FC2ブログ
2011’09.14・Wed

トマトにアオムシ!

ベランダで水耕栽培している白トマト(グレイト・ホワイト)の大事な幼果を泣く泣く取ったのです。

この白トマト(グレイト・ホワイト)は巨大なサイズのトマトになってくれるけれど、着果率はあまり良くないので、着果した一個一個はとても大事です。
もう一個ずつ名前を付けてもいいくらい(笑)。
この幼果だって、既に80~100g位ありそうですが、まだまだこれから400g位まで大きくなる途中の、それも形も、状態も素晴らしい良果だったのに~(下写真)。


IMG1109130.jpg


実は今朝、この果実の周囲に新しい青虫の糞を見つけたのです。
こっ、これは怪し過ぎる!
・・・こんな美味しそうな果実を見逃して、周りのまずそうな葉っぱを食べる訳が無~~い!
というグルメな推理に従って、一見何処にも被害がなさそうな、この幼果を丹念に調べてみたら・・・
あれま!ヘタの付け根にさりげなく穴があいてますばい!(下写真)


IMG1109131.jpg


取った幼果を切ってみたら、発見~!!!
往生際が悪いことに、この場に及んでも保護色を使って、「私は種のゼリー部分だ~!」とシラを切っていますナ!(下写真)。

IMG1109132.jpg


ま、似てないことも無いけれど、こんな程度で騙せると思うな!世の中そうは甘くな~い!・・・即、昇天して頂きましたゾ。
この大悪人はオオタバコガの幼虫か又はヨトウムシ。

この青トマトの食べられていない部分は、勿体無いので青トマトフライにでもして頂こうと思います。
残念だけれど、もっと大サイズになってから気づいて、中が糞だらけだったら、もっとおマヌケでした(爆)。
クソ~~!!アオムシめ~!!(T_T)

追 記:
青虫が発生すれば、一匹ということは無いので、この後、大捜索して10匹程捕殺。
翌日朝に再度捜索し、7匹程捕殺。
穴を開けられて食べられた被害果実は、尻腐れからやっと復活したサンマルツァーノの良果が10果(泣)。
たちの悪いことに茎の中にもぐり食害もしていました。
食害された部分は中身が空になるので、その先についている花、果実ともに枝ごとソックリ枯れます。
この特性からすると、オオタバコガのようです。
勿論まだまだいる筈だけれど、気になることに3種類のサイズがいたのです。それも一つは極小サイズ。
つまり、産み付けられたのは時期をずらして少なくとも3回。しかも最後の1回は卵が孵化したばかりで、小さいのがうじゃうじゃいる?(((;゚Д゚)))・・・カマキリをスカウトしてきた方が早いかも(^^;
再度、クソ~~!!アオムシめ~!!。・゚゚・o(iДi)o・゚゚・。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(16) TOP

Next |  Back
うわ~ 虫だっっっ(><)
私だったらもう株ごと処分(笑)、というくらい虫嫌いな私です(笑) 悔しいですね~確かに!!
私も留守中母が育ててくれたハンガリアンホットワックスのヘタのそばに穴があって、なにやら虫食いのよう。結局虫のないものだけお料理に使って、株ごと処分しちゃいました。葉っぱもなにやら虫食いの後もあったので・・・。
青いトマト、サルサベルデのようにしても美味しそうですね。でも1個だと調理法考えちゃいますよね~。トマトのフライは私食べたことがないので、ちょっと興味津々。

creamat:2011/09/14(水) 01:29 | URL | [編集]

> creamatさん
私は虫好きなのですが、トマトはもっと好きなので、見逃す訳にはいきません(爆)
あぁ!サルサベルデって手もありましたね。
今調子を落としている緑トマトもそのうち復活してくる筈なので、サルサベルデはそちらのトマトと青唐辛子のピクルスで作ろうかな。
未熟果と違って、そちらは完熟の緑トマトなので、多分美味しい筈。
そうそう、全然辛くなかった薄緑のハンガリアンホットワックスはピクルスになったら、結構辛いんです(笑)
青トマトフライは取り立てて「これは旨い!」というものじゃないけれど、フライになると青臭くもないし、普通に食べられます。(^^)

duckbill:2011/09/14(水) 01:57 | URL | [編集]

この季節、ほんっとにアオムシには腹が立ちますよね。

トマトも、初夏の元気がなくなると、実をアオムシにやられるようになってしまいます。

我が家も、何個のタイ・ピンク・エッグが被害に合ったことか・・・涙

あと、オカノリに甚大な被害?が出て、今ほとんど茎だけになってます。ワタノメイガ、通称ハマキムシというらしいです。

あとは、オクラのフタトガリコヤガというやつ。葉上に堂々と鎮座して食い荒らします。あまりに腹が立って、ハサミでちょん切っちゃいました。

最近、すっかり慣れてきて、やることが過激・・・汗;;;

yaefit1500:2011/09/14(水) 03:07 | URL | [編集]

虫ネタは大好き!
でも、このアオムシくんはちょっと腹立たしいですね。
人間が美味しいものは虫にとっても美味しいにちがいないでしょうね。

しかし、大事なトマトに穴をあけるとは!
憎っくきグルメアオムシ!!

kuishinbou:2011/09/14(水) 08:21 | URL | [編集]

外側を少しお味見するならまだしも、中に入っちゃぁ…。
うーん。青虫にしてみたら、
ミネストローネのお風呂みたいなモンなのか?
………以外と幸せかも(笑)

しっかし、ショックですねぇ(TωT)
我が家はまだ、グレイトホワイトは花すら見ていないので(爆)こんな事されたら、そりゃ一族根絶やし間違いなし!許さんですよー p(`ε´q)

うふふ、だけど畑をやるようになって、
大分虫にも慣れたので、あんまり気持ち悪くないや(笑)

Naomi:2011/09/14(水) 14:30 | URL | [編集]

> yaefit1500さん
アオムシって基本的に好きなんですが、トマトはいけません!大事なトマトは(笑)
我が家のトマトも、ちょっと軟弱に育ててしまったかもしれませんね(^^;
もっと強力にトマチンをバンバン出して、食べたアオムシなんて即死するくらいじゃないと・・・ってそんなトマトは食べたくないかぁ(爆)
すくすく農園も虫害が酷そう!やっぱり無農薬栽培は虫との戦いになりますね。

duckbill:2011/09/14(水) 22:32 | URL | [編集]

> kuishinbouさん
あはは!kuishinbouさんの虫好きは判ってますよ♪
私もアオムシは、手のひらに乗せて撫で回すほど好きだけれど、大事なトマトを食べられては、許せません!(爆)
5種類のトマトが入り乱れている我が家のベランダで、食害を受けるのは大抵決まった種類です。
だから、アオムシって結構グルメだと思う(笑)。

duckbill:2011/09/14(水) 22:38 | URL | [編集]

> Naomiさん
中に勝手に入っちゃいけませんよね~!
ミネストローネのお風呂か、又はヘンゼルとグレーテルのお菓子の家みたいな状態かも(笑)
・・・きっとかなり幸せのような気が(爆)

あれ~!そろそろグレイトホワイトの花を咲かせなきゃ(笑)
秋は着果率も上がるし、運がよければ900gにもなるそうです。

畑をやれば、虫なんて、そこらじゅうだもの、もうお友達ですよ(笑)

duckbill:2011/09/14(水) 22:39 | URL | [編集]

トマトに虫が
がっくり来ますね
丹精込めて作っているのに

だから虫もおいしさがわかるのかなぁ

ryuji_s1:2011/09/15(木) 19:24 | URL | [編集]

> ryuji_s1さん
大事なトマトを食べられて、多少は腹も立ちますが、敵さんも生きるために必死なんでしょう(笑)

アオムシは明らかに食害するトマトの種類を選んでますから、きっと味が判るのだと思います。(^^)

duckbill:2011/09/15(木) 23:51 | URL | [編集]

duckbillさん
コメント有り難うございます
嬉しいです

ryuji_s1:2011/09/16(金) 07:41 | URL | [編集]

> ryuji_s1さん
こちらこそ!いつもコメント有難うございました。
牛タンとても美味しそうでした♪

duckbill:2011/09/16(金) 12:33 | URL | [編集]

我が家では、実家からもらってきたピーマンに穴が開いており、昨晩チンジャオロースーにしようと半割りにしたら、中から虫と糞が出てきました…。(-_-;)
ちょっと手遅れだったみたいです。
せっかくのトマト、残念だったけど糞まみれにならなかったのが幸いですね。
私は虫が嫌いなので青虫も触るのも駄目で割り箸でつかんで捨ててますが、小さいうちは見つけにくいですよねぇ。
大きくなると見つけやすいけどその間にどんだけ葉っぱ食べられたんだと思うと(葉っぱ丸坊主だし糞だらけだし…)これまた悔しいし。
そんな青虫にも負けず、まだまだたくさんトマトが収穫できますように♪♪

楽子:2011/09/16(金) 14:59 | URL | [編集]

>青虫が発生すれば、一匹ということは無い

えーっ、そうなんですか( ̄□||||!!
今日、クウシンサイボックス(防虫ネットかけ)で、茶色の3ミリくらいのイモ虫を発見して、即お引取りいただきました。
イモ虫って、蛾や蝶ですよね?
どうやって入ったのやら。
大変、大変、大捜索しなくては・・・

いずみ:2011/09/16(金) 17:33 | URL | [編集]

> 楽子さん
楽子さんのご実家も、無農薬栽培でしょうから、虫の危険はありますね(笑)
気づいたのが早かったので、とりあえず半分は青トマトフライで食べられました。(^^)
相手は卑怯にも保護色を使う姑息な奴なので(笑)、糞でもなかったら気づきません。
これでちゃんと自分の糞を後始末する律儀な性格だったら、ほとんど無敵(爆)
ベランダトマトの季節は長いですから、今多少食べられても、きっと大丈夫♪

duckbill:2011/09/16(金) 22:05 | URL | [編集]

> いずみさん
アオムシの種類で色々タイプはありますが、殆どの場合で一匹と言うことは無いと思います。
たとえばヨトウムシなら、50~200個くらいの卵を並べて生みますから、孵ったときはうじゃうじゃ(笑)。
オオタバコガは1個づつの卵だけれど、あちこち産みます。
あれま!防虫ネットの中に産みつけられました?(笑)
防虫ネットに入るサイズなら、しらみつぶしに探すことも可能でしょう!大捜索、頑張ってください(笑)

duckbill:2011/09/16(金) 22:06 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL