FC2ブログ

ベランダトマトの撤収他

ベランダで水耕栽培しているトマトや唐辛子類の収穫状況とベランダの近況です(前回はこちら)。



まずは通常の収穫から。
1/12日
白トマトのグレイトホワイト(Great White)を2個596.5g(延べ20個)収穫(下写真)。

IMG1201123.jpg




1/13日
カイエンペッパー(Cayenne pepper)を撤収。
22個(延べ71個)収穫(下写真左)。
まだ青いのが混じっているので、ZIPロックに入れて冷凍保存です(下写真右)。

IMG1201130.jpg IMG1201131.jpg


同じくチレ・アルボル(Chile de Arbol)も撤収。
14個(延べ71個)収穫(下写真左)。
カイエンペッパーと形もソックリだけれど、期せずして収穫個数も71個で同じでした。
形も辛さも似たようなものだけれど、辛さの質(香りを含んで)は随分違います。
PETボトル栽培だけれど、もっと株が大きくなれるスペースがあれば、この数倍は採れる筈です。
我が家ではペッパー類のPETボトルは隣同士で隣接状態だから、一株に与えられた幅はPETボトルの幅です。
それを考えれば、ちょっと満足の収穫量です。
カイエンペッパー同様に、ZIPロックに入れて冷凍保存(下写真右)

IMG1201132.jpg IMG1201133.jpg




1/16日
コストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)を2個77.4g(延べ58個)。
そして。グレイトホワイトを1個146.0g(延べ21個)収穫(下写真)。

IMG1201160.jpg




1/23日
コストルート・ジェノベーゼを2個130.0g(延べ60個)。
そして。グレイトホワイトを1個168.7g(延べ22個)収穫(下写真)。

IMG1201230.jpg




1/25日
さすがにこのところの大雪で、トマト自身もギブアップのようです。
芽先はみな萎れてしまいましたので、付いている実を収穫して撤収です。
まずはコストルート・ジェノベーゼ。
あまり小さい未熟果は捨てて、ある程度のサイズ以上のもの、多少小さくても色づき始めているものだけを収穫。
22個、1,059gでした(下写真)。
これでコストルート・ジェノベーゼの2011年度の全収穫は82個、4,919.2gと5kg弱となりました。
去年は1株7kg超ですから、今年は終盤に調子を落としたのが響きました。

IMG1201250.jpg


続いて、グレイトホワイトも撤収し、14個、1,574.0gを収穫(下写真)。
これでグレイトホワイトの2011年度の全収穫は36個、7,245.1gとなりました。
2年連続で1株7kg超の収穫ですから、中々の多産種です。

IMG1201251.jpg


1/27日
2日遅れて、タイ・ピンク・エッグ(Thai Pink Egg)も撤収し、12個、118.3gを収穫(下写真)。
タイピンクの2011年度の全収穫は115個、1,471.8gとなりました。
ちょっと少なかったけれど、草丈が大きくならない種で、周りは全部大玉トマトです。
上空間を覆われて、日照もままならない状態であったことを考えれば、まあまあです。

IMG1201270.jpg


そして、今年は絶不調だった緑トマトのエバーグリーン(Evergreen)も撤収。
7月に3個だけ採れたあと、調子を崩し、一時は危篤状態だったのですが、何とか復活して、秋に続々着果を始めたのですが、それらがみな成長するには時間が足りませんでした。
それでも、そこそこのサイズと既に色づき始めたものだけを収穫して、何とか土壇場で9個、783.0g収穫できました(下写真)。
これで、エバーグリーンの2011年度の全収穫は12個、1,267.0gとなりました。
エバグリーンは中々栽培が難しく、収穫も安定しないけれど、このトマトの完熟した味は秀逸ですから、今年も絶対外せません。

IMG1201271.jpg


これらのまだ熟していないトマトは、無理に青トマトで利用しなくても、暖かい室内に置いておくと、順次完熟していきますから、無駄にならないし、結構長い期間楽しめます。
室内追熟でも味は十分美味しいです。

2011年度のトマト収穫を集計して表にしてみました(2010年度はこちら)。

2011年度ベランダトマト収穫結果
コストルート
ジェノベーゼ
サンマルツァーノ
ルンゴ
グレイトホワイトエバーグリーンタイピンクエッグ月 合 計
 7月 0.0g( 0) 303.5g( 8) 864.5g( 3) 484.0g( 3) 519.9g( 28) 2,171.9g
 8月1,090.2g( 10) 264.0g( 7) 0.0g( 0) 0.0g( 0) 32.0g( 3) 1,386.2g
 9月1,261.5g( 19) 261.4g( 8)1,127.5g( 3) 0.0g( 0) 195.5g( 12) 2,845.9g
10月 357.5g( 5) 199.3g( 9) 857.5g( 3) 0.0g( 0) 548.3g( 52) 1,962.6g
11月 353.3g( 9) 167.4g( 7) 0.0g( 0) 0.0g( 0) 23.6g( 4) 544.3g
12月 590.3g( 13)1,376.0g( 46)1,604.2g( 7) 0.0g( 0) 27.0g( 3) 3,597.5g
 1月1,266.4g( 26)1,145.2g( 58)2,791.4g( 20) 783.0g( 9) 125.5g( 13) 6,111.5g
合 計4,919.2g( 82個)3,716.8g(143個)7,245.1g( 36個)1,267.0g( 12個)1,471.8g(115個)18,619.9g

今年のベランダトマト収穫総量は18,619.9gとなりました。
去年が23kg超ですから、今年は少し不調です。
最後の寒波、大雪も響いて、収穫サイズまで至る予定の実が、中々成長せず、大量に廃棄になったのも響きました。
でもベランダの1間幅だけで18kg以上収穫出来たのですからまあまあです。
今年1年もトマトは殆ど購入していません(ドライトマト用にトマトベリーガーデンを2回買っただけ)。

2011年度のトマトも終わって、そろそろ2012年度トマトの種蒔きです。
今年も新種を加える予定ですが、まだ秘密!(笑)



ところで、冬に枯れるのがいやで、過保護にも室内に取り入れた山椒の苗ですが、暖かい室内に移動したら、春と勘違いしたようで、新芽が出始まったのは先回までの話
現在はそのあらゆる新芽から、花蕾が出てきてしまってます(下写真4枚)。

IMG1201272.jpg IMG1201273.jpg

IMG1201274.jpg IMG1201275.jpg


この季節に室内で咲かれても、雄花は無いし、受粉しようがありません。
これで、今年の山椒着果の可能性も既に終わったと言うことになるのでしょうか。・・・何だか早すぎます(泣)orz
やっぱり人間と一緒で、過保護は良くないってことですナ。



PETボトル栽培していた色々な唐辛子のうち、フレッシュな青唐辛子をいつでもサルサに使いたいと、ハラペーニョ(chile Jalapeño)とチレ・セラーノ(Serrano Tampiqueño)だけは、撤収しないで、剪定し室内に取り入れていました。
どちらも暖かい室内で新芽がでてきた様で、これはハラペーニョの方(下写真)。
唐辛子類は初期の成長がとても遅く、どうしても収穫時期が遅くなりますが、これなら、かなり初期から収穫が始められるかもしれません♪(下写真)

IMG1201300.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Comments 4

There are no comments yet.
Naomi

あれれ、撤収ですかー。先を越されちゃったなぁ(笑)
それにしても、すんごい収穫量ですねぇ!
グレイトホワイトも36個ですか!すごいなぁ。(←1個のヒト)

ところで。今年は鷹の爪+αで唐辛子系を育てようと思ってるのですが、サルサに合うのはやっぱりハラペーニョですかねぇ? 辛過ぎるのは苦手なので、辛味マイルドで旨味アリ!そしてトマトにも合う!みたいなペッパーが良いのですが(欲張り 笑)…お勧めとかあれば、教えて頂けると嬉しいですぅ~~r(^ω^*)))

  • 2012/01/30 (Mon) 18:32
  • REPLY
duckbill

Re: タイトルなし

> Naomiさん
同じ東京都でも私の方は豪雪地帯だから(笑)
去年の収穫量には敵わないけれど、今年もまあまあかな。(^^)v
グレイトホワイトは玉が大きいから、36個も採れると何だか充実感があります♪

サルサに合う唐辛子は何といってもハラペーニョとセラーノだと思います。
どちらも辛味マイルドで、何よりサルサにバッチリ。
育てていた8種類のペッパーのうち、この2種だけを部屋に入れて延命を図っているのが、論より証拠です(笑)。

  • 2012/01/31 (Tue) 08:45
  • REPLY
楽子

いや~不調とは言え、ベランダで18キロ収穫ってやっぱりとんでもなくすごいですよね~。
そして重量だけではなく、採れているトマトがどれもこれもツヤツヤなのがすごーい!
これで豪雪地帯じゃなかったら、一体どんだけ採れたんだろうかと、部外者の私でさえ獲れぬ狸の皮算用。(笑)
唐辛子、冬越しだけの問題ではなく、一年草ではないと言うことなんですね~。
これからまた収穫できたらエンドレスで素敵だわ~。
私も育てようかなぁ。

duckbill

Re: タイトルなし

> 楽子さん
不調でも18kgですから、ここが水耕の凄いところです。
土耕ではなかなかこうはいきませんもの。

寒くて枯れるからの1年草で、本来は多年草(又は低木)のようですよ。
だから冬季は室内に待避すれば、観葉植物化するのではあるまいか?などと考えています(笑)
だから、今年は又別のペッパー類を栽培する予定だけれど、この室内に入れたものはこのまま継続に挑戦です。
サルサ用のフレッシュ唐辛子が年中採れたら、いいですよね~!
楽子さんもぜひ育ててみてください(笑)

  • 2012/02/01 (Wed) 01:07
  • REPLY