• « 2017·07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2009’08.22・Sat

水耕栽培トマトの収穫経過

ベランダで水耕栽培しているイタリアントマトのその後の収穫状況です。(前回まではこちら
これは8/17日の収穫。 コストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)を1個、102gと、サンマルツァーノ・ルンゴ(San Marzano Lungo)を4個137g、カウント外のチビルンゴ1個。

IMG0908172.jpg


次に8/19日の収穫。 サンマルツァーノ・ルンゴを7個205g。

IMG0908199.jpg


そして8/22日の収穫。 サンマルツァーノ・ルンゴを6個173g。

IMG0908220.jpg


これでこれまで合計のトマト収穫は、コストルート・ジェノベーゼが延べ25個、サンマルツァーノ・ルンゴが延べ98個となり、今年の最終収穫目標に対しては、現在までで、50.0%(コストルート)、49.0%(ルンゴ)、合わせて49.5%ほどの達成具合となりました。(栽培株数は1株づつの合計2株)

コストルート・ジェノベーゼは当初に着果分は全て収穫しました。これからは後半戦で新たに着果したものの収穫になるので、これらが熟すまで当面収穫はお休みです。
今日時点で後半戦の着果分は23個確認できています。
まだまだ開花していて、どんどん着果していますから、いよいよ大玉トマト50個/1株の目標は、確実に達成できそうな気配になってきました。ひょっとしたら大きな上積みも期待できるかも知れません。

サンマルツァーノ・ルンゴは前半後半の境なくずるずると収穫できています。ただかなり高段になったせいか、着果率も悪くなり、従って収穫数が減って、かつ小型、変形果が多くなっています。
音叉振動でも花粉が飛ばないので、止む無くトマトトーンを使っています。
通常果実が肥大するにつれ、花弁は外れて落ちるのですが、外れない花弁が首を絞める形で2段形の変形果になるようです。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
うちのシシリアン様も、今日収穫して前半戦完了折り返しです。2株で6Kg弱、やっぱ全然duckbillさんの方が収量多いですねー。
トマトトーン処理の花びら、先っぽでなく首根っこにつくのは見ていますが、それが奇形果の原因になるとは知りませんでした。観察してみます。ひっぱちゃおうかな?

katteni:2009/08/23(日) 13:10 | URL | [編集]

> katteniさん
うちは2株で多分9kg弱くらい(最終目標が20kgなので)でしょうか。
大玉なので重量を稼ぎやすかったですね。
でも去年のシシリアンなら、撤収では767個穫ったけれど、8/19時点では135個/2株なので、たった2.7kg程度しか穫っていません。
だからぜんぜんkatteniさんの勝ち。このままいったら相当穫れるんじゃないかなぁ。

奇形はトマトトーンのせいではなく、単に暑さと、高段なせいかなぁ。
トマトトーンの問題は、新芽と小蕾の萎縮、それと空洞果(受粉無しで着果するので種部分ができない)だと思う。
なんだかうちのルンゴは最近ひょうたん形です(爆)

duckbill:2009/08/23(日) 13:44 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL