• « 2017·08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

------- お知らせ -------

私も所属している東京きのこ同好会が主催する「第10回きのこ展~森の妖精達と遊び、学ぶ~」が、9月29日(金)~10月/1日(日)の3日間に渡って、多摩センターのパルテノン多摩特別展示室で開催されます(入場無料、販売等は一切ありません)。
膨大な数の食・毒・猛毒な生の野生きのこが展示されます(前回の様子)。
話のタネに猛毒きのこを見にきてね~♪(私duckbillもきのこ展実行委員をやっていま~す)
 ※FB、Twで拡散希望♪

紹介されているサイトのページ
パルテノン多摩 http://www.parthenon.or.jp/people/3088.html
るるぶ http://www.rurubu.com/event/detail.aspx?ID=P30587
ことさが http://cotosaga.com/event/1581183/?f=eventedit_new
イベントナビ http://www.event-navi.ne.jp/d_top.php?eventID=0000045925
イマdeタマ https://imatama.jp/event/detail?id=1236
イベ活 http://event21.co.jp/ibekatu/user/0003436.htm
スポットクリップ https://spotclip.jp/spots/345613


2009’11.03・Tue

ベランダ野菜の状況

まずベランダ水耕栽培中のイタリアントマトの前回収穫(10/19まで)以後の収穫状況です。

10/21日の収穫。コストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)1個74g、サンマルツァーノ・ルンゴ(San Marzano Lungo)4個75g

IMG0910210.jpg


10/22日の収穫。コストルート・ジェノベーゼ1個79g、サンマルツァーノ・ルンゴ6個117g

IMG0910220.jpg


10/23日の収穫。サンマルツァーノ・ルンゴ6個160g。小さい2個はカウント外。

IMG0910230.jpg


10/24日の収穫。サンマルツァーノ・ルンゴ4個105g。

IMG0910240.jpg


10/25日の収穫。コストルート・ジェノベーゼ1個51g、サンマルツァーノ・ルンゴ10個235g

IMG0910250.jpg


10/27日の収穫。コストルート・ジェノベーゼ2個126g、サンマルツァーノ・ルンゴ4個100g

IMG0910271.jpg


10/31日の収穫。コストルート・ジェノベーゼ3個289g、小さいサンマルツァーノ・ルンゴ多数はカウント外。

IMG0910310.jpg


これでコストルート・ジェノベーゼが延べ63個、サンマルツァーノ・ルンゴが237個となり、今年の最終収穫目標に対しては、現在までで、126.0%(コストルート)、118.5%(ルンゴ)、合わせて122.25%となって、目標達成後、さらに記録更新中です。(栽培株数は1株づつの合計2株)

10月の集計もできたので、10月までの月別収穫数を下表にまとめました。

コストルート・ジェノベーゼサンマルツァーノ・ルンゴ
7月1633
8月1084
9月1930
10月1890
63237


こちらはプランター土耕のスィート・フェンネル。
スィート・フェンネルは多年草。なので開花、採種時期には、株元に小さい株がどんどん増えてきた(下写真)。

IMG0910284.jpg


そして自家採種したフェンネルの種(下写真)。フェンネル種は種自体がスパイスとして使えるけれど、今年はそこまでの量はまだ取れない。元の株を大株にして、今年の種で株数も増やして、来年はハーブとしてだけでなく、スパイスで使えるかなぁ。(^^)

IMG0911031.jpg


こぼれ種からプランターで発芽していたイタリアンパセリが絶好調中。料理にタップリ使える理想的な状況です(下写真)。
イタリアンパセリは2年草、なので来春のトウ立ちまで、冬の間もしっかり使える筈です。

IMG0910285.jpg


プランター土耕のスィートバジルは、まだまだ青々としていて、柔らかい葉が使える状態(下写真)ですが、

IMG0910286.jpg


一方、PETボトル水耕栽培のスィートバジルは種が熟成している真っ最中(下写真)。
水耕と土耕では、同じ時期の苗でもこれだけ違ってきます。
一般にハーブを水耕でやると、栄養豊富なせいか、あまりハーブとして葉の利用をしないうちにトウ立ちしてしまうような気がします。
2年草のイタリアンパセリが1年でトウ立ちしてしまったこともあります。
ハーブを水耕でやる場合はEC値を相当低くした方が良いのかも知れません。

IMG0911032.jpg


かと言うと、こちらのPETボトル水耕栽培の青紫蘇はトウ立ちもしないで頑張っています(下写真)。
PETボトルにしてはかなりの大株になったまま、しっかり絶好調を保っています。

IMG0911033.jpg


こちらもPETボトル水耕栽培で鷹の爪(栃木三鷹)。(下写真)
収穫して終わった筈の鷹の爪が、収穫が終わってエネルギーに余裕が出来たせいか、一斉に新葉、新芽が出てきて、蕾をつけ、開花、そして続々着果し始めました。
このまま行くと、再度大量に収穫出きるようです。

IMG0910287.jpg


さていつもお世話になっているブログでお友達のカイエさんから、頂いたカレーリーフの実を、齧って味見をした後、植えたのですが、結構発芽まで中々難儀をしていました。
植えて2週間後くらいに芽かなぁ????と、?マークが4個つくくらいの細~いひょろっとしたものが出てきてから、そのままずっとそれが成長せず、先っぽが黒ずんできたわ、枯れそうだわ、といった状態が続いたものだから、これではまずいと下写真のようにプラコップを被せて、簡易温室化した結果、

IMG0910272.jpg


ようやく、発芽だ~!と胸を張って言えるくらいになりました。
カレーリーフは移植にも弱そうなので、まだ先行きは安泰ではないけれど、取りあえず「カイエさん~!発芽したよ~♪」
もう一方の月桂樹の挿し芽は結局うまく行かなかったようです。こっちは「カイエさん~!(≧≦) ゴメンヨー!」

IMG0911030.jpg




下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(4) TOP

Next |  Back
ほぼ連日のトマト収穫が素晴らしいですね!
目標達成率を遥かに超える結果も羨ましい限りです。

ハーブ類もduckbillさんに贈っていただいたフェンネルはスポンジ蒔きで水耕スタートの準備を行いましたが、土耕でもやっておきたいですね。
イタリアンパセリはたっぷり収穫したいので土耕でわさわさと育ててみるのがいいのかな~。

まっく:2009/11/03(火) 20:27 | URL | [編集]

うちのジェノベーゼもやっと色づき始めましたが、小さい…。やっぱ若苗とはいえ、秋では大きくならないのかもしれないです。あ、それとも大きくならないのは追い込んでいる証拠?
ハーブいいですねー。育てられる+使いこなせるようになりたいものです。

katteni:2009/11/03(火) 21:58 | URL | [編集]

> まっくさん
台風でのダメージ以来、開花が無いので、既に着果している果実が順次赤くなって収穫となっています。
だから着果分が無くなればそれで収穫打ち止めですが、時期的にも個数的にもそれで十分かなぁと思っています。
でも個数はともかくも、果実サイズは寒くなるにつれますます小さくなってきているけど(苦笑)

フェンネルは種自身もスパイスとして使えるので、水耕でトウ立ちしても種が大量に取れる。
そして葉の利用は土耕のほうがいいので、双方でやるのがベストですね。
イタリアンパセリは種ばかり取っても意味がないので、土耕がいいと思います。(^^)

duckbill:2009/11/04(水) 00:37 | URL | [編集]

> katteniさん
秋はやっぱりうちも果実が小さいですね。追い込んでないけど。
ハーブは料理には不可欠。正直フェンネルがなかったら、カルパッチョも作る気がしないもの。

duckbill:2009/11/04(水) 01:43 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL