• « 2017·07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2009’10.02・Fri

格安チーズ

賞味期限切れ間近なため半額セールとなっていた、訳有りな青カビチーズ他を見つけたので、青カビチーズ好きな私としては、思わず購入してしまいした。

下写真左上がエメンタールとブルー・デ・コース
エメンタールは硬質チーズで、トムとジェリーに出てくる穴ポコチーズ。チーズフォンデュに使われるチーズでもあります。
元々スイスのチーズだけれど、色々な所で作られるようになって、これはフランス物です。
半額になって164円/100g(税込み)。元々の値段が安い上に半額なので、通常市販の1/2.5~1/4くらいの価格に相当しているでしょうか。
ブルー・デ・コースは1979年にA.O.C.認証を取得したフランスの青カビチーズです。
青カビチーズの王様ロックフォールを有する国だけあって、この国の青カビチーズは種類も多く質も高い。
それらのチーズが殆どロックフォールを手本としている中で、このブルー・デ・コースが一番ロックフォールに近いような気がします。ただしロックフォールと違って、こちらは牛乳チーズです。
半額になって349円/100g(税込み)。これは通常市販の1/2~1/2.5くらいでしょうか。
さて賞味期限ギリギリとは言え、熟成の進み方は店の管理で随分違うし、同じ店でも保管され方でチーズ個体別に様々です。
このブルー・デ・コースはもう熟成がかなり進んでいる状態でした。水も大分出ていて、外側の外皮はもうウォッシュタイプのように発酵臭も強く、粘りもでています。
当然ながらこのように熟成が進んだものは青カビチーズ特有の匂いも強く、味も強くなります。
私はかなりの青カビLOVEなので、このように熟成が進んだものこそ大歓迎ですが、ここまで進むと、あまり馴れていない方にはちょっとつらいかも知れません。

下写真右上がロックフォールA.O.C.
言わずと知れた世界3大青カビチーズの筆頭格、青カビチーズの王様、ロックフォールです。もう私が愛してやまないチーズです♪
このチーズについては以前の以下の記事でも書いています。

  お買い得食材
  再びロックフォール

半額になって429円/100g(税込み)。これは通常市販の1/2~1/3くらいです。
高価なロックフォールをこんな価格で買えるなんて素晴らしい♪
賞味期限ギリギリとは言え、このロックフォールはまだまだ過熟成にはなっていません。普通に食べ頃です。

下写真左下はブルー・デ・コースとブルー・ドーベルニュA.O.C.
ブルー・デ・コースは前述した青カビチーズ。こちらのブルー・デ・コースは左上のブルー・デ・コースのようには過熟成になっていなくて、普通に食べ頃な状態です。左上同様349円/100g(税込み)。
ブルー・ドーベルニュもフランスの青カビチーズです。このチーズについてはやはり以前の記事でも書いています。
半額になって398円/100g(税込み)。これは通常市販の1/1.5~1/2くらいでしょうか。ここはブルー・ドーベルニュは元々若干高めのようです。
このブルー・ドーベルニュは左上のブルー・デ・コース程ではないけれど、熟成もかなり進んでいるようです。

下写真右下はペコリーノ・ロマーノ2個
ペコリーノ・ロマーノはイタリアの羊乳で作られた硬質チーズで、パルミジャーノ・レッジャーノの羊乳版ともいえるもので、以前のこの記事でも紹介しています。
パルミジャーノ・レッジャーノに比べ塩がきつい分、熟成旨みも強く感じます。かえって料理には使い安く、最近は結構多用しています。
塩がきつい分、薄くスライスしてお酒のつまみとしても中々いけます。
半額になって189円/100g(税込み)。これは通常市販の1/2~1/3くらいです。

IMG0909304.jpg


格安なもので、訳有り品とはいえ、ついつい沢山購入してしまいました。
ただでさえ、激しい当家のチーズ消費量は、これでますますうなぎ登りです。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorieチーズ  トラックバック(0) コメント(8) TOP

Next |  Back
噂のチーズ裏技(?)お得買いですね!
話には聞いていても写真で見ると凄い!
量に圧倒されます。(*^_^*)
私も来週はメモを片手に…♪

楽子:2009/10/02(金) 22:21 | URL | [編集]

> 楽子さん
ふふ!なかなか成果が出ています。(^^)
この値段なら、あのロックフォールでさえ私でも料理に使えます。(笑)
トライしてみて下さい♪

duckbill:2009/10/02(金) 23:19 | URL | [編集]

すごい、これだけのチーズを、いったいどのくらいの期間で、何人で食べるのか知らん??

yaefit1500:2009/10/02(金) 23:22 | URL | [編集]

水も大分出ていて粘りもでているチーズでも食べられるduckbillさん凄いなぁ♪
チーズは嫌いじゃないのですが、色んなチーズを食べた経験があまりありません。
青カビチーズってまだ未体験ゾーンなんですよ。
こんな私がチーズに目覚めるコースをご指南頂ければ素直に従う私でございます♪
パルミジャーノレッザーノチーズからスタートで良かったかしら?

まっく:2009/10/03(土) 00:28 | URL | [編集]

> yaefit1500さん
安いので脊髄反射で買ってしまって、消費のことは良く考えていな~い!(爆)
まあ青カビチーズは最悪、料理で大量消費が簡単だから、何とかなるさぁ♪

duckbill:2009/10/03(土) 00:49 | URL | [編集]

> まっくさん
チーズ好きは大抵、熟成しすぎの臭い奴が好きになって行きます(笑)

チーズは大きく分ければ、ハード&セミハード、フレッシュ、青カビ、白カビ、ウォッシュ、シェーブルの6タイプ。
パルミジャーノ・レッジャーノはハード&セミハードチーズ。そのまま食べるというより、削ってパスタにかけるような使い方。

青カビチーズが未体験で、かつ目覚めるコースなら、まずゴルピカ・マスカルポーネを食べてみたらどうでしょうか。
これは誰でも美味しいと思うのではないでしょうか。(^^)

duckbill:2009/10/03(土) 01:28 | URL | [編集]

たしかに左上の写真の青かびチーズは、色もかなり黄色いですね。目利きができて、チーズ好きだと、訳ありセールは宝の山のようですね。自分には危険な山です。
先日は冷や飯にゴルゴンゾーラを入れて、なんちゃってリゾットを作ったけど、なかなか旨かった。チーズ沼にはまりつつあります。
ところで、熟成中のダナブルは、まだまだ待ち、ですよね。ちなみにうちのは、賞味期限が2010.3.17です。

katteni:2009/10/04(日) 08:59 | URL | [編集]

> katteniさん
危険といっても、熟成チーズ、ひどい管理をしなければ食当たり等の危険はありませんが、好みに合わない危険は大有りです。
これは納豆嫌いな人が納豆を買ってしまったり、クサヤ嫌いな人がクサヤを買ってしまうようなものです。(笑)
例えばカマンベール等の白カビチーズでも、かなり熟成が進んだものは切るとダラーと崩れますので、切らずにそのままスプーンで食べたりしますが、チーズ好きの人にはむしろそれに限るという人もいます。でも大概の人はそうではない方がいいでしょう。(^^)

さて、ダナブルは丁度、メールで連絡をいれようと思っていたところです。
ここでも良いのですが長くなるので、せっかくですからメールでお知らせしますネ。(^^)

duckbill:2009/10/04(日) 09:55 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL