• « 2017·09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »

------- お知らせ -------

私も所属している東京きのこ同好会が主催する「第10回きのこ展~森の妖精達と遊び、学ぶ~」が、9月29日(金)~10月/1日(日)の3日間に渡って、多摩センターの パルテノン多摩特別展示室で開催されます(入場無料、販売等は一切ありません)。
膨大な数の食・毒・猛毒な生の野生きのこが展示されます(前回の様子)。
話のタネに猛毒きのこを見にきてね~♪(私duckbillもきのこ展実行委員をやっていま~す)
 ※お友達へお願い♪ ブログ、FB、Twで拡散希望だよ~♪


2010’09.24・Fri

ルバーブジャム

いつも行く産直にルバーブが出ていたので、購入してきました(下写真)。
外見は芋がらのようなルバーブの茎が、この外見からは信じられないような、○○ベリー系の味がする美味しいジャムになります。
このルバーブの生の茎を、ちょっとだけ小口に薄く切って口に入れてみると、既にフルーツのような強い酸味を持っていて、ジャムになるのが頷ける味です。
こんな酸っぱい味がする植物と言えば、スカンポ(イタドリ)が有名ですが、案の定、ルバーブもスカンポと同じ、タデ目タデ科の植物です。

IMG100911a.jpg


9/19,20日と出かけるので、その前にジャムにすることにしました。・・・9/18日
洗ったルバーブを2、3cmの輪切りにして、ルバーブの50%重量の砂糖、そして白ワインを全体にちょっと振りかけ、しばらく置く(下写真)。

IMG1009180.jpg


6時間後、大分水が上がってきました(下写真)。


IMG1009181.jpg


このまま火をいれてちょっと煮るとルバーブはすぐ崩れてきます。
アクを取りながら、丁度良いくらいまで煮詰めて出来上がり。
ルバーブは酸味が強いので、レモンは特段必要がないと思います。
簡単に煮崩れしてくれることといい、ペクチンが豊富なのですぐとろみがつくことといい、ほんとにジャムになるために生まれてきたような植物です。
熱々の出来立てを、煮沸殺菌をした保存瓶に入れて完成です(下写真)。
冷蔵保管で早めに消費します。

IMG1009182_2.jpg


長期に保存がきくようにするなら、熱々で保存瓶に入れたその熱々状態で、蓋のちょい下くらいまでのお熱湯に入れ、蓋は閉めず、軽く乗せているだけの状態で20分間煮沸し、その直後蓋をしっかり閉める。
冷めるまで逆さに置いて放置し、冷めて蓋が凹んでいれば大丈夫です。

赤茎ルバーブで作った真っ赤なジャムと異なり、青茎ルバーブのジャムは味は悪く無いのですが、この薄茶色の色が何とも今一です。(^^;
ブログでお友達のFujikaさんのお話では、青茎ルバーブは根元のちょっと赤い皮を除いてジャムにすると、もっと緑色に仕上がるそうです。
今度はその方法でやってみましょう。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(6) TOP

Next |  Back
ルバーブ、うちに生えてるんでした・・・旬は春とこちらのオーガニック野菜屋さんに言われましたけど
もう摘んでいいんですよね、きっと。
春はついついそのままにして、葉っぱが全部枯れましたけど^^;

私も最初に扱ったのが富士見町の赤いルバーブだったので
赤くないルバーブには違和感があります。

カイエ:2010/09/24(金) 08:16 | URL | [編集]

> カイエさん
そうそう、カイエさんちのルバーブ、どうなってるかなぁと思ってたのです。
確か、4月にトウ立ちしてたような。
私の方では、青茎は今出回って、富士見町では、赤茎が10月になってから
と言っっていました。
カイエさんちの青茎だったし、しっかり茎が育ってれば、もう収穫していい
んじゃな~い?
でも、赤茎と青茎って種で分かれているのじゃなくて、育つ環境で変わるよ
うな記載も見かけました。
夏の暑さに弱く、強い日差しに当たると茎が赤くならず緑になってしまうそ
うです。
やっぱり赤茎がいいよねぇ(^^)

duckbill:2010/09/24(金) 12:15 | URL | [編集]

忘れつつあるけど、ウチも今年種をまいたんでした。
ルバーブジャムを作りたくて蒔いたものの、定植しそびれて
まだポットで持っているんですよね・・・。
それにしても、外見がふきというか芋がらというか、そんな茎が
おいしいジャムになるんだから不思議な感じです。

panda:2010/09/24(金) 12:49 | URL | [編集]

家も茨城の農協に良く行くのですが、ルバーブいっぱい売ってました。
けど、どうもフキみたいなので躊躇して買いませんでした・・
今度あったら、試してみます

moto888:2010/09/24(金) 19:16 | URL | [編集]

> pandaさん
ルバーブは寒さに強くて、暑さに弱い。
だからpandaさんのところは、ルバーブに合っているかも知
れませんね。
ちゃんと赤茎に育つかも♪
赤茎ルバーブの種を植えても、なかなか赤茎には育たないよ
うです。
・・・少し調べたら、赤茎ルバーブは葉緑素の欠如により赤
が現れるそうで、光を少し遮った軟化栽培で赤茎に育つよう
です。
翌4月頃にトウ立ち、でも1年目じゃ収穫しないだろうし、
今から定植でも良いのでは。(^^)

duckbill:2010/09/25(土) 08:56 | URL | [編集]

> motoさん
茨城の方では、結構ルバーブの生産をしているのですね~!
赤茎のもあるのでしょうか?
赤茎があるなら絶対そちらがお奨めです。
ぜひジャム作り試してみて下さい。
あっという間に簡単にジャムになって、味は外見からは想像
できないベリー系です。

duckbill:2010/09/25(土) 08:56 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL