• « 2017·10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2011’05.12・Thu

ファラオ様で豆ご飯♪

ベランダで栽培していたファラオ様(ツタンカーメン)の初収穫です。
十分に丸々と太った鞘だけを収穫したら17個、91gでした(下写真)。
鞘の色はこんな色だけれど、中は綺麗なグリーンの豆です。
この豆で豆ご飯を炊くと、炊き上がりは白いご飯に緑の豆のいたって普通な豆ご飯だけれど、何時間も保温すると綺麗な桜色の豆ご飯になるという話なのです。

IMG1105110.jpg


豆の量に合わせると、米はせいぜい1.5合位でしょう。
でもせっかく炊きたてで美味しい豆ご飯を、わざわざ何時間も保温して不味くするのは忍びない。
鞘を剥いていたらこの鞘の色で爪の間が紫になったので、この鞘から色が大分出そうです。
研いだ米に水、豆、塩少々だけで炊く予定だったけれど、剥いた鞘も全部放り込んで炊きました。

そうしたら、じゃじゃ~~ん♪
ほら!炊きたてなのに、既に綺麗な桜色の豆ご飯。
まいう~!です。v(^^)v

IMG1105112.jpg


白い普通の豆ご飯が保温して時間をおくと桜色に変わるのが不思議なのであって、鞘まで使って色を付けるのは多少邪道のような気はするけれど、ツタンカーメンの桜色のご飯を美味しい炊きたて状態で実現するには、これしかないような気がしますナ。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie料理  トラックバック(0) コメント(14) TOP

Next |  Back
あら~素敵なピンクの豆ご飯!!お米もシャキッとふっくらで美味しそうです~。
とっても良い色の鞘ですもん、そのまま捨ててしまうのはもったいないですよね。いいアイデア!
私もこちらで紫色の鞘のインゲン豆の種を買ったんですが、栽培は実家の母にお願いする気満々です。笑

creamat:2011/05/12(木) 06:37 | URL | [編集]

まさに、ファラオティック!(笑)
鞘ごと炊くと色が付くのですねー!ブラボーでございますねぇ! (⌒-⌒)

ウチは、ウドン粉病の進行が激しく、来年用の種を採って、ファラオ様終了とあいなりました。残念。
くぅー。来年は大量栽培で行くとしますかねぇ (* ̄ー ̄*)

Naomi:2011/05/12(木) 06:46 | URL | [編集]

おおっ、何ともきれいな色のお豆ですね~。
ツタンカーメンだなんて、名前からして高貴な感じ♪
記事を読みながら「ずっと保温しておかなくちゃいけないなんて…、それはそれでもったいない…」なんて思っていたら、やはり裏技発見されたのですね。
色もさることながら、豆ご飯って鞘ものっけて炊くと香りもよくなると言いますから、この場合も香りも良くなり一石二鳥でしょうね。
高貴なお豆の高貴な香りってどんなんだろう~!!
私も豆ご飯が食べたくなって来ました!!!

楽子:2011/05/12(木) 16:51 | URL | [編集]

> creamatさん
もともとこのピンク色の豆ご飯が目的で、栽培始めたものだから、何がなんでも
ピンクにしないとと、鞘まで入れて(笑)
でもいい色で美味しい豆ご飯になりました。(^^)
お母さんが栽培上手でいいですよね~!それって究極の栽培技かも(爆)。

duckbill:2011/05/13(金) 08:41 | URL | [編集]

> Naomiさん
NORFさんも鞘を入れて炊いていたけれど、「炊きたての美味しい所をを食べたい」
「桜色にしたい」の二つを満たすなら、やっぱりこの方法でしょ♪

我が家もあと1回豆ご飯をやれる位だけど、桜色の豆ご飯も出来たし、残りは来年
用の種として採取になるかも(^^)

duckbill:2011/05/13(金) 08:42 | URL | [編集]

> 楽子さん
この豆はツタンカーメンの墓の副葬品から見つかっって、現代によみがえった
えんどう豆ということになっています。
検索してみると、それはデマだという話もありますが、ロマンがあった方が楽
しいので、墓から見つかった説の方を採用しています(笑)
桜色って日本人は好きですよね~!
この桜色の豆ご飯が目的で栽培しましたので、目的達成です♪
あぁ!鞘も乗っけて炊くと香りも良くなるのですか?
そのせいか、味は凄~く美味しかったですよ~♪
未収穫で残っている豆から、来年蒔くための種を取ろうと思ってます。
もし栽培してみるなら採取種を差し上げますから言ってくださいネ。(^^)

duckbill:2011/05/13(金) 08:48 | URL | [編集]

ご無沙汰しております。ちょっと事故にあってしまっていて休んでいまいした。だいぶ良くなったのでまたお邪魔しまいした。きれいなピンクですね。鞘まで利用するんですね。

conon:2011/05/14(土) 10:45 | URL | [編集]

> cononさん
あれれ、暫く更新がなかったので、お仕事が忙しいのかと思ったら、大変な目に
会われていたのですね。
何とか回復されてきたご様子、お大事にしてください。

この桜色の豆ご飯が目的で栽培した豆です。
炊いた後、5~6時間ほど保温すると、鞘を入れなくても桜色になるそうなので
すが、鞘まで入れて炊くことで、「炊きたて桜色」を狙いました。(^^)v

duckbill:2011/05/15(日) 06:49 | URL | [編集]

にゃるほど、サヤごと炊いたらよかったんですね…
うちは土鍋でご飯炊いてるんで、桜色は諦めたんですよ^^;
くっそう!サヤごと炊くんだった…
今年もツタンカーメンの種まきする予定なんで、来年はサヤごと炊いてみます。
普通色でも、豆ご飯めちゃおいしかったです^^v

Ms.るぅ:2011/05/15(日) 16:19 | URL | [編集]

ツタンカーメンってこんなきれいな紫色の鞘になるんですね。
ツタンカーメンの名はかなり前から知ってました。
鎌倉のバス通りに面してるお家の前で育ててました。
観光客にも分かるように大きくツタンカーメンとかかれてましたよ(笑)なのでバスからこの時期毎日見てました。
でもお花だけて鞘までは記憶に無かったです。

この鞘を入れてのご飯は大成功ですね。
もう少し前で桜の季節に合ったらもっと良かったですね。
ピンクに緑の豆ご飯とってもきれい。

ポメマル:2011/05/15(日) 22:01 | URL | [編集]

> Ms.るぅさん
ありがとうございました。
頂いた種で、念願の桜色の豆ご飯を無事食べることができました♪
鞘を剥いていたら、結構色移りするので、これは絶対いけると思ったら、
案の定大成功でした。(^^)v
残りで種を取って、私の方も今年も又植えようと思います。
ツタンカーメンの豆ご飯って、抜群に美味しいですよね~!(^^)

duckbill:2011/05/16(月) 21:09 | URL | [編集]

> ポメマルさん
そうそう、凄い色でしょ!
何個ついているかすぐ判ります(笑)
凄く濃い紫色の鞘なのに、剥いてみると中の豆は鮮やかな緑色なのです。
そして驚きは着果率の良さ。無駄花が全然なくて、全部着果します。

鞘を入れたのは、大成功でした。
それにこの豆ご飯、ほんとに味がいいです。
今回は植える時期が大分遅かったので、今年はもう少し早く植えて、桜の
時期に合うように計画してみましょう(笑)

duckbill:2011/05/16(月) 21:11 | URL | [編集]

珍しい豆なんですね。
こういうの作ってもらえるなんて、奥様、いいなあ。

ぜひ来年豆やってみたいです。
これは水耕ではないようですが、土と水耕はどう使い分けておられるのですか?
過去記事にあるならごめんなさい、そのうち出会うと思いますのでスルーしてくださいませ<(_ _)>。


いずみ:2011/06/10(金) 10:21 | URL | [編集]

> いずみさん
この豆、珍しいといっても、季節にはHCに苗で見かけたりもします。
もともと豆ご飯はすごく美味しいのですが、味だけじゃなく、色でも楽しめるっていいですよね~(^^)
着果は素晴らしく、咲いた花は全部実になるような気がします。ぜひやってみてください。

もともと土耕が長いのです(以前は畑でやっていました)。
イタリア原産のトマト缶や国産のトマトジュースの中身が、中国産トマトであるケースが増えてきて、トマト(それも調理で美味しいイタリアントマト)の100%自給したいと考えました。
狭いベランダで収量を上げるには水耕栽培しかないので、トマトを水耕栽培に切り替えました。
他は唐辛子類や、ハーブ類などPETボトルで100%自給が容易なものばかりで、それ以外は従来通りプランター土耕にしています。
つまり、水耕と土耕を使い分けしている訳ではなく、単に特別に理由があるものだけを水耕に切り替えたという感じです(^^;

豆類は土耕で発生する根粒菌が水耕栽培では付きません。
勿論、根粒菌の助けが無いからといって水耕で出来ない訳ではないのですが、水耕でやる特別な理由も無いので土耕でやっています。(^^)

duckbill:2011/06/10(金) 12:07 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL