2011’12.14・Wed

「干し柿さらにその後」のさらに後

前回の記事でまだ天日干しだった第3弾の干し柿24個も、無事干し上がりました(下写真)。・・・12/2日

IMG1112020.jpg


そしてこちらは叔母から送られてきた平種柿の干し柿。
私が干し柿好きなものだから、他の荷物を送るついでに、干し柿も入れてくれたようです。

IMG111126j.jpg


今期の干し柿作りは第3弾で終了かと思ったら、第3弾が干し上がる前に又、八百屋で干し柿用の渋柿を見つけて購入できました。
山梨県産のちょっと大きめの柿が6個入りで3袋なので、第4弾の干し柿は18個です(下写真)。・・・11/25日

IMG1111251.jpg


早速皮を剥いて天日干し(下写真手前)。
奥に見える乾燥が進んだ干し柿は、まだ干し上がり前の第3弾のもの。
そしてその奥の干し網では自家製カラスミを干しています。

IMG1111300.jpg


そして、第4弾も干し上がり。・・・12/13日
ほんとはもう少し干したかったけれど、シジョウウカラに目をつけられて被害が出始めたので、少し早めの干し上がりとしました。
2つのザルの間にある黒い干し柿が被害果です(下写真)。

IMG1112130.jpg


これがそのアップ(下写真)。
ここまでついばまれたら、これはもうカウント外ですから、第4弾は1個減って17個。
これで今期の自家製干し柿は、第1弾144個、第2弾18個、第3弾24個、第4弾17個と合計203個。
さすがもう八百屋で干し柿用の渋柿は見かけないので、これで今期の干し柿作りは終了です。

IMG1112131.jpg


来期は、このハンガースタイルの干し器をすっぽり覆う網を考えないとならないようです。
今回だって、被害に気づいてから、干し柿の周りに、キュウリ栽培用のネットを絡めていたのです。
網が粗いですから、小鳥はくぐれるけれど、羽や足に絡むものは鳥にとっては致命的なので、本能的に避ける筈だったのです。
絡んだ網の中で楽しそうに干し柿をついばんでいるシジュウカラって、一体何なんでしょ。┐( ̄ヘ ̄)┌ ホワーイ?
都会の小鳥は人間がそばにいてもあまり逃げないし、野生を失っているのかも知れません。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie食材乾燥  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
都会のベランダなのに、一瞬田舎ののどかな冬の風景がかさなる不思議さがたまりませんね~(笑)
渋柿を売っているのを見たことがないんですけれど、つくせるように枝がちゃんと残されているんですね。
海外出発時は柿が出始めの季節、11月末に日本に帰ってきたときは、もう柿は食べられないだろうなって思っていたけれど、まだ種類を変えて柿が売られていますね。今はもういよいよ終わりかな。
鳥も食べるものがなくなってきて、必至なのかもしれませんね~。

creamat:2011/12/14(水) 18:04 | URL | [編集]

> creamatさん
都会と言っても、私の所はちょっと歩けばまだ里山が残っている田舎だから、干し柿も結構似合います(笑)
干し柿用の渋柿が売っているのに気が付いたのは、私も干し柿作りを始めてからです。
そうそう!干し柿用はちゃんと枝付きで売られています。
もう今の時期では干し柿用は見かけないし、甘柿か渋抜き柿がまだ少しだけ出回っているけれど、柿の季節はもう終わりですね。
近くに柿の木があって、実がついている間は、鳥はそちらに出勤していたのですが、いよいよ実が無くなったら、こちらに出張し始めました(笑)。

duckbill:2011/12/15(木) 00:40 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL