• « 2017·10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2011’10.04・Tue

ベランダトマト他の収穫状況と近況1004

ベランダで水耕栽培しているトマトや唐辛子類の収穫状況と近況です(前回はこちら)。



まずは収穫状況から
9/14日
コストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)1個60g(延べ27個)を収穫(下写真左)。
そして、ハラペーニョ(chile Jalapeño)を1個(延べ12個)、鷹の爪を7個(延べ24個)、島唐辛子を5個(延べ24個)を収穫(下写真右)。

IMG1109141.jpg IMG1109142.jpg
9/17日
タイ・ピンク・エッグ(Thai Pink Egg)を2個、41.8g(延べ41個)を収穫(下写真上左)。
サンマルツァーノ・ルンゴ(San Marzano Lungo)を1個23.1g(延べ19個)を収穫(下写真上右)。
コストルート・ジェノベーゼを1個32.0g(延べ28個)を収穫(下写真下左)。
そして鷹の爪4個(延べ28個)、島唐辛子3個(延べ27個)を収穫(下写真下右)。

IMG1109176.jpg IMG1109177.jpg
IMG1109178.jpg IMG1109179.jpg
9/19日
コストルート・ジェノベーゼを1個106.6g(延べ29個)を収穫(下写真下左)。
チレ・セラーノ(Serrano Tampiqueño)を9個(延べ22個)、島唐辛子を2個(延べ29個)、カイエンペッパー(Cayenne pepper)を1個(延べ10個)、チレ・アルボル(Chile de Arbol)を1個(延べ14個)、 ハラペーニョを2個収穫(延べ14個)、ハンガリアン・ホット・ワックス(Hungarian Hot Wax)を1個(延べ13個)、チレ・カリフォルニア(Chile California)を1個(延べ4個)収穫(下写真右)。

IMG1109190.jpg IMG1109191.jpg
9/22日
サンマルツァーノ・ルンゴを2個71.4g(延べ21個)を収穫(下写真左)。
チレ・セラーノ1個(延べ23個)、カイエンペッパー5個(延べ15個)を収穫。落ちた青トマト2個はカウント外(下写真右)

IMG1109220.jpg IMG1109221.jpg
9/24日
サンマルツァーノ・ルンゴを2個50.6g(延べ23個)を収穫(下写真左)。
鷹の爪6個(延べ34個)、島唐辛子1個(延べ30個)、チレ・アルボルを1個(延べ15個)、チレ・セラーノを5個(延べ28個)、カイエンペッパーを3個(延べ18個)収穫(下写真右)。

IMG1109240.jpg IMG1109241.jpg
9/30日
タイ・ピンク・エッグ2個26.6g(延べ43個)を収穫(下写真左)。
色白プチ太郎を3個(延べ5個)、チレ・アルボルを1個(延べ16個)、ハンガリアン・ホット・ワックスを3個(延べ16個)、チレ・セラーノを8個(延べ36個)、鷹の爪2個(延べ36個)、島唐辛子を2個(延べ32個)収穫(下写真右)。

IMG1109300.jpg IMG1109301.jpg
10/3日
タイ・ピンク・エッグ6個98.8g(延べ49個)を収穫(下写真右)。
鷹の爪2個(延べ38個)、島唐辛子1個(延べ33個)、チレ・アルボルを3個(延べ19個)収穫(下写真右)。

IMG111003f.jpg


次にベランダで水耕栽培しているトマトの近況です。

ベランダトマトも今回の台風ではかなり被害を受けました。
西日本ではかなり被害が出ていたそれまでの台風でも、東京はあまりたいしたことが無かったものだから、ついタカをくくって、あまり備えをしなかったのです。
途中でどうも大変そうだと気づいて、あちこちの枝を結わえたり、トマトのコンテナの補強をしようとした時は、もう暴風雨のなかで、結局途中で断念しました(^^;。
何とか持ちこたえたものの、コンテナは破損、トマトも随分枝が折られて、特に成長点や花芽部分はかなりやられました。

台風一過、スジカイが外れて傾いたコンテナを修理し、折れた枝や痛んだ成長点、葉は剪定しました。
台風直後はかなり酷かったトマトも大分復活。又少しずつジャングルになって来ました(下写真)。

IMG1110030.jpg


台風で大分花芽をやられたので、開花している花数は少ないのですが、それでもその少ない花が気温が下がったせいで、軒並み着果を始めています。
現在着果しているトマトのうち大玉トマト(グレイトホワイト、コストルート・ジェノベーゼ)だけの写真です。(下写真14枚)

IMG1110031.jpg IMG1110032.jpg
IMG1110033.jpg IMG1110034.jpg
IMG1110035.jpg IMG1110036.jpg
IMG1110037.jpg IMG1110038.jpg
IMG1110039.jpg IMG111003a.jpg
IMG111003b.jpg IMG111003c.jpg
IMG111003d.jpg IMG111003e.jpg


そこそこの数がついていますが、台風がなければこの倍くらい着果してたような気がします。
ベランダ栽培の秋冬トマトの収穫量は、この時期の着果数が大変重要なのです。
東京のベランダで特段の保温をやらない水耕栽培では年内はまず大丈夫としても、明けて1月、2月には夜間温度も相当下がって、寒さでやられて何時撤収になるか判りません。
着果から赤く色づくまでの期間は、気温に大きく左右されます。
暖かい時期なら45日くらいで色づいたものが、気温が下がるにつれ60日、70日とだんだん日数を要するようになります。
確実に栽培が継続できる年内を念頭に置けば、10/中旬までの着果なら、まず年内に木成りで熟したトマトで収穫できますが、それ以降の着果なら、年を越えての収穫になる可能性が高く、完熟前に撤収になってしまう可能性も高いのです。
これがこの時期での着果が重要な理由です。
勿論、なかなか色づかない場合や、撤収時に収穫する青い実でも、収穫サイズなら、室内で赤く追熟させることも可能ですが、小さい未熟果の利用は注意が必要です。
トマトは自身を食害から防ぐためにトマチンというかなり強力な忌諱物質を分泌しています。
これがあるために、弱ってトマチンの分泌量が少なくなった株を除けば、トマトは結構虫を寄せつけません。
このトマチンの含有量は花、枝、葉にもっとも多く、未熟果実で約その半分くらい、収穫サイズの青い果実なら、さらに未熟果の1/10、完熟トマトならさらにその収穫サイズの青果実の1/100と減ってきます。
完熟トマトなら動物等に積極的に食べられて、糞と一緒に種を撒き散らしてもらう方が、繁殖には良いのですから、食べられて困る時期にはトマチンを高濃度に含み、食べて欲しい部分には殆どトマチンを含ませないというのがトマトの戦略なのでしょう。
トマチンの毒性は強く、量が多ければ人間にも害になります。
人間にとっての半致死量は50kgのヒト換算で計算すると、花、枝、葉で約1.7kg、未熟果実で3.4kg、 収穫サイズの青い果実で33kg、完熟トマトで4トン相当くらいになります。
つまり完熟トマトを食べてトマチンで死ぬためには4トンも食べなければなりませんが、この場合はその前にただの食いすぎで確実に死ねますナ(笑)。
でも小さいサイズの未熟果実なら3.4kg程度で死ぬ可能性があるのですから、そこまでの量を食べることは無くても、小さいサイズの未熟果実はあまり食べるべきではないような気がします。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(10) TOP

Next |  Back
ぬぬぅ、トマトちん。トマチンで武装していたのですねー!勉強になりますm(_ _)m

コストルートジェノベーゼのトマトソースがあまりにも美味しくって、我が家は完全に中毒になってます。
だけど気付いたら、やっぱり台風でかなりの枝が折れちゃっていて…。私も勿体ない事しちゃいました (TωT)

それはそうと。
duckbillさん!!グレイトホワイトが着果いたしましたよ~~ヽ(´▽`)/
とりあえず1個ですけど(爆)ちゃんと収穫できたら嬉しいなぁ♪
大事にしなくっちゃ、ですわー((((*´ー`)

Naomi:2011/10/04(火) 21:44 | URL | [編集]

台風、大変でしたよね(-_-;
でも、すごい復活ぶりで、いつもながらの見事な収穫。
やっぱり赤があるって華やいでいいですね。
私はトマト、惨敗でした(∩_∩;)P 白旗~!
詳しい解説をありがとうございます。
リベンジ秋トマトも10月中旬勝負なんですね。
ちょっと無理そう^^;
皆様の記事で勉強させていただいて、来年はトマト祭りをやってみたいです!

いずみ:2011/10/04(火) 21:54 | URL | [編集]

duckbillさん
すばらしい収穫うれしいですね

お料理にも 弾みがつきますね

ryuji_s1:2011/10/04(火) 23:26 | URL | [編集]

> Naomiさん
トマトはトマチンのおかげで、アブラーがびっしりとかハダニまみれとかにはならないのだと思ってます。
だからトマチンにめげないオオタバコガの幼虫やサビダニには、ひょっとしたらトマチン耐性があるのかも知れませんね。

コストルートジェノベーゼやサンマルツァーノは加熱での旨さはやっぱり特別ですよね~!
単に甘いだけの日本のトマトは育てる気がしません(笑)。

グレイトホワイト着果、おめでとう~♪ヾ(@^▽^@)ノ
ちょっとトマトっぽくない味がする筈ですから、大事に収穫までもっていってください♪

duckbill:2011/10/05(水) 00:27 | URL | [編集]

> いずみさん
久々の凄い台風でした。
結構やられたのですが、トマトはやっぱり強いです。しっかり復活してきました。
私の所のトマトは秋冬がメインなので、ここでやられると困ってしまう所でした(笑)。
木成り完熟で採るのは10/中旬までが勝負ですけど、去年も11/上位まではガンガン着果させました。
撤収時に青トマトでも、収穫サイズで取れれば、追熟でしっかり赤くできて、味だって悪くないし、かなり重宝しました。
トマト祭りは楽しいですよ!

duckbill:2011/10/05(水) 00:28 | URL | [編集]

> ryuji_s1さん
記事にはしていないのですが、特に今年は青唐辛子が調理に大活躍です。
新鮮な青唐辛子とトマトで作るサルサはほんとに美味しいです♪

duckbill:2011/10/05(水) 00:29 | URL | [編集]

今日、ようやく着果確認しました。
教えていただいた期限ギリギリですね_(^^;)ゞ
ささやかでもお祭り目指してみます!
ありがとうございました。

いずみ:2011/10/14(金) 14:05 | URL | [編集]

> いずみさん
あぁ!着果おめでとうございます。
期限を過ぎても、撤収時に青いまま採って、暖かい室内でしっかり完熟にできますから、11月/一杯くらいは、トマトトーンも使ってでも沢山着果数を稼いでください♪

duckbill:2011/10/14(金) 16:09 | URL | [編集]

色々アドバイスをありがとうございました。
トマトトーンもyaefit1500様のおかげで、今日散布できました。
脇芽にもがんばってもらって、全着果、収穫を目指します!

いずみ:2011/10/19(水) 11:19 | URL | [編集]

> いずみさん
多少でもお役に立ったなら幸いです。(^^)
yaefit1500さんに頂いたのですね~!良かったですね。
土耕と違い水耕では、脇芽を取らなくて全然余裕です。
ガンガン伸ばして着果数を稼いだほうが得ですよ。
頑張ってください。

duckbill:2011/10/19(水) 12:56 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL