2011’02.14・Mon

今年も種蒔き~!

去年は1月10にトマト種を蒔いたのだけれど、早蒔きして苦労して育苗しても、初果の収穫は1週間早まっただけでした。
なので今年はゆっくり2月に入ってからの種蒔きです。・・・2/5日

今年は100円均一で探してきたこのパーツボックスを使っての種蒔きです。
仕切りの無い所へ種を蒔くと、いくら場所を分けていても、水をかけた時や、発芽器の中で露が滴り落ちた時に、種が動いて混じってしまい、もうどれがどれやらというのは、何度もやっていること(笑)。
これは小さく仕切られているのでそんなことは絶対に有り得ない。(^^)v

IMG1102050.jpg


この中にリードペーパーを小さく切って敷き、水で湿らせ、その上に種を蒔きました。

こちらはトマト、ハーブ類です(下写真)。
まずトマトは、レッド系のコストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)、サンマルツァーノ・ルンゴ(San Marzano Lungo)、白トマトのグレイトホワイト(Great White)、緑トマトのエバグリーン(Evergreen)、そしてNaomiさんから頂いたタイ・ピンク・エッグ(Thai Pink Egg)の5種類。
次にトマト以外は、Naomiさんから頂いたプンタレッラ(Puntarella)、creamatさんから頂いた青からし菜ことグローリーフリッセ(Glory Frisee)とハーブ類、ディル(Dill)、セルフィーユ(Cerfeuil)、チャイブ(Chives)、タラゴン(Tarragon)です。

IMG1102051.jpg


そしてこちらは唐辛子類(下写真)。
内訳は、Ms.るぅさんに頂いたハラペーニョ(chile Jalapeño)、カイエンペッパー(Cayenne pepper)、nyuさんに頂いた島唐辛子、yaefit1500さんに頂いた色白プチ太郎、creamatさんに頂いたセラーノ(Serrano Tampiqueño)、ハンガリアン・ホット・ワックス(Hungarian Hot Wax)、チレカリフォルニア(Chile California)、チレアルボル(Chile de Arbol)、チレピキン(Chile Pequin)、チレテピン(Chile Tepin)、そして私の手持ちのハバネロ(Habanero)、鷹の爪(栃木三鷹)です。
唐辛子類は遮光をしないと中々発芽しません。そのためこちらは上蓋内側をアルミで遮光しています(下写真)。

IMG1102052.jpg


この種を蒔いたパーツケースを発芽器の中に浮かべます(下写真)。

IMG1102053.jpg


発芽器は100円均一で購入してきた米びつ(100円ではありません)に水を張り、温度コントローラー付きの熱帯魚用ヒーターを入れているもので、2年前からずっと使いまわしです(下写真)。
今回の設定温度は25℃~28℃程度で発芽させています。

IMG1102054.jpg


二日後にはもう発根しました(下写真6枚)。・・・2/7日
下写真上左はタイ・ピンク・エッグ、上右は去年も大活躍したグレイトホワイト。
中左はサンマルツァーノ・ルンゴ、そして中右は緑トマトのエバグリーン
去年の購入したエバグリーンの種は発芽率も悪く、発芽まで3週間もかかったのですが、今年の自家採種は発芽率もいいし、発根も早いです。
購入種は購入先、輸入元の種の管理が悪かったのでしょうか。
さて順調に発根したトマト種ですが、コストルート・ジェノベーゼだけが全く発根しません。
去年までは大変良好な発芽だったのですが、種が劣化したのでしょうか。
この種はブログのお友達にも差し上げているので、発芽しなくなっていたら、申し訳がありません。
と思ったら、差し上げたNaomiさんの所では、順調に発芽したそうで、一安心です。
下左はグローリーフリッセです。そして下右はプンタレッラです。

IMG1102070.jpg IMG1102071.jpg

IMG1102072.jpg IMG1102073.jpg

IMG1102075.jpg IMG1102076.jpg


発根した種は横型PETボトル水耕容器で栽培するものはコップ苗にセット、それ以外は順次スポンジにセットしました。
そしてその6日後、スポンジにセット組はすっかり双葉がでました(下写真)・・・2/13日。
一番左列から右に、タイ・ピンク・エッグ、エバグリーン、グレイトホワイト、サンマルツァーノ・ルンゴ、そして一番右列はプンタレッラとディル。

IMG1102130.jpg


唐辛子類はハバネロ、鷹の爪、ハンガリアン・ホット・ワックス、チレピキン、チレテピンを除いて他は発根しています。
唐辛子類は、発芽まで遅いものや、好む発芽温度もまちまちだったり、変温性を要求するものもあるので、発根時期が揃わなくて当たり前。
もう少し待っても発根のそぶりもないものには、少し温度などを変動させてみようと思います。

下写真はコップ苗用にセットしたグローリーフリッセ(上)とハーブ、タラゴン(下左)、チャイブ(下右)です。

IMG1102131.jpg

IMG1102132.jpg IMG1102133.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(8) TOP

Next |  Back
こちらでも始まっていますね、播種祭り(^^)
生活のリズムが狂っていて、どうにも気分の乗らないNORFでございます。
仕事も家事も中途半端で(^^;

NORF:2011/02/14(月) 16:40 | URL | [編集]

苗ください…(^_^;)!

yaefit1500:2011/02/14(月) 18:48 | URL | [編集]

> NORFさん
蒔かないと始まらないので、とりあえず蒔きました~!(笑)
あれれ!どうしました。
気分が乗らない時は、気分転換に遊びに来てください(^^)

duckbill:2011/02/15(火) 01:16 | URL | [編集]

> yaefit1500さん
あはは!もちろんいいですよ~!
欲しい奴を、どれでも欲しいだけ、選んでくださ~い!(^^)

duckbill:2011/02/15(火) 01:23 | URL | [編集]

こんばんは~!
なるほど、水槽に浮かせて発芽(発根)させているんですね~。我が家は以前までテレビ台の中において、ハードディスクやスカパーなどの熱で発芽させていたんですが、今年は種まき関連ぜんぜんやってないです(><)いま、外は雪だし、もうちょっとしてからかなぁなんておもったり、皆さんの夏野菜の種まきを見ていると自分もやりたくなったり(笑)
しかし100円ショップのケースで発芽はアイデアですね!!うちもいつもタネが混ざっちゃって(特に唐辛子!!)、食べてみるまで何なのかわからない、というパターンに陥ってました(笑)
今年も楽しみですね!!

creamat:2011/02/15(火) 02:31 | URL | [編集]

すんばらしいアイディア!!
少なめだったら、ピルケースなんかも使えますねー♪

我が家はすでに、育苗床が満杯でございます(笑)
スポンジが一番コンパクトなんですけどねー。
畑でも使う事を考えると…うーむ。

「やっぱり水耕栽培って手軽だなー」と
しみじみ思う今日この頃 (^-^;

Naomi:2011/02/15(火) 08:21 | URL | [編集]

> creamatさん
この水槽(100円均一で確か500円くらいの米ビツ)スタイルは、
正確な恒温環境を手軽に作れて、優れものです。
唐辛子は変温環境を要求する種もあるので、問題があるとすれば恒温過
ぎること(笑)
トマトや唐辛子は混じったらもうアウトで、以前は何度か蒔きなおしを
しています。
何度も同じ失敗をしたら、さすがに学習して、今年はこのスタイル(笑)
ハンガリアン・ホット・ワックスも、その後無事発根。
ピキンとテピンだけがなかなかしぶといようです。
今年は唐辛子が特に楽しみです♪

duckbill:2011/02/15(火) 12:34 | URL | [編集]

> Naomiさん
あぁ!言われて思い出した!
これパーツケースじゃなく、ピルケースって書いてました。(笑)
後から気づいたのだけれど、リードペーパタオルやスポンジを敷いた上に、
あの防根透水シートを切って敷いてから播種するほうがいいかなぁなんて
思いました。
リードペーパタオルだけだと、根が潜ってしまって、引っ張って取ろうと
したら、根だけ千切れてしまうケースが時々あるのです。
スポンジから根がでたので、そろそろ砂培地での育苗だけれど、こんなに
あると、我が家も場所をどうしようかと、悩んでいます。(笑)

duckbill:2011/02/15(火) 12:35 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL