• « 2017·09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »

------- お知らせ -------

私も所属している東京きのこ同好会が主催する「第10回きのこ展~森の妖精達と遊び、学ぶ~」が、9月29日(金)~10月/1日(日)の3日間に渡って、多摩センターの パルテノン多摩特別展示室で開催されます(入場無料、販売等は一切ありません)。
膨大な数の食・毒・猛毒な生の野生きのこが展示されます(前回の様子)。
話のタネに猛毒きのこを見にきてね~♪(私duckbillもきのこ展実行委員をやっていま~す)
 ※お友達へお願い♪ ブログ、FB、Twで拡散希望だよ~♪


2010’01.11・Mon

2010年用のトマトの種まき他

去年よりさらに収穫量を上げるため、今年はトマトの収穫開始時期を早めたいと思っています。
そのためレッド系トマトは、まだ元気な栽培中のトマトから挿し芽で苗を作る計画で進んでいます。
今年購入したトマト種も同じように、収穫開始時期を早めたいと思っています。
そこで、ブログでお友達のまっくさん種を蒔いたことだし、刺激されて私も、去年より1ケ月早いのですが、種を蒔くことにしました。
水を吸わせたスポンジ培地への播種です。
グリーントマトのエバ・グリーンにホワイトトマトのグレイト・ホワイト、そしてレッド系は挿し芽でやる予定だけれど、コストルート・ジェノベーゼとサンマルツァーノ・ルンゴも、保険用に念のため蒔くこととして、4種を2株づつ、一つのスポンジに2個づつ種を蒔き、スポンジが乾かないように少し水を張った苺パックにセットしました(下写真)。・・・1/10日

IMG1001100.jpg


トマトの発芽には25℃~30℃くらいの温度が必要です。
従ってこの季節では、積極的に加温をしてやらないと発芽しません。
私は去年、発芽器を作っています。
いや、単に100円均一からプラスチックの米びつを買ってきて(これは100円ではありませんでしたが)、中に水をはり、熱帯魚飼育に使っていた、コントローラー付きのヒータを放り込んだだけです。
そしてこの中に播種したスポンジを入れた苺パックを浮かせます(下写真)。
設定温度は28℃にしました。 この方法は去年の実績があるので、まあ問題なく発芽する筈です。

IMG1001101.jpg


12/12日に挿し芽したサンマルツァーノ・ルンゴの苗が順調で、大分伸びてきました(下写真)。
寒さに弱そうで少し元気がなくなっていたベランダのサンマルツァーノ・ルンゴなので、時期を待って枯れてしまっては元も子もありません、少し早めに挿し芽をしていました。
このまま成長されると、定植時期までは大きくなり過ぎる筈ですので、適当な時期に、この苗の上を切ってそれを再度挿し芽するといった方法を考えています。
コストルート・ジェノベーゼの方は今月半ば過ぎに挿し芽を取る予定です。

IMG1001104.jpg


ベランダのコストルート・ジェノベーゼ、少しずつではあるけれど、色づいてきました(下写真)。
この3個が、木成りで赤く収穫できる、最後のコストルート・ジェノベーゼかなぁと思っています。

IMG1001105.jpg

IMG1001106.jpg


ブログでお友達のカイエさんから頂いたカラビンチャ(カレーリーフ)の実を植えて、芽が出たカレーリーフの苗が順調に生育しています(下写真)。
Wikipediaの写真を見ても判るように、カレーリーフは水平に長い枝で葉が複葉に沢山つきます。
苗のうちから、そんなに水平に広がるわけは無いけれど、よくよく葉の数を数えると面白い。
1番目の枝には葉は1枚、2番目の枝に葉は3枚、3番目の枝に葉が5枚、4番目、5番目の枝に葉が6枚、6番目、7番目の枝に葉が7枚、8番目の枝に葉が8枚、9番目の枝に葉が9枚、10番目はまだ小さく何枚かは不明。
つまり、しっかりだんだんと横に長くなってきている訳で、あと何枝後には、結構らしい格好になってくるということでしょう。
葉を料理に使えるまではまだまだだけれど、思ったより成長が早い。

IMG1001107.jpg


ブログでお友達のpandaさん記事で、グラスデコというステンドグラス風の絵が描ける絵の具が紹介されていました。
これを見て、「ああ!これだったかなぁ!」と懐かしく思ったのです。
実は以前に、そんな絵の具を使って、ベランダに出るガラス戸に子供と一緒に仮面ライダーやスライムなど、いっしょに落書きをしたのです。
・・・時がたって、その子供も、今年就職をして社会人。
でもその時の落書きは、あちこち剥げて色もあせたけれど、今も残っています(下写真)。
今となっては大事な宝物、もう消せないよ~!
・・・そんな落書きの向こうには、まだ頑張っているイタリアントマトと青い空(^^)

IMG1001090.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(14) TOP

Next |  Back
・・の時期なんですね。
去年のが整理できてすっきりとしているところですが。
発芽の温度管理はこういう風にすればいいのですね。あ~でも私には無理なような・・・。ヒーターはメダカの水槽に入っています。

kuishinbou:2010/01/11(月) 08:25 | URL | [編集]

> kuishinbouさん
去年は2月になってから種を蒔いたので、こんなに早く蒔くのは、私も初めてです。
今年は春の収穫を早めたいというのが目標なので、定植を3月上旬に。そうすると今の時期にもう播種が必要だということになりました。
こんなに早くて、うまくいくかどうかは判りません。(^^;

トマトは特に発芽温度が高いので、種から始めるには、加温で発芽させるのが必須です。
要は暖めて、「おっ!もう春か?」ってトマトを騙くらかすってことですけど(爆)
自然発芽できる気温になってからの播種では、苗を買って育てるより、さらに時期が遅れます。

duckbill:2010/01/11(月) 10:09 | URL | [編集]

こんにちは!
今年のトマト・・始まりましたね~~(*^_^*)
では、わたくしも・・右にナラエで・・種まき開始いたします~~♪
今年・・アメーラに挑戦したいと思うのですが・・なかなか種がみつからなーーい^^;。
もし、どこかで、お目にしたら教えてくださいえ<(_ _)>

挿し芽されたサンマルツァーノ・ルンゴは、普通の土に挿されたのですか???

8:2010/01/11(月) 10:29 | URL | [編集]

> 8ちゃんさん
今年はみんなで種まきが早くなりそう! 誰が犯人?(笑)

アメーラで探したら見つからない! だってアメーラは品種名ではなく、商品名だもの。
品種名は「桃太郎ヨーク」でタキイの種です。
http://www.mitsunobu-nouen.com/SHOP/takii_t3_momoyork.html

挿し芽は室内で砂に挿します。
育苗鉢の底にリードペーパータオルを丸く切って敷き(砂漏れ防止)、煮沸殺菌した洗い砂を入れ、受け皿に水を張って育苗鉢を乗せる。
底が水に触れていれば、砂培地は十分に吸い上げ保水します。
そこに切った枝を挿し芽する。

砂培地は発根率は高いし、煮沸殺菌で繰返し使えるし、水耕にセットするときは、水中で一揺すりで綺麗に根だけになるし、超お奨め♪

duckbill:2010/01/11(月) 11:25 | URL | [編集]

>アメーラで探したら見つからない! だってアメーラは品種名ではなく、商品名だもの
↑ギョエーー@@。知らなかった~~(汗;

duckbillさまさま!ひれ伏します~~~~~!
ははーーっ。!ありがたき幸せ<(_ _)>(笑)

そんでもって、挿し芽の仕方!も有難く頂戴します<(_ _)>

8:2010/01/11(月) 18:22 | URL | [編集]

> 8ちゃんさん
そんな大げさな~!(笑)
少しでもお役に立てたなら幸いです。(^^)
ただアメーラの甘さは、栽培方法によるところが大きいので、桃太郎ヨークを植えても
アメーラと同じ味が出るわけではありません。

このサンマルツァーノ苗写真も、土ではなく砂です。
発根してからは受け皿に水ではなく、液肥を入れて育苗しています。

duckbill:2010/01/11(月) 20:22 | URL | [編集]

もうトマトの種の準備なんですね。
暖かくなってから苗を買う人には考えられません。
去年のように(まだ継続してますね)あんなにトマトが収穫できるのならやってみたいなと少しだけ思いますがなんせまだ寒くて水やりだけで精一杯です。
窓辺のクレソンと芹を水にさしておいたら根がでてきました。これも土より砂の方が生育がいいのでしょうか?
砂といえば私の知り合いが新潟の角田浜でワイナリーを10数年前からやってます。
砂地で葡萄が育つの?と聞いたら大丈夫とのこと。今ではかなりいい状態になってるようです。
もう一度トマトの記事を一年前から見直させていただこうっと。

ポメマル:2010/01/11(月) 23:59 | URL | [編集]

> ポメマルさん
こんなに早くやるのは私も初めてです。
発芽したら、暖かくなるまでずっと室内で育苗ですが、特段手間が掛かるわけでもありません。
苗が育って、寒さがもうぶり返さない3月上~中旬に水耕容器にセットできれば目論み通り。
今年は緑トマトと白トマトもやります。何とか緑と白のトマトソースを作って見たい。(^^)

砂は肥料分が無いので、砂でやる場合は水耕液肥で育てるようです。
だからセリも土の方が簡単だけど、今の時期は室内で無いとちょっときつい。
クレソンはやっていないのでどれがいいかはちょっと判らない。
葡萄も砂だと肥料は何か工夫をしているのでしょう。
今年はトマトをぜひ水耕でもやってみたらどうですか(^^)

duckbill:2010/01/12(火) 02:55 | URL | [編集]

おはようございます!

トマト種まきされたのですね!

今年の夏の収穫に向けて、
着々と進んでるようですね!!!

沢山今年もトマトがとれるのを
応援しています!!!

三十路オンナ:2010/01/12(火) 10:54 | URL | [編集]

ヒーターがあれば温度管理ばっちりですね♪
我が家でも一足早く種蒔きを行いましたが、ちょっと根が出てきた感じです♪
まだまだ今ひとつながら何とか根っこが出てきました^^
あとは育苗促進として何かしらの保温効果を+αでやらないと心配でごわす。

まっく:2010/01/12(火) 12:44 | URL | [編集]

> 三十路オンナさん
早々と種を蒔きました。
早く蒔けば、早く楽しめる♪(・・・多分)
今年は同じスペースなのに2株→4株に増やしました。

  株増やし 採らぬトマトを 皮算用♪

でも、こういう欲をかくパターンは、逆に収量が減ったりする事も多いです(笑)

duckbill:2010/01/12(火) 20:23 | URL | [編集]

> まっくさん
この発芽器は、もう去年の実績があるので安心です。
うちも今朝、2日目でもうサンマツァーノの1個に発根を確認しました♪
芽が出て、根がスポンジ下面から長く出てきたら、砂培地にセットして、室内の日当たりの良い窓辺で、さらにホットキャップ(透明プラコップ被せ)で行く予定でごわす。(笑)
ホットキャップは結構効果的。(^^)

duckbill:2010/01/12(火) 20:25 | URL | [編集]

グラスデコ って結構持ちがいいんですね^^
こうやって残っていると落書きでも消せないですね~。それにしても青い空でうらやましい。

トマトの種をもう蒔かれたのですね。でも水耕栽培なら一番寒い時期だけ屋内で過ごす訳
だからちょうどぴったりなのかも。
ワタシはトマトに関しては畑をメインに考えているので2月に入ってから種まきしようかと
考えていましたが、この記事をみて蒔きたくなりました(笑)

panda:2010/01/13(水) 01:50 | URL | [編集]

> pandaさん
グラスデコだったのかその前身の商品なのか、取りあえずこの落書きは20年位経った筈なので、良く持っています。思い出なので消せないです~!(^^)

トマトは今蒔いて、3月に水耕容器にセットできる予定(・・・多分)です。
pandaさんの所は、2月蒔きだと4月に畑へ定植といった感じ?
もし1月蒔きで3月に畑へ定植でも、定植後はしばらくビニールで覆えば、大丈夫・・・かな?(^^)

duckbill:2010/01/13(水) 02:50 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL