• « 2017·08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

------- お知らせ -------

私も所属している東京きのこ同好会が主催する「第10回きのこ展~森の妖精達と遊び、学ぶ~」が、9月29日(金)~10月/1日(日)の3日間に渡って、多摩センターのパルテノン多摩特別展示室で開催されます(入場無料、販売等は一切ありません)。
膨大な数の食・毒・猛毒な生の野生きのこが展示されます(前回の様子)。
話のタネに猛毒きのこを見にきてね~♪(私duckbillもきのこ展実行委員をやっていま~す)
 ※FB、Twで拡散希望♪

紹介されているサイトのページ
パルテノン多摩 http://www.parthenon.or.jp/people/3088.html
るるぶ http://www.rurubu.com/event/detail.aspx?ID=P30587
ことさが http://cotosaga.com/event/1581183/?f=eventedit_new
イベントナビ http://www.event-navi.ne.jp/d_top.php?eventID=0000045925
イマdeタマ https://imatama.jp/event/detail?id=1236
イベ活 http://event21.co.jp/ibekatu/user/0003436.htm
スポットクリップ https://spotclip.jp/spots/345613


2011’01.18・Tue

市場で購入した食材0115

いつも行く市場(大東京綜合卸売センター)で購入してきた食材です。・・・1/15日(土)

国産黒毛和牛の切り落とし、500gで1150円とお買い得
結構な霜降りですが、表面だけが良いお肉で、中は普通だったりするような誤魔化しパックではなく、大抵はちゃんと中までずっとこの状態です。
我が家ではBSEの問題からあまり牛肉は食べないのですが、この切り落としはお気に入りでちょいちょい購入しています(下写真)。

IMG1101151.jpg


国産豚挽肉、1kgで500円とお買い得(下写真)。

IMG1101152.jpg


国産鶏のボンボチ、1kg、400円(下写真)。
ボンボチは鶏の尾骶骨周りの肉で、脂が乗っていて大変美味しい部分なのですが、臭い部分(油壷)があって、それを綺麗に取り除かないと、とても臭いので、要注意です。
一個が一羽のお尻ですから、これで何羽分でしょうか?(笑)

IMG1101153.jpg


そしてこの日メインの食材はこれ!「ごっこ」という魚です。
2匹で1000円、2kgまでしか計れない我が家の卓上はかりでは計測不能の2kgオーバーです(下写真)。

IMG1101154.jpg


どんな魚かというと、ちょうどおたまじゃくしを巨大にしたような姿。
こちらは2匹中の小さい方で、850g程度のサイズ(下写真)

IMG1101155.jpg


この「ごっこ」、正式名称はカサゴ目ダンゴウオ科のホテイウオ(布袋魚)という魚で、顔が七福神の布袋様に似ているところから付けられたのだそうだけれど、「そりゃあんまりだぁ!」と布袋様が言いそうですな(笑)。
主に北海道や下北半島の方で食べられていた魚のようですが、ここ2、3年で急に関東でも目にするようになりました。
私も去年だったか、一昨年だったか、この市場で見たのが初見です。
丁度アンコウのようにコラーゲンタップリで、「ごっこ鍋」や「ごっこ汁」で美味しい。
この時期のメスは大量の卵を持っていて、この卵、カラスミにするには粒のサイズが大きくて無理だけれど、醤油漬けにして大変美味しいそうだ・・・と言うのは、私は何故かごっこの卵にゃ縁が無い。
メスは卵が大量な分、身はあまりなく、一方オスは卵がない分、身の量も多い。
さてこの「ごっこ」、全身ぬめりまくりでつるつるし、何とも捌きにくいのです。
裏側に吸盤があり、その根元から刃を入れ、ぬめりですべるのに注意しながら、吸盤を切り取り、腹を割いて内臓を取り出す。
内臓を取ったごっこの表面に熱湯をかけ、お腹の中にも熱湯をかけ、固まった粘膜を水で流しながら、スポンジたわし等で洗い取る。
と、ここまでやればもうぬめりは全くないので、普通に捌ける。
もっとも、捌くといっても、ごっこ鍋用やごっこ汁用なので、たんにぶつに切るだけです。
胸鰭(下写真左上)、腹側皮(下写真左下)、表側皮(下写真右)。
皮がこんなに厚いコラーゲン層になっていて、これが又美味しいのです。

IMG1101156.jpg


頭(下写真左)、正肉(下写真右)

IMG1101157.jpg


こちらが内臓ですが、残念ながらオスでした。・・・やっぱりごっこの卵にゃ縁が無い(笑)
巨大な肝、これが又美味しいのです(下写真左上)。そして白子(下写真右上)、下写真の下左から、心臓他、吸盤、胃袋です。

IMG1101158.jpg


この後、大きい方も同じように捌いていますが、こちらもやっぱりオスでした(笑)。
とりあえず、この日は一匹をごっこ鍋で頂いて、もう一匹はこのぶつの形で冷凍保存しました。後日、ごっこ汁になる予定です。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(4) TOP

Next |  Back
こんばんわー
ごっこって初めて見ました。
なかなかおいしそうなかんじですねー
アンコウみたいな食感なのかな?
食べてみたいですねー

moto888:2011/01/18(火) 23:34 | URL | [編集]

毎度な発言ですが、何人家族でしたっけ?
なんというボリューム・・・

ごっこ汁、なんか聞いたことがあります。
おいしそう、じゅるるー。

yaefit1500:2011/01/19(水) 01:05 | URL | [編集]

> motoさん
関東でも普通の魚屋さんにはまず出回らないです。
こんな魚が手に入るのも市場でだからですね。
肝も大きいし、皮の食感も身の食感もアンコウに似ていて、美味しいです。
ただ身の旨さ自体は、アンコウほどでは無いように感じます。

duckbill:2011/01/19(水) 12:04 | URL | [編集]

> yaefit1500さん
あはは!別段家族が揃って大喰らいって訳じゃなく、市場なので、あまり小さい
単位では売ってくれないのです(笑)。
一度には食べきれないので、小分けして冷凍に(言い訳)。

ごっこって、見るからに美味しそうでしょ(^^)
こういう際物(爆)って大抵美味です。
アンコウには身の旨さでかなわないけれど、なかなかですよ。(^^)v

duckbill:2011/01/19(水) 12:05 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL