2010’11.04・Thu

オフ会の食材のその後

白樺湖でのオフ会で頂いてきたり、産直めぐりで購入した食材のその後です。

まず9/24日にポメマルさんから、素敵なオリジナルシールが貼られた瓶詰めが送られてきました(下写真)。
ガーデンハックルベリーのジャムとトマトケチャップ。
そうそう!これはオフ会でFujikaさんのお料理に飾られていたガーデンハックルベリーの実。
このガーデンハックルベリーの実は、ベリーな外観なのに、ナス科の植物で、味も青臭くて硬いナスのような味がするそうで、ハッキリ言って不味い実らしいのです。
そこで、この不味いガーデンハックルベリーの実で美味しいジャムを作るのをポメマルさんの宿題にしたのでした(笑)。
それで、出来上がったハックルベリージャムを送ってくださったという訳ですね。
トマトケチャップの方は、みんなで一緒に行った佐久の産直めぐりで買ったトマトで作ったものだそうです。

IMG1009241.jpg


この難物なハックルベリーだけでは美味しいジャムにはならないので、リンゴとプルーンを少し入れ、レモンの皮で香りを付けたそうです(その製作記事はこちら)。
さすがポメマルさん、しっかり美味しいジャムに仕上がっています。
しかし何と言っても特筆すべきはこの紫色の濃さ!!アントシアニンの量はブルーベリーの4.5倍もあるそうです。
ちょっと混ぜただけで綺麗な紫色が出るので料理のソースにも使えそうですが、この記事を書いている時点では、朝食のパンに付けてもう美味しく完食してしまいました。(笑)
ケチャップも味が濃くて大変美味しかったです。ポメマルさんご馳走様でした。m(_ _)m

次もポメマルさんから頂いたトマトです。
下写真は、もう半分食べていますが、ブラウントマトのKumatoと言ってコストコで売られていたものらしく、オフ会の時にポメマルさんからお土産として頂いたものです。
最初は黒いからトマトをもじってクマトと名づけて販売したのだろうと考えたのですが、コストコですから日本語でもじるのも変な話です。
コストコならきっと海外種のトマトに違いありません。ひょっとしたらと思い[ KUMATO ブラックトマト ]で検索をかけてみました。
案の定、Heirloom Tomato Kumato エアルーム・トマト・クマトが検索にかかりました。
これは私が海外種のトマト種を買うエアルーム社のページで、何と25粒で1050円もする高い種のトマトです。
酸味も甘みもあって味が濃い、なかなか美味しいトマトです。
エアルーム種(固定種)ですし、自家採種をして、トマト種の在庫に加えることにしました。

IMG1009231.jpg


ということで下写真が採種したKumato種です。実際はもっと沢山採種していますが、お友達にお分けしてこれが我が家の在庫分。

IMG1009271.jpg


トマト種は採種する特別なやり方があって、そのようなとり方をしないと発芽率が悪くなります。
自家採種なので、発芽するかどうか確認しておかなければなりません。
発芽テストをやったところ、なんと発芽率100%でした(下写真)。


IMG1010060.jpg


山荘から帰る直前に、Fujikaさんが唐辛子はいりませんか?と聞いてこられて、私は唐辛子フリークですから喜んで頂きました。
こちらは、その時頂いたハラペーニョを使った佃煮です(下写真)
ハラペーニョを1~2mm幅程度の輪切りにして、削り鰹節、出汁用昆布を刻んだものとあわせ、醤油、みりん、酒でさっと煮詰め、最後に白ゴマを振るだけ。さっと作れてかなり美味しいのです。

IMG1009260.jpg


みんなで分けて輪切りになったソーメンかぼちゃを頂いてきていました。
以前、お百姓さんの畑を60坪程借りて、家庭菜園をやっていた時に、ソーメンかぼちゃを栽培したことがありました。
うまく栽培できて、綺麗なソーメンかぼちゃが収穫でき、食べてみたのですが、かぼちゃ系の味ではなく、ちょうど刺身のツマについてくる千切り大根のような味と感触で、面白さはあるけれど今一だなぁと思ったのです。
でもその時の経験から、このサッパリした味のソーメンかぼちゃは、スパイシーな味付けにすれば、かなりいけるに違いないと思っていました。
昔良く通ったカンボジア料理の店で、鶏肉サラダにかけていたドレッシングが素晴らしく美味しかったのです。
食べていて舌が痛くなる程の激辛のそのドレッシングは、フルーティな酸味と甘さと後を引く魚醤の旨み、 かなり旨みが強いので、ベースも旨みを取ったスープを使っていたのでしょう、ヒイヒイ言いながら、 いくらでも食べられました。
そのドレッシングがこのソーメンカボチャには合うに違いないと思って作った、[ 海老とソーメンカボチャのカンボジア風サラダ ]です(下写真)。

IMG1009261.jpg


ドレッシングは魚醤1、リンゴ酢1、砂糖1、スイートチリソース0.5、チキンスープ(水でも可)2.5、刻んだ鷹の爪好きなだけ、の比率で合わせ、煮立てて冷ましたもの(ここのレシピを参考にしています)。酢はりんご酢が必須で米酢では代用になりません。
レタスを敷き、その上に茹でてかき出したソーメンかぼちゃを盛り、周りにトマトを飾り、背開きにして背わたを取って茹でた海老を乗せ、ドレッシングをかけました。好みでパクチー等を散らしてもいいと思います。
で、このドレッシングなら、私はソーメンかぼちゃ丸ごと1個食べれるような気がします。(^^)

こちらは同じくソーメンかぼちゃを、ベーコン、青梗菜、唐辛子(殆ど辛くない種)をカレー粉で炒め、塩コショウで味付けしたもの。
カンボジア風サラダ 程ではありませんが、これもそこそこ美味しいです。
やはりソーメンかぼちゃはスパイシーな調理が合うようです。

IMG1009262.jpg


ソーメンかぼちゃと一緒に、分けて輪切りにした五郎兵衛カボチャも頂いてきました。
これは長さが40~50cm、径15cmくらいの大きなカボチャです。普通のかぼちゃ煮にして食べましたが、味は栗カボチャのようにホクホクして、とても美味しいカボチャでした。
この五郎兵衛カボチャとソーメンカボチャは種を採取しました。
下写真上が五郎兵衛カボチャの種、そして下写真下がソーメンカボチャの種です。
もっとタップリ採種できていましたが、お友達に差し上げて、これは我が家の在庫分。
畑でもあれば絶対に蒔きたい所ですが、ベランダではちょっと無理があります。

IMG1010022.jpg


下写真は佐久の産直めぐりで買ってきた今年の新小麦粉です。うどん用ということなので、ひょっとして腰が強ければ儲けものと考え、購入しました。
どの程度腰があるのでしょうか。
いつもは讃岐うどん専用粉を使ってうどんを打っています。この讃岐うどんの粉も国産粉もあるのですが、多くは オーストラリア産の小麦粉を使っています。
オーストラリア産の小麦粉はとても腰があって、讃岐うどんのあの腰をだすのには必要なようですが、ポストハーベストを考えれば、腰が強い国内産小麦粉があるならそれに越したことはありません。

IMG1010020.jpg


いつもの通り加水率50%で打ってみたのですが、全然腰が足りず、ちょっと満足するうどんにはなりそうもないので、途中でワンタンに切り替えました。
美味しいワンタンには仕上がりました。

IMG1010021.jpg




下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie料理  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
ハックルベリーとケッチャップにKUMATOのご紹介ありがとうございます。
ハックルベリーは美味しかったですか?どうかな?と心配してたんです。
ケッチャップも毎年加えるものが異なるので同じ味ができません。
KUMATO写真でみると赤くて普通のトマトのようですね。あの色と味のギャップがおもしろいトマトでした。
種がとれたので来年は楽しみですね。美味しいKUMATOがたくさん採れますように。
そうめんかぼちゃも美味しく作っていただきありがとうございます。
あのそうめんかぼちゃ横浜から運んでいったのに産直でたくさん売られてて価格もすごく安くてガッカリでした。
産直では夕顔もそうめんカボチャも普通に売らてるんですね。
小麦粉なんて目に付きませんでした。目の付け所が違いますね。地粉というとうどんに適してると思ってましたがこしが不足でしたか。でもワンタンおいしそう。

ポメマル:2010/11/05(金) 00:11 | URL | [編集]

> ポメマルさん
ハックルベリージャム美味しかったですよ♪
このジャムを食べている限り、ハックルベリーの実が不味いなんて全く
判りません。
Kumatoの写真は少し明るく撮れてしまいましたね。
実物はもうちょっと黒かったです。
ブラックトマトは大抵味が濃い傾向ですが、Kumatoもそうでした。
トマトの種は長寿命なので数年経っても、発芽率は落ちません。
だから、Kumatoを来年栽培するかどうかはまだ決めていないけれ
ど(なにせ狭いベランダなので)、何時でも栽培できるように、種の在
庫には入れました。
あのそうめんカボチャはポメマルさんが持ち込んだ食材だったんですね。
カンボジアなドレッシングとの相性は抜群でした。
産直にはあった夕顔は、こちらでは全然出回らないです。
見かけは冬瓜なのに食感は真逆でしたね。冬瓜と違って、あのモチモチ
っとした食感が美味しかったです。
手打ちうどん用の新地粉と書いてあったので、少し期待して打ってみた
のですが、案外でした。
やっぱり讃岐の粉は別格なのでしょう。
讃岐の粉にも国産があるので、今度はそちらを仕入れてみようと思って
います。

duckbill:2010/11/05(金) 16:34 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL