何とか手に入る素材で、梅味醂を仕込みました。
材料は三河の本味醂700ml、梅は和歌山の南高梅です。

IMG0906180.jpg


初トライなのでちょっと自信がない分、700mlと量は少ない。
ああ、勿論これは当家の自然な役割分担通り、家内の作品です。
でも任せるばかりでは何だか悪いので、飲む方の分担は引き受けましょうか。(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪
美味しくできるといいなぁ♪

IMG0906181.jpg


この写真を撮っていたら、丁度そこへ長男が梅酒を買ってきた。
梅つながりで、この写真も載せましょう。(下写真)
八海山の原酒で漬けた梅酒です。通常の梅酒の味わいと異なり、あまり甘くなく、しっかり日本酒の香りも残って、いかにも日本酒好きが好むような梅酒に仕上がっていますね。

IMG0906182.jpg


下のランキングに参加しています。梅味醂飲みたいぞ!という方、又は俺はこっちの八海山梅酒が飲みたい!という方、 ポチッとクリック応援してくれると、多少は飲んだ気になるかも(・・んなわきゃないか~)(^^)
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(12) TOP

Next |  Back
おお~綺麗な南高梅ですね~! 梅味醂デビュ~!(笑)
半年後・・1年後と、飲み比べてみて下さいね!?
全くの別物ですから~!(もちろん熟成が進むに連れ、美味しさが増します)

日本酒で仕込む梅酒は原酒が必要らしいので、今年は我慢して・・来年は地元の蔵元にお願いして
分けていただく予定です。
来月はEMアサちゃんに並ぶプラムで、果実酒も仕込むつもり。 
今朝・・生産者さんからお話を聞いて、少し多めに頂ける様・・お願いして来ました。
忙しいわ~!(笑)

八海山も・・近くのこだわり酒屋さんで、話は聞いていましたが・・これですか~??
味わってみたいです~! トリプルポチ&拍手~!!

オムラー:2009/06/19(金) 14:23 | URL | [編集]

お友達がこちらのブログで見て、私も作りたいと思っている・・例のディハイドレーターを
作るみたいで・・布団乾燥機をネットで落札されたそうですが、http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p154461529
って、大丈夫ですか~?
送料が掛かってもかなり安いので、ちょっと・・アドバイスお願いします~!

オムラー:2009/06/19(金) 14:35 | URL | [編集]

そいや、この角谷文治郎商店さんの所で
三河梅みりん、売ってまして。
うちにはそれがあります(笑

ちなみに愛用の「こぼれ梅」はこの蔵まで直接購入しに行っています。

美味しくできるといいですね♪

カイエ:2009/06/19(金) 15:01 | URL | [編集]

布団乾燥機は私はオークションではなく、新品をケーヨーD2で1980円で買いました。
私がオークションで購入したのは業務用真空包装機の方です。
でもオークションは結構慣れているので、回答はできます。

まず、器械の動作は新品なので大丈夫だと思います。
不良品の場合は、この業者の評価成績はあまり良くないので、対応は悪いかもしれませんが、返品不可と書かれていても、もちろん返品できます(法律上も)。
ただ直近のその布団乾燥機の落札価格は
 2501円 6/15
 2501円 6/11
 2550円 6/10
 2580円 6/09
 2500円 6/02
なので多分安くは買えない筈です。
何故かは、公開コメントではちょと書けない。(;^_^A

想定される落札価格+送料+代引きでは、通常のディスカウントショップやリサイクルショップの方が、安いと思う。

duckbill:2009/06/19(金) 16:21 | URL | [編集]

八海山にポチみっつ、頂き~ました!!(爆)

梅酒の例をみても、時間が経てば経つほど美味しくなるのは判っているけど、あとはどれだけ
我慢出来る自制心があるかですが、全く自信なし!(笑)

おお~、次はプラムで果実酒。これもマネッコしようかなぁ~♪

duckbill:2009/06/19(金) 18:11 | URL | [編集]

そうそうこの実に素晴らしい三河みりんも愛知県なんですよね~。
何だか愛知県って、結構特選素材が多い。
ここの味醂は今回の梅味醂作りじゃなくても、以前に何度か使っています。

完成形の梅味醂としても販売してるなら、作らないで買ったほうが早かったかも(;^_^A ハハハ・・・

ここの味醂の「こぼれ梅」なら文句無しの最高級品だけれど、蔵に直接買いに行かないと手に入
らないのでしょうね。う~ん、地元は羨ましい。

duckbill:2009/06/19(金) 18:15 | URL | [編集]

なるほど・・やっぱり100円では、手に入らない様ですね!(笑)
色々有るんだ~!
オークション未経験の私は、何も分からない~!(泣)

やっぱり・・以前から教えて貰っている通り、格安の布団乾燥機を・・近場で探す事に
します。
いつも丁寧なお返事、感謝しています~!
頼りになるわ~!!

オムラー:2009/06/19(金) 19:54 | URL | [編集]

100円で手に入るものもあるのですが、この業者のは無理なようです。
オークションで定期的に出るようなものは、どの辺の落札価格になるかを、何回かウォッチするのが良いと思います。
そう、近場のホームセンターやディスカウントショップで、格安布団乾燥機が見つかる筈ですよ。
教えられたり教えたりですから、私の知っていることでしたらいつでも聞いてみて下さい。

duckbill:2009/06/19(金) 21:04 | URL | [編集]

愛知県にお褒めの言葉をいただき、ありがとうございます♪

トヨタショックで傾きかけている(いや、傾いている・・・)愛知県ですが、江戸と大阪・京都の間で、地味に独自の文化が育ってきたところでもありますです。

昨日ちょうど、名古屋の酒好きが集う「日本酒の会」なるものに参加してきたのですが、三州三河みりんというのが美味しくて、そのまま飲んで楽しめる、ということでした。

わたしも探して味わってみようと思います。

いいなぁ、梅味醂&梅日本酒・・・

yaefit1500(すくすく水耕栽培):2009/06/20(土) 17:50 | URL | [編集]

この梅味醂に使用したのがまさにその三州三河みりんです。
この味醂はまさに愛知県の宝だと思います。

まがい物でない、しっかり作られた本物の味醂は飲んでも美味しいのです!・・・などどもう知ったような事を言ってみたりして。(笑)
料理では以前から何度か使って、凄い味醂だなぁと思っていましたが、実は、飲めるとは知らず、梅味醂というのも聞いたときに、どう料理に使うのだろうとか思っていました。(;^_^A ハハハ・・・
「エーッ、飲むんだー」と判ったのはついこの前、だから今回が梅味醂、初トライです。
美味しくなるといいなぁ♪

duckbill:2009/06/20(土) 20:13 | URL | [編集]

味醂は江戸時代に暑気払いに冷やして飲まれてたようです。
男性が日本酒をのみ、女性がこっそり(?)味醂で口を潤す。
正月のお屠蘇もこの味醂を使用することが多いそうです。

愛知の中でも碧南市というところが味醂の名産地です。
他に有名メーカーで九重味醂があります。
商売上手のメーカーで「みりん風調味料」や廉価品の本味醂を作っています。
(アルコールを添加して作るもの)
もちろん米と焼酎のみで作ってるのもありますが。
あまり出回っていないかも。

さて。角谷さんところは米・麹・焼酎材料以外の材料の商品は作ってません。
焼酎も自社仕込みです。

そんなこともあり、うちはこの角谷さん1本です。
工場見学もしてきましたしね~。

梅味醂も角谷さんが発案して広まったものだそうですよ。
(そして米・麹・焼酎以外が入っている味醂では出せない味だそうです)

・・・・って。話が長くなりましたが。
実は「こぼれ梅」は頼めば送ってもらえるはず、と連絡にきたのでした。
たしか500円/キロ。これに送料じゃないかな~。

カイエ:2009/06/21(日) 11:40 | URL | [編集]

なるほどもう江戸時代に味醂は飲まれていたと。φ(。。;)メモメモ
味醂が作られたら、その時できる味醂粕は当然無駄にしないで、食べられていただろうけれど、これに「こぼれ梅」という風流な名前がついたのはいつの時あたりなのでしょうね。
この名前は結構お気に入りです。

角谷さん一本というのは、なかなかカイエさんらしいですが、この本味醂を普段使いするというのは、なかなか度胸がいる。
うちも私にはできないけれど、家内には出来ると思う(笑)
梅味醂の発案は角谷さんなのですか、まあそれも飲める本物の味醂を作っているからこそ、発案できるのでしょうね。
私が最初、梅味醂と聞いて飲用だと思わなかったのも、いい加減な味醂を入れて、煮切らないで味見をしたら、ぺっぺという代物だった経験で、以来ずっと、味醂は飲めないと思い込んでいたのが原因ですから。

>・・・・って。話が長くなりましたが。
いやいや、カイエさんのこの味醂に対する思い入れの深さがよ~く判りました。(笑)
「こぼれ梅」、500円/キロなら全然高くないし、送料入れても買いですね。
このままいいお酒のつまみになります。
でもお酒のつまみに味醂粕って2重に酔いそうな気もするけれど、今度頼んで見ます。
情報サンキュ~です。(v^-^v)♪

duckbill:2009/06/21(日) 16:19 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL