• « 2017·11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
2009’10.17・Sat

カサレッチェ(Casareccie)を作る

カサレッチェ(Casareccie)はシチリアで生まれたショートパスタで、断面がS字形をしているのが特徴のパスタです。
実はこのフォルムが大変気に入っていて、その作り方をNET等であちこち捜したのだけれど、なかったものだから、返ってますます興味を抱いていたショートパスタです。
正確には、 百瀬 幸治著の「新パスタ宣言」に、カサレッチェの作り方は載っていたのだけれど、この本の作り方では断面がU字形なのです。
ソースの絡まり方や食べた感触もU字とS字では、そう違いは無いのかも知れないけれど、私の中ではカサレッチェの断面はS字形と決まっており、これは絶対に譲れない。
手でこねくり回して、無理やりこの形を作ることはできるだろうけれど、手早く何個もポイポイ作れるような方法じゃなけりゃ、意味が無い。
以来、どうS字形に作ってやろうかと頭の片隅に置いていたら、なんかの弾みで作り方を思いついたので、時間が空いた時に作る事にしていました。

シチリアですから本来はデューラム・セモリナ100%で作るのでしょう。
でも「新パスタ宣言」ではデューラム・セモリナは使わず、強力粉で作っているので、私も強力粉だけで作ることにしました。
加水率は50%として、材料は
強力粉200g
100cc
小匙1
オリーブオイル大匙1

使った強力粉は国産小麦粉「春よ恋」です(下写真)。

IMG0910120.jpg


作ったのは連休最後の日の10/12(月)ですが、その前日の夜に、上記材料を混ぜ、良く捏ねて生地を作り、一晩冷蔵庫で寝かせました。・・・実は粉仕事は結構得意(^^)
そして翌日、一晩寝かした生地を使って、頭の中で練り上げた、カサレッチェ作りをやってみました。

         [ 私流カサレッチェの作り方 ]

生地を適当に分割して、直径7mm~8mm位に手で延ばす(下写真)。
自分で延ばしている時は、写真が取れないので、家内に頼んだら、早速ピンボケでした。・・・おーい!しっかり頼みますよ、ホントに(泣)

IMG0910121.jpg


で、これを5cm位に切って(下写真)、

IMG0910122.jpg


真中に丸い竹串を押し付け(下写真)、

IMG0910123.jpg


むこう側に竹串をスライドすると(転がすのではなくスライド)、手前側から向うへクルっと、生地が丸まってかぶさるから(下写真)、

IMG0910124.jpg


さらに、もう1本の竹串を、かぶさった真中ちょい上にそっと押し付け、同様に向こう側へスライド(下写真)。

IMG0910125.jpg


又手前側から向こう側へクルっとなって、S字形の完成だ(下写真)。 うまくクルっと行かない場合でも、延ばされていれば、ちょっと手で丸めるだけでS字形になるから、大丈夫。

IMG0910126.jpg


断面がS字になったカサレッチェの両端を持ち、少しねじりを加える(下写真)。
こうすることで離しても、軽いねじれが残る。
こうして写真を見ると爪の伸びが気になるけれど、ギターを弾く(勿論趣味で)ので、これは切れない。

IMG0910127.jpg


断面はちゃんとS字、・・・んん、逆S字!いやいや、向こう側の断面はS字だから大丈夫。
軽くねじれもあって、形状は結構パーフェクトだし(下写真)、ちょっと慣れると1個3~5秒位で作れるので、作る方法としてもパーフェクトかも・・・自画自賛(爆)
いや、もう少し細長いよ!ってことなら、細長く延ばす際に直径5~6mmまで延ばして、切る長さも5.5~6cmくらいにすればいい。後は一緒です。

IMG091012b.jpg


で、結構素早く出来上がったカサレッチェ、仕上がり重量300g4人前(下写真)。

IMG0910129.jpg


早速昼食に、出来上がったばかりのカサレッチェを使ったパスタを作った。

[ 鶏とひよこ豆、ブナシメジのカサレッチェ ]

鍋にオリーブオイルを入れ、スライスした国産ニンニク、自家製鷹の爪、自家製ベーコンを入れ、ニンニクの香りを出し、さらにベーコンの脂を引き出す。
鶏モモぶつ切り、玉葱微塵切りを加えて良く炒め、その後ブナシメジも加えさっと炒める。
自家製瓶詰めトマトソースを1瓶(300cc)いれ、さらに刻んだ生トマト、缶詰のひよこ豆も入れて、少し煮込む。
カサレッチェ自身に塩が入っている分、ソースの塩味は気持ち薄味で大丈夫。
自家製瓶詰めのトマトソースも、刻んだ生トマトもベランダで自家栽培のイタリアントマトで、加熱したときの旨さは半端じゃない。
ひよこ豆は加えると、煮崩れしないのに、ソースにはとろみがぐんと付き、その分カサレッチェに良く絡まる。
カサレッチェは茹塩(1%)を入れた熱湯で4分位茹で(浮き上がってから2分位)、湯切りをした後、ソースに投入し、ソースの中で1~2分程煮込み、ソースを吸わせ、おろしたペコリーノロマーノ、塩(ゲランドの塩)、胡椒で味を調える。
皿に盛り、仕上げにおろしたペコリーノロマーノ、刻んだイタリアンパセリを散らし完成。

IMG091012a.jpg


う~ん、素晴らしい味!!
ロングパスタでは、乾麺は乾麺で捨てがたいけれど、ショートパスタはやっぱり生パスタが圧倒的に美味しいと思います。
コシがあるだけでなく、それにモチモチ感も加わり、粉の持つ美味さも素晴らしい。 この国産小麦粉「春よ恋」、なかなかいい味だと思います。
乾麺のショートパスタ在庫が結構あるのだけれど、これを食べたら、乾麺のショートパスタは当面食べたくないなぁ!

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie料理  トラックバック(0) コメント(18) TOP

Next |  Back
すごいのを作られましたねー。
竹串を使うアイデアがさすがです。

全然関係ないですけど、キレイな手をしていらっしゃいますね。
え?ギター??一瞬、ピアノを弾かれそうな指に見えましたが、なぁるほど。

爪弾くということは、クラシック系ですか?それともスパニッシュ??
料理の懲り方から見るに、ギターの腕も・・・♪と、お見受けしました。

・・・毎回じゅるじゅる言っているので、今日はちょっと違う観点でコメント書いてみましたが、
でもやっぱり・・・・じゅるる。

yaefit1500:2009/10/17(土) 09:21 | URL | [編集]

爪のばしのギターということはクラッシックギターだと予想です♪
まったく音が途切れることなく美しい音色を奏でられそうですね^^
私もアコギ初心者。なかなか上達しません><

自家製クルクルパスタはホントにやばそうな美味しそうですね♪

まっく:2009/10/17(土) 09:53 | URL | [編集]

> yaefit1500さん
このCasareccieはちょっと憧れていたショートパスタで絶対作りたいと思っていたものです。
作りかたはオリジナルだけれど、竹串を使うのは「新パスタ宣言」でも使っているので、残念ながら私のアイディアではありません(;^_^A
でも生パスタのこのCasareccie、けっこうじゅるじゅるです♪ ほんとに美味しい。

大概のギター好きは色々なジャンルを齧りますから、完成度はともかくも、同じように、クラシック風
やフラメンコ風も弾くけれど(風がつくところがなかなかイカサマなところ)、ブルージィなあたりがジャンルです。あっ!ジャズも好きです(^^)

duckbill:2009/10/17(土) 14:18 | URL | [編集]

> まっくさん
残念ながらブー!でした。(笑)
ブルースギターが趣味です。ピックでも弾くけれど、指も随分使います。
アコギじゃないのも色々もありますが、専らアコギを弾いています。

自家製クルクルパスタ、抜群に美味しいですよ。
やっぱりショートパスタは生に限りますもの。

duckbill:2009/10/17(土) 14:29 | URL | [編集]

うわーさすが!!有言実行ですね!!
まさにカサレッチェ=自家製というだけあって
手の込んだ形のパスタですね。ソースがめちゃくちゃからみそう♪
duckbillさんのカサレッチェ制作宣言?の後、
あのS字はどうやってつくるんだろ?ってちょっとググッて
みたところ、イタリアのマンマも竹串を使って作っている様子でしたよ。

panda:2009/10/17(土) 15:56 | URL | [編集]

> pandaさん
下書き記事が溜まっちゃってて、作ってから、記事まで大分遅れました。(;^_^A
そうそう、カサレッチェ=自家製といった意味のようですね。
昔、カーサビアンカ(白い家)という歌がありましたが、casaはイタリア語で家、reccieのほうは良く判らなかったのですが、要はシチリアの家庭でマンマが手作りで作っていたパスタのようですね。
「新パスタ宣言」には、イタリアの家庭では鉄の細串に蒔き付けて作ると書いていましたが、やっぱりイタリアのマンマも竹串ですか?
竹串でどうやって作っているのでしょうね。意外に今回の方法と同じだったりしたら何だか凄い(笑)
このパスタ美味しいです。丁度厚みがいいのかなぁ。腰もあって、モチモチ感もあって、ソースとも良く絡むし、腰がある分良く噛むので、粉の旨さも随分感じるのです。
こんなパスタだと、ソースのほうも作り甲斐があります(^^)

duckbill:2009/10/17(土) 16:47 | URL | [編集]

生パスタ、もちもちしておいしいですよね、それを自宅で作ってしまうとは、しかも変わった形のやつ、さすがすぎです。パスタをソースで煮るのも味がしみていいかもです。
トマトソースのみのパスタにこだわっていましたが、いろいろなものを入れる路線に切り替えたくなってきました。そのほうが自然ですよね。
生パスタ作りというと、パスタを押し出すくるくる回す機械が必要かと思ってしまっていましたが、ショートパスタならそんなものも不要でした。いつかトルテリーニ作りたい。

katteni:2009/10/17(土) 16:53 | URL | [編集]

> katteniさん
トマトソース系は、ちょい早めに茹で上げて最後にソースに中でちょっとだけ火を入れたほうが、ソースと良く絡みます。
トマトソースをベースに限定したとしても、色々な素材で楽しまなかったら勿体無いです(^^)
ロングパスタでもトルキオ(押し出す器械)でやるタイプも、普通のパスタマシンで伸ばして切るタイプもあるし、ショートパスタも色々ですが、特にショートパスタはこのカサレッチェのように竹串だけあれば作れるのもあるし、竹串も要らないものも多いですから、道具なんかなくたって、楽しめるところがいいですね。
トルテリーニ難しくありませんよ。生地を平らに伸ばすのにパスタマシンがあれば楽ですが、無くたって麺棒でも出来ます。いつかと言わず作ってみません(^^)

duckbill:2009/10/17(土) 21:08 | URL | [編集]

ニョッキは時々作るけど、パスタは面倒で作る気が
しない私です!?
乾麺のショートパスタは好きじゃないけど、生ショートパスタは
美味しそうですね!
不器用だけど・・チャレンジしてみたくなりました~!(笑)
鶏とひよこ豆、ブナシメジのカサレッチェ ん~見てるだけでも
美味しさが伝わって来ます~!! 食べたい!!

オムラー:2009/10/17(土) 22:41 | URL | [編集]

> オムラーさん
乾麺のショートパスタは良く食べるけれど、でも生の方が断然美味しい。
生ショートパスタは腰があって、その上モチモチしてほんとに美味しいから、ぜひやってみて~♪
それに思ったほど手間でもありません。
結構、生ショートパスタにはまるかも(笑)

duckbill:2009/10/17(土) 23:43 | URL | [編集]

うわわ、おいしそうです♪ 食べたい♪(今日はパスタを食べたくせに)(笑)
たまにしか行きませんが、私のうかがっているイタリアンのお店のショートパスタがこのタイプみたいです。こうして拝見すると、やはり作り方はかなりの技術が必要なのですね。スゴイです。私はパスタもロングタイプしか作ったことがないので、今度、ショートにも挑戦してみようかしら。duckbillさんの絶賛ならおいしいこと間違いなしな気がしますが(笑)
でも、よくよく考えると、雑なことしかできない私にこんなことできるのか…無理っぽ(笑)
duckbillさん、繊細な手までこういうことをなさるのに向いていらっしゃる雰囲気が出ていますね。私の手…だれも撮影してくれる人がいないので、残念ながら見せられません(ということにしておこう)(笑)

レイコ:2009/10/19(月) 00:54 | URL | [編集]

> レイコさん
ショートパスタは生パスタがやっぱり美味しいですョ。
いろんな意味で讃岐うどんとオーバーラップするものが随分あると私は思います。
だからレイコさんなら、腰の強い粉の扱いもベテランだし、味も絶対気に入ると思う♪
このカサレッチェはショートパスタの中では複雑な方だと思うけれど、それでも何個か作るともう慣れて、ポイポイ出来るので難しくはありません。
それに加水率50%で生地を纏めるなんて、讃岐うどんを作ってたらチョチョイノチョイだし、レイコさんなら楽勝ですよ(笑)
絶対美味しいからお奨めです♪

duckbill:2009/10/19(月) 01:50 | URL | [編集]

へぇ~こんなS字型のパスタがあるんですね。
この微妙なねじれ具合を作れるのがすごいわぁ。
そしてもっとすごいと思うのがduckbillさんの繊細な手!
女性の手と言っても通りますよねぇ。(お写真だと大きさまではわかりませんが)
私は女性にしてはごつい手なのでうらやましい・・・。
粉モノはパン以外ほとんど作った事のない私にはまずはもっと簡単なパスタからチャレンジかなぁ。
何しろショウロンポウを作ろうとして、肉まんになっちゃったことありのヒトなんです。(笑)

楽子:2009/10/19(月) 10:08 | URL | [編集]

> 楽子さん
面白いパスタでしょ(^^) 作りかたが何処にも無くて、しょうがないから我流で作りました。
押し出さない、道具もいらないこの手のショートパスタは、モチモチして美味しいものだから、結構好きです。
でも今回の記事はパスタよりも手の方が好評だったかなぁ(爆)
もっと簡単なパスタならウンブリチェッリ(umbricelli)。3枚目の5cmくらいに切ってある生地、それを伸ばした指3本の腹でちょっとだけ潰してやるだけ。
小籠包が肉まん、スープの煮こごりを入れ忘れたということではなく、大籠包になったということ?(笑)
小籠包ならスープをこぼさないようにレンゲに乗せて食べたりするけれど、大籠包ならお玉かなぁ?(爆)

duckbill:2009/10/19(月) 20:24 | URL | [編集]

これまたすごいですね。初めてお目にかかりました。
こんなに手間のかかることをすんなりされるってのもすごいです。
パスタの手作りはしたことがありません。唯一和のパスタ、うどんの手作りはしましたが。。。
時間をかけて作っても食べるのは一瞬のうちに終わってしまいますよね。時々腹が立つときがあります。うちの夫にも見習ってほしい!

ギターを弾かれるんですね。私も少しかじったことがありますがいや~難しい!ピアノと違って1本の弦でいろんな音を出す・・・難しいです。

kuishinbou:2009/10/20(火) 08:37 | URL | [編集]

> kuishinbouさん
この形のショートパスタはあまり見ないでしょ(^^) お気に入りのショートパスタです。
蕎麦の手打ちや、讃岐うどん専用の粉を使っての手打ちうどんは、随分以前からやっているのですが、結構ショートパスタとは共通点があります。
だから生地を作るのも10分くらいでちょこちょこっと練って、寝かすだけ。成形は4人分で15分くらい。
うどんに比べたら、麺棒を出して伸したりとかの大掛かりで面倒なことは無いので、手間は意外にかかりません。

時間をかけて丁寧に作った料理も、食べると一瞬。それはいつも感じています。
でも料理はきっと花火と一緒で、口に入れたその一瞬を楽しむために作る一瞬芸だと思ってます。
そう思うと、たった一瞬のために、手間をかければかけるほど、それは粋な感じすらします。
だからなのかなぁ!手間暇かけるのはそう嫌いじゃない(^^)
・・・ああ勿論、まかない料理もしょっちゅう作らされてますが(笑)

ギターは腕前は置いといて、キャリアだけは長い(爆)。それでも長いだけ多少は弾けるけど、逆に鍵盤はちっとも上達しなくて(;^_^A
そのうち時間ができたら、真面目に(JAZZYな)鍵盤やろうかなぁとは思ってます。

duckbill:2009/10/20(火) 12:20 | URL | [編集]

皆さんが書かれてますがとてもきれいな手ですね。私なんか手を撮るのが恥ずかしいですもの。
最初奥様の手と思いました。
こんなパスタがあるんですね。私も前に一度だけカヴァテッリを作ったことがあります。
そのときはセモリナ粉を使ったような気がします。
串を使ってS字にするなんて手がかかってますね。丁寧に作られてますよね。
つくづくご家族がうらやましいです。
ギターも弾かれて人生楽しんでますね。
最近マンドリンが飽きてきました。ウン十年もやってるのに最近はちっとも満足な音が出ません。そろそろ引き時なのかも。
ギターはいいですよね。それだけで完成された音ですもの。
ピアノもたまには弾きたくなりますが今ピアノがないです。買おうかというと夫の大反対。
どうせ蓋をあけるのは年に1、2度になるだろうし物置場にしかならないよと。
確かにそうなんですが。
私も昨日はうどんに挑戦したんですよ。

ポメマル:2009/10/20(火) 18:01 | URL | [編集]

> ポメマルさん
うちの奥様の手はもっとずんぐりむっくりなのです(爆)
カヴァテッリもいいですね。カサレッチェ同様、手で押したり、引いたり、つまんだりして作るショートパスタはモチモチして美味しいです。
セモリナ粉を使うときはあまり捏ね過ぎなくて、セモリナ粉のザラザラ感を味わうようです。
だから自分がその日はどんな感じを食べたいかで、セモリナ粉を入れたり、卵麺にしたり、加水率を変えたり、自由です。
ふふ!私もギターは何十年だけれど、音色がでません。(爆)
ギターも音色を出すのはやっぱり腕前のようです。だからそれも今一で、おまけに最近は早弾きも指が動かないし(笑)
手打ちうどんいいですね。どんなタイプのうどんだったのでしょうか?その記事は出る?(^^)

duckbill:2009/10/20(火) 20:45 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL