FC2ブログ

ベランダトマトの収穫状況他1201

ベランダで水耕栽培しているトマトや唐辛子類の前回以降の収穫状況です。

11/20日
ハバネロオレンジを9個収穫(下写真)。

IMG1011200.jpg


そして、コストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)を2個(160g)、サンマルツァーノ・ルンゴ(San Marzano Lungo)を1個(22g)収穫(下写真)。

IMG1011201.jpg


11/21日
コストルート・ジェノベーゼを1個(64g収穫(下写真)。

IMG1011210.jpg


11/24日
コストルート・ジェノベーゼを1個(48g)、サンマルツアーノ・ルンゴを1個(40g)、ハバネロオレンジを9個、鷹の爪を12個収穫(下写真)。

IMG1011240.jpg


11/29日
サンマルツアーノ・ルンゴを4個(72g)、ハバネロオレンジを3個、鷹の爪を7個収穫(下写真)。

IMG1011290.jpg


11月だけの集計では、コストルート・ジェノベーゼ14個、サンマルツァーノ・ルンゴ13個、グレイトホワイト1個、ハバネロオレンジ21個、鷹の爪19個。
ここまでの延べ収穫個数は、コストルート・ジェノベーゼが72個、サンマルツアーノ・ルンゴ79個、エバグリーン10個、グレイトホワイト10個、ハバネロが59個、鷹の爪が147個となっています。
季節が寒くなって多少早採りになっていますが、室内で真っ赤に完熟させてから使っています。
この時期のトマトはどれも糖度も乗ってきて、味も濃くとても美味しいです。

あれだけ着果率が悪かった超大玉グレイトホワイト(白トマト)も、秋になって随分着果するようになってきていましたが、ここにきてさらに着果率がミニトマト並みになったようで、花という花全てが着果を始めました(下写真2枚)。
このトマトの本来のサイズは450g超/1個ですから、みなこのサイズになったらこの1果房だけで3.6kgとなり、つるも持ちません(爆)。

IMG1011291.jpg

IMG1011292.jpg


新たな着果でなくとも、大きく肥大した果実と同じ果房で肥大を停止していた果実も、一斉に肥大を開始し始めました(下写真の小さな果実)。
寒い季節になって、枯れる前に出来るだけ子孫を残そうと、トマトが選択したのでしょう。

IMG1011293.jpg


でも、これらの小さな実を木成りで熟した果実として収穫することは、時期的にはもう無理です。
我が家のトマト栽培方針は、「トマトの意志に任せる」です。・・・放任栽培とも言う(笑)
撤収もトマト自身がギブアップしない限りしません。
だからこの小さい果実も、運が良ければその時までに、熟さないまでも収穫できるサイズにはなるかも知れません。
サイズだけでも収穫サイズになれば、青いままで収穫後、室内で追熟させたり、青トマトのジャムやピクルスにするなど、いくらでも利用が可能です。

さてこちらはトマト以外です。
Ms.るぅさんに種を頂いたロロロッサですが、葉先が少し色が付いてきました(下写真)。
でももっと日に当てないと、綺麗な赤にはならないのかも知れません。

IMG1011294.jpg


そしてyaefit1500さんに種を頂いたベビーリーフ(下写真)。
ベビーリーフってミックス種ですから、何が入っているか判りません。
この虫にボロボロにされたような右の葉は何でしょうか、多少虫に食べられても、絶対ばれません(爆)。
海草サラダに入っている海草にこんなのがあったような気がします。(^^)

IMG1011295.jpg


調べてみたら、スピーディ・サラダ・マスタード・レッド・フリルス(Speedy Salad Mustard Red Frills)という葉で、2011年度用の新品種のようですね。
左はどう見てもキャベツの一種のようですから、キャベリッチなどの類なのでしょうか。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Comments 14

There are no comments yet.
moto888

おはようございます
唐辛子とトマト順調ですね
一杯取れそうです。
家のトマトもまだがんばってますよー

  • 2010/12/01 (Wed) 07:28
  • REPLY
Ms.るぅ

グレイトホワイト、ずいぶんなってますね^^
緑のままだったらジャムにできるし、楽しみですね^^

ロロロッサ、大きい。
早く赤くなるといいですね。

虫食いみたいな葉っぱ、新種なんだ^^
おもしろ~い♪
どんな味がするんでしょう??

  • 2010/12/01 (Wed) 08:54
  • REPLY
Naomi

何っすかー!この葉っぱ!

面白い!なんでこんな風に品種改良しようと思ったんだろー。
流行先取りっすね(笑)

もう、duckbillさんたら、お忙しいはずなのに、そそられる記事ばっかり (^_^;
流石にダンナは、イカの後のタコの記事は
悔しかったみたいで(笑)
ちゃんと美味しいものを食べさてあげなくちゃ、と反省しましたー。

duckbill

Re: タイトルなし

> motoさん
11月の収穫も順調でした。
でも、まだ既に収穫サイズになっている大玉トマトだけで40個は
着いているので、今年中には熟して欲しいなぁと思っているのです
が、どうなることやらです(笑)

  • 2010/12/02 (Thu) 01:02
  • REPLY
duckbill

Re: タイトルなし

> Ms.るぅさん
グレイトホワイト、超大玉サイズなのに随分着果しまくって
います。
やっぱりこのトマトは育てていても楽しいトマトです。

ロロロッサ、急に大きくなってきましたよ。
この季節は日差しも弱いので、どうなるか判らないけれど、
真っ赤になったら嬉しい♪、

ほんと、不思議な形の葉っぱです。最初は虫に食べられた
と思ったもの(笑)
想像では、マスタードだから、ピリッと辛味のある味なの
かなぁ?(^^)

  • 2010/12/02 (Thu) 01:27
  • REPLY
duckbill

Re: 何っすかー!この葉っぱ!

> Naomiさん
変な葉でしょ!思わず虫を探してしまいましたもの(爆)
でもこの色とフォルムは、サラダできっと良いアクセントになると
思います。

ほら!言った通りタコだったでしょ(笑)
おまけにこのタコは地ダコで、特別に美味しいタコだったのです。
・・・ますますご主人は悔しがるかなぁ(笑)

  • 2010/12/02 (Thu) 02:01
  • REPLY
panda

トマト、まだまだいけそうな感じがしますよ、関東なら冬季の日照も十分確保できますし。
ワタシは近頃寒くてコタツから出られず、怠けまくっています(汗)

  • 2010/12/02 (Thu) 12:53
  • REPLY
duckbill

Re: タイトルなし

> pandaさん
去年より、今年のトマトは枝や葉が凄く綺麗で、まだ葉も多く旺盛です。
トマト自身には何の問題も無いので、凍る夜がいつ来るか次第ですね。
従来は2月中旬、去年は早くて1月23日でした。
東京はヒートアイランド現象で他地域より気温が高いのですが、景気低迷
は、そのヒートアイランド現象を減少させている筈なので、今年もちょっ
と早めかも知れませんね。
日本経済の状況が我が家のトマトの撤収時期に影響するなんて、まるで、
「風が吹けば桶や・・」です。

コタツを置くと、コタツみかん状態で、家内が家事をしなくなり、コタツ
でそのまま寝るようになるのを、私は予想できるので、我が家はコタツ禁
止にしています(笑)。

  • 2010/12/02 (Thu) 18:10
  • REPLY
nyu

白トマトいい感じ♪

こんばんは~。
白トマト、12月とは思えない良い状態ではないですか~。
葉っぱもつやつや、ちゃんとお手入れされてるのだな~(尊敬の眼差し)
ちゃんと手をかけてあげると、トマトちゃんもそれに応えてくれるのですね~。

我が家のトマト、液肥やりのみでしばらく放置していたので、
ちょっとエライことにっ!アセアセ(^_^;)。

  • 2010/12/03 (Fri) 18:52
  • REPLY
吉野

たけのこについて

以前のブログでたけのこの保存法を拝見しました。研究熱心で凄いと思います。(尊敬)質問なんですが、真空保存の場合はコーヒーのビンの様な、蓋がプラスチックでは駄目ですよねー。飼金属製じゃないと駄目でしょうか?教えて下さい。

  • 2010/12/04 (Sat) 01:12
  • REPLY
duckbill

Re: 白トマトいい感じ♪

> nyuさん
そうなんです。今年は枝も葉もまだつやつやで綺麗なんです。
でも手入れって実は殆どしていない(^^;
だってウチは、トマトの意志に任せる、つまり放任栽培だもの(笑)
でも何をする訳でもないけれど、観察はいつもしています。
植物って熱心に見てあげていると、何故か育ちがいいんですよ。
なので放任はいいけれど、放置は駄目です(笑)

  • 2010/12/04 (Sat) 02:26
  • REPLY
duckbill

Re: たけのこについて

> 吉野さん
初めまして♪コメントありがとうございます。
お訊ねの件ですが、真空保存だけでは、嫌気性の細菌もいるので
腐敗は防げません。
なので何らかの方法(煮沸など)で殺菌をしなければなりません。
私が筍の保存で行っている瓶詰め方法では、100℃の沸騰水の
なかで煮沸殺菌するため、通常のプラスチック蓋(PP、PE、
ABS、PCなどの材質)では、この温度に耐えられません。
ということで、金属製じゃないと駄目だと思います。
又何かありましたら、お気軽にご質問ください。

  • 2010/12/04 (Sat) 02:31
  • REPLY
吉野

お礼

ありがとうございました。田舎暮らしを始めて、色々試しているんですが、保存ひとつにしても分からない事ばかりです。家は畑でいろんな野菜を作っていますが、ベランダで工夫していろんな事をしていて本当に凄いです。私は今、干し柿、大根の漬物、干しずいき、を作っていて、鷹の爪が乾燥したら一味とうがらしを」作る予定です。又、色々教えて下さい。宜しくお願いします。

  • 2010/12/04 (Sat) 15:53
  • REPLY
duckbill

Re: お礼

> 吉野さん
どう致しまして。少しでもお役に立ったのなら幸いです。
保存食作りは楽しいですよね。
干しずいきのお味噌汁は大好きで、我が家でも冷蔵庫にはいつでも
常備しています。
知っている事であれば、お役に立てることもあるかもしれません。
今後もお気軽にご質問ください。

  • 2010/12/04 (Sat) 17:21
  • REPLY