• « 2017·10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2011’07.21・Thu

100均の容器をインド料理のカトゥリにしてみる

100円均一の店でこれを見つけたときに、インド料理でカレーなどを入れる小皿のカトゥリ代わりに使えそうだなぁって思ったのです(下写真)。

IMG1107190.jpg


本物のカトゥリはステンレス製で、値段もそう高い物ではないけれど、100円では買えない訳だし、ホーロー容器のカトゥリってのも悪くないような気がする。
そこで店にあるだけ買い占めてきました(といっても9個しかなかったけれど)。
カトゥリを乗せる大きな平皿のターリ(Thali)も持っていないけれど、普通の陶器のパスタ皿をターリ代わりにして、夕食にインド料理を作って見ました。
カトゥリに入っているのは左側が鶏手羽元のカレー、右が海老カレー。
その下、皿に直接盛っているのが、左から野菜サラダ(カチュンバー)、レンズ豆と揚げ玉葱のライス、そしてジャガイモとバーミセリのサブジです。
米はタイのジャスミン米。バスマティ米では無いけれど、長粒米を使用しています。
ジャガイモとバーミセリのサブジは、これもカトゥリに盛るつもりだったのだけれど、この容器がカトゥリにしてはちょっと大きめだったことと、パスタ皿もターリにしては小さく、カトゥリ3個を乗せるのが無理そうなので、直接盛りました(下写真)。

IMG1107191.jpg


[ 手羽元カレー ]
  • 手羽元は電子レンジで前もって加熱(600Wで10~15分)する。こうすることで骨が割れて、少ない時間の煮込みでもカレーに旨みが出ることと、骨からの身離れもよくなる。
  • 鍋に少し多めのオリーブ油(我が家でがギー代わりに大抵オリーブオイルです)を入れ、刻んだ鷹の爪、指一つまみのホールのクミンシードを入れて爆ぜるまで加熱する。
  • 鍋にFPで細かい微塵にした玉葱と人参、ニンニクを入れて、よく炒める。
  • 鍋にS&Bの赤缶のカレーパウダーを加えて少しだけ炒め、FPでペーストにした缶詰のホールトマト、ココナツミルクを加え、手羽元を入れ25分くらい煮込み、塩胡椒で味を調え完成。
    手羽元カレーは、スパイスを調合しないで、いつもS&Bの赤缶のカレーパウダーをそのまま使っているので、今回もそうしています。

[ 海老カレー ]
  • 海老は殻を剥いて背開きにし、背ワタを取っておく。
  • カシューナッツは軽く炒めてから、すり鉢であたり、ペースト状にする。
  • 鍋に少し多めのオリーブ油を入れ、指一つまみのホールのクミンシードを入れて爆ぜるまで加熱する。
  • 鍋にFPで細かい微塵にした玉葱とニンニクを入れて、よく炒める。
  • 鍋に自家製アンチョビ魚醤を加え(1人前当たり小さじ1)、少し加熱して魚醤臭さを飛ばし、旨みだけを鍋に加える。
  • 鍋にパウダーのスパイスを加えて少しだけ炒め、スープストック(無ければ水と固形ブイヨン、又は魚醤で旨みを取っているので水だけでも可)、ヨーグルト、カシューナッツペーストを加え、20分くらい煮込む。
    使用したスパイスは、ターメリック1、クミンシード2、コリアンダー3、ガラムマサラ1の割合で、今回は6人分の量にそれぞれ小さじ2、4、6、2入れている。
    そしてカイエンペッパーとブラックペッパーを自分の望む辛さになるくらい加える。
  • 鍋に海老を加え、2分程火を通したら、塩味を整え完成。

[ ジャガイモとバーミセリのサブジ ]
  • バーミセリは乾麺のまま、オリーブオイルで茶色に炒めておく。
  • ジャガイモは2cm角くらいに切る。
  • 鍋に多めのオリーブオイルを入れて、指一つまみのホールのクミンシードを入れ、爆ぜるまで加熱する。
  • 鍋にジャガイモ、コリアンダーパウダー、塩、胡椒を入れて少し炒める。
  • 水を少し入れ、、ガラムマサラを加え、蓋をしてジャガイモが柔らかくなるまで蒸し煮にし、最後にバーミセリを合えて加熱し、少し水分を飛ばして完成。

[ レンズ豆と揚げ玉葱のライス ]
水で軽く洗った長粒米に洗った皮付きのレンズ豆、水、オリーブオイル数滴を加え炊飯し、炊き上がったところで、フライドオニオンを加え混ぜる。

[ サラダ(カチュンバー) ]
薄くスライスして水にさらした玉葱、1cm角に刻んだキュウリ、同じように刻んだミニトマト(これはベランダで採れたタイ・ピンク・エッグ)、スライスしたハンガリアンホットワックス(これもベランダで栽培中のペッパー)にレモンを搾り、チャートマサラ(CHAAT MASALA)、塩、胡椒を振りかけて合える。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie料理  トラックバック(0) コメント(8) TOP

Next |  Back
食べたいっ!食べたいっ!食べたいっ!
食~べ~た~い~~~~~~~っ!!!

・・・ふぅ。

これ、ナイスアイデアですね。
厳密に言うと全然違うもの使っているのに、
なんだかとってもインドっぽいです♪

あーん、こんな時間なのに猛烈にお腹減ってきた...orz

yaefit1500:2011/07/21(木) 00:46 | URL | [編集]

手羽元カレー
エビカレー
ジャガイモとバーミセリのサブジ
レンズ豆と揚げ玉葱のライス
素晴らしいレシピのアイデア
すごくおいしそうです
有り難うございます

ryuji_s1:2011/07/21(木) 07:54 | URL | [編集]

今度はカレーかあ・・・。
幼児の味覚を持つ私としては、やっぱり好物なんですよね。f(^^;)
美味しそうだなあ・・・。(^o^)

akkyan:2011/07/21(木) 09:40 | URL | [編集]

> yaefit1500さん
何だか、なかなかっしょ(笑)
伝統はリスペクトしなきゃならないけれど、フォーマルじゃなければ、このいかにも中途半端な感じがいいですよね~。
味はしっかりインドっぽい味なんですよ♪

duckbill:2011/07/21(木) 18:45 | URL | [編集]

> ryuji_s1さん
いつもありがとうございます。
スパイスが食欲を刺激するので、食欲不振になりがちな暑い季節は、こういうレシピもいいですよね。
何とかみな美味しく出来ました(^^)

duckbill:2011/07/21(木) 18:45 | URL | [編集]

> akkyanさん
ふふふ、子供から大人まで大好きなカレーですよ~!(笑)
でも我が家のカレーは結構激辛です。末っ子は泣きながら食べてます!
 末っ子:オヤジ!辛れ~よ!( iдi )
 私  :こんなものが食えないようでは、立派なインド人になれませんよ!
 末っ子:( ̄△ ̄#)ならね~よ!
・・・とこんな感じでした(笑)。

duckbill:2011/07/21(木) 18:48 | URL | [編集]

きっと日本に住んでるインドのかたのご家庭では
こんな感じで召し上がってる気がしますヨ。
100均でインドのお母さん、よく見かけるもん(笑)

手羽元は良くカレーに使うのですが、電子レンジで加熱っすかー!!勉強になりました!
そして、2種類のカレーをサクサクっと作ってしまうなんて…duckbillさん、カッコ良すぎるぞぅ♪



Naomi:2011/07/21(木) 21:05 | URL | [編集]

> Naomiさん
そうそう、100均は日本人以外のお客さんも結構多い。
皆さんお国柄に合わせて、上手に利用・転用しているのでしょうね(笑)。

圧力鍋などでしっかり煮込むなら、電子レンジはいらないのですが、そうじゃなければ、事前に電子レンジにかけるのはお勧めです。
電子レンジの中でボンッ、ボンッと骨が割れていきます。
それから煮込むと少ない時間でも結構旨みがでて、身離れもまあまあ(^^)
電子レンジのチンで出てくる透明な肉汁も残さず鍋に入れてください。
加熱を続け過ぎると炭化することもあるので、ご注意くださいネ。

カレーはパスタと似ていて、どんな素材でもカレーになるし、素材に応じてでも、その時の気分に応じてでもスパイスをちょっと変えてやれば、レシピは無限です♪

duckbill:2011/07/22(金) 08:45 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL