• « 2017·08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

------- お知らせ -------

私も所属している東京きのこ同好会が主催する「第10回きのこ展~森の妖精達と遊び、学ぶ~」が、9月29日(金)~10月/1日(日)の3日間に渡って、多摩センターのパルテノン多摩特別展示室で開催されます(入場無料、販売等は一切ありません)。
膨大な数の食・毒・猛毒な生の野生きのこが展示されます(前回の様子)。
話のタネに猛毒きのこを見にきてね~♪(私duckbillもきのこ展実行委員をやっていま~す)
 ※FB、Twで拡散希望♪

紹介されているサイトのページ
パルテノン多摩 http://www.parthenon.or.jp/people/3088.html
るるぶ http://www.rurubu.com/event/detail.aspx?ID=P30587
ことさが http://cotosaga.com/event/1581183/?f=eventedit_new
イベントナビ http://www.event-navi.ne.jp/d_top.php?eventID=0000045925
イマdeタマ https://imatama.jp/event/detail?id=1236
イベ活 http://event21.co.jp/ibekatu/user/0003436.htm
スポットクリップ https://spotclip.jp/spots/345613


2012’05.23・Wed

カレイの王様「マツカワガレイ」

いつも行く近所の小さなスーパーに、なにやら変わったカレイ、それも活け締めで刺身用、型も1kgには満たないようだけれど、結構なサイズ。
北海道産でカレイとだけ印刷された値札にマジックで「まつば」と書かれています。
でもマツバガレイ(メイタガレイ)ではなく、私にはどう見てもカレイの王様、超高級カレイのマツカワガレイに見えます。
もともとこのスーパーに入っている魚屋さんの店長さんは多分素人さん。
3年前くらいに代わったのだけれど、それまでは結構マニアックな仕入れをやっていたのが、この店長さんに代わってからはマグロの解体ショーばかりで、品揃えは通り一辺。
おまけにこの前なんか真鱈の卵に助子と書いて、スケソウタラの卵に真子と書いていたし、さらに良サイズで縞が薄れ黒くなった石鯛に黒鯛とか書いた値札を付けていました。
もっとも、値段だけは黒鯛ではなくちゃんと石鯛でしたが(笑)
きっと普通のサラリーマンからの転職なのでしょうか?今回だって、仕入先で聞いた名前をうろ覚えで「まつば」とか書いたに違い有りません(笑)。
この値段1580円は普段の夕食の魚にしてはちょっと高いけれど、活け締めのマツカワガレイの値段とすれば、ビックリするほどお得な値段!
速攻で買いました~♪♪

早速重量を計ったら832gと、案の定Kgサイズではないけれど中々のサイズ。
ヒレの黒斑は帯状ですから、ホシカレイではなくマツカワガレイの特徴。
そして何といってもこの白い側(裏側)の色が、写真ではそんなには黄色に写っていないけれど、実物はかなり黄色っぽいのです。
これはマツカワガレイのオスに特有な特徴であって、マツカワガレイはオスが美味しいと言われています(下写真)。

IMG1205200.jpg


表側のこのザラザラした特徴あるウロコは、マツカワガレイとホシガレイに共通の特徴。
そしてほら!表側にはマツカワガレイ特有の白い斑点!!間違いなくマツカワガレイです(下写真)。
いや~!素晴らしい~♪♪
活け締めのマツカワガレイなんて、普通は料亭用の超高級食材です。

IMG1205202.jpg


早速、鮮度の良いうちに、5枚におろしました(下写真)。
内臓は肝、胃袋、白子だけ取りました。そう、見立て通りオスでした。(^^)v ヤッタネ!

IMG1205203.jpg


型がいいですから、半身だけをこの日の夕食用に塩締めにし、もう半身は翌日の夕食用に昆布締めにしました。
こちらは塩締めにした方の薄造り。
半身で24cm大皿に一杯で、真ん中はエンガワ。エンガワの量も多いです(下写真)。
ポン酢、モミジおろし、小ねぎで頂きましたが、身は旨み、甘みが強く、特に身に歯ごたえがあります。
申し分の無い味でした♪

IMG1205204.jpg


アラは甘辛く煮付けましたが(写真は撮り忘れ)、これが又美味しい♪
マツカワガレイは刺身だけじゃなく、煮付けても素晴らしい。
サイズの割には随分小さなマツカワガレイのマツカワガレイ(鯛中鯛)が見つかりました(下写真)。
マツカワガレイ自体がレアですから、随分レア物の鯛中鯛です。

IMG1205205.jpg


こちらは、翌日のマツカワガレイ昆布締め薄造りです(下写真)。
活け締めされたカレイの王様マツカワガレイの、さらに昆布締めした薄造りだもの、自分が食べたのだけれど、今見ても美味しそうで、ため息が出ますナ(笑)

IMG1205210.jpg


意外なところで素晴らしい食材に出会うのは、これまでもそうでした。
そんなには無い貴重なチャンスで出会う食材は逃さず手に入れたいものです。(^^)v

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie料理  トラックバック(0) コメント(18) TOP

Next |  Back
うはー、よだれ~でございますなあ。
五枚おろしもさすがですねえ。
ちょっとドジな店長さんに感謝ですな。
まあ、ワタクシなんぞは見かけてもあっさり見逃しそうな好機ですが。
五枚おろしなんて腰が引けて買えませんし。

…ヒラメよりカレイのほうがお刺身おいしいですよねえ。
 貧乏舌?

rune:2012/05/24(木) 00:07 | URL | [編集]

はじめまして、北海道のラザーニャといいます。
マツカワ、放流の甲斐あって漁獲も増えているみたいです。
それにしても、見事なお造りですね、すばらしい。

ラザーニャ:2012/05/24(木) 12:06 | URL | [編集]

duckbillさん
素晴らしいカレイの薄造り 見事です
美味しそう

ryuji_s1:2012/05/24(木) 22:48 | URL | [編集]

> runeさん
街の小さなスーパーに出回る魚じゃないと思うのですが、こんなこともありますね。
素晴らしい味でした。
こんなカレイなら、おろし甲斐も造り甲斐もあります。

私も昔からカレイの刺身の方が好きです。
ジワジワした旨みはカレイの方が強いと思います♪

duckbill:2012/05/25(金) 01:35 | URL | [編集]

> ラザーニャさん
初めまして!コメントありがとうございます♪
あぁ!そうなんですか。
地元の方の努力で、私の方まで廻ってきてくれたのですね~♪ 感謝です。
やたら造らされてる分、馴れました(笑)
これを機会に、ちょくちょくいらっしゃって頂けたらうれしいです。

duckbill:2012/05/25(金) 01:37 | URL | [編集]

> ryuji_s1さん
素晴らしいカレイが、何を間違ったかスーパーで随分安く買えました(笑)。
こんなカレイなら造り甲斐があります。
味も抜群でした♪

duckbill:2012/05/25(金) 01:38 | URL | [編集]

見事な包丁さばき!!
カレイもいろんな種類があるのですね。
5枚におろせるカレイなんて滅多に見られません。
この大きさだとヒラメと間違いそうです。コリコリと歯ごたえがありそうですね。

kuishinbou:2012/05/25(金) 08:09 | URL | [編集]

こんにちは、本当に大きいですね。厚みもすごい!
確かに5枚におろせるカレイなんで珍しいですね。
私はたまに、福島の相馬港から上がるイシガレイを良く
通販でとって食べていました。
だけど今回の震災の影響で通販辞めてしまったんです。
早く再開してもらいたいものです。
素材と調理がなせる技!
美味しそうです。

conon:2012/05/25(金) 11:31 | URL | [編集]

> kuishinbouさん
素材がいいので、いつもより丁寧に造ったかも(笑)。
このカレイは年々獲れなくなって、幻のカレイとも言われたカレイですが、北海道の方の努力もあって、少し漁獲量が増えてきたようです。
カレイでは最上級のカレイで、ヒラメよりずっと高級品です!
他のカレイより身に歯ごたえが有りますね。(^^)

duckbill:2012/05/25(金) 12:25 | URL | [編集]

> cononさん
イシガレイも美味しいですね~!好きなカレイの一つです。
検査で大丈夫だから出荷しているとは判っていても、カレイやヒラメは沿岸の砂地なので、特に放射能汚染しやすい魚の一つですから、原発の周辺県産だと、やっぱり躊躇してしまいますよね。(^^;
このマツカワガレイは、一目でマツカワと判ったのですが、産地が北海道産だったので安心して購入できたもの。
もし福島県産と書かれていたら、やっぱり買わなかったと思います(結構、気持ちは複雑です。福島の人、ゴメンネ!m(_ _)m)。
やっぱり王様カレイ、身も厚いし、味も最上でした♪

duckbill:2012/05/25(金) 12:27 | URL | [編集]

鰈って、鮃と形は似てるのに味は全く違いますよね。
鮃は鯛系の味がするのに対して、鰈は鮎魚女やガシラ、ハタ、のような甘みがあります。

こちら、関西では、メイタ鰈はお刺身用ならキロ3000円程します。 羨まぴぃお魚屋さんですねぇ(^^)

いつもながらの包丁捌き、惚れ惚れいたします。
やはり料亭かものはし、恐るべし☆☆☆ですね(*^_^*)

あき:2012/05/25(金) 22:23 | URL | [編集]

目の毒ですw
お刺身も引けるなんて…しかもこんな見事に。本当にプロ並みの腕前ですね。
本当に食べる事&料理がお好きなんですねー。好きこそ物の上手なれ、です。

学生時代、ご夫婦でやられてるフランス料理屋さんでウェイトレスしてまして。お二人とも食べる事が大好きで、賄いが素晴らしかったんです。
そこで一度巨大なアンコウが吊り下げてあって、なんの料理になるかと思えば。夜遅くになってからシェフ一人で捌きだし、アンコウ鍋(アンキモダレ付)の賄いになって出て来て、驚いた事があります。それを思い出しました。
全くの専門外でしょうし、ずっと調理しっぱなしの後大変だと思うんですがw やっぱり上手くなるのは「食が好き」だからですよね。

ハーバル:2012/05/25(金) 22:39 | URL | [編集]

> あきちゃん
そうそう、味違いますよね~。
昔はカレイは泥臭いとか言われて下魚にされたけれど、別段泥臭くもないし、ジワジワっとした旨みがありました。
ヒラメは養殖ものも多かったけれど、カレイは下魚なので誰も養殖しないから天然物な分だけ、かえって甘いし、美味かったということもあったかも知れません(笑)。

関西はメイタカレイが良くでますね。関東は無くはないけれど、そんなには出回らないです。

これは素材がいいので、捌く前に包丁を研ぎました(笑)。

duckbill:2012/05/26(土) 03:08 | URL | [編集]

> ハーバルさん
白身魚はもみじおろし、ポン酢で食べるのが好きなので、大抵薄く造ります。
そうです。美味しく食べたいので覚えた技ですね(笑)。
巨大アンコウでわざわざ賄いを作るなんて、余程食べることが好きなシェフなのですね。
巨大アンコウと言えば16kgものを捌いたことがありました。
家庭では吊るすところもないし、キッチンは狭すぎるし(シンクより大きなサイズですから、笑)、お風呂場で解体しました(爆)。
  http://duckbill21.blog75.fc2.com/blog-entry-285.html

duckbill:2012/05/26(土) 03:09 | URL | [編集]

お世話になった方のちょっと良い話?でキレイに纏めたつもりが…目を剥きました。
あ、あんなのお一人で捌かれた事があるんですか??
環境が整ってて、料理のプロがやっても最後にはグッタリしていたのに…(食べる時には生き返ってましたが。流石の美味しい物パワー)

duckbillさんは本当に何者なんでしょうか…。ちょっとつつくと、すぐこんな逸話が出てくるなんて。
何故だかわかりませんが、やられた感一杯で、少し悔しい気持ちがしますw凄いですw

ハーバル:2012/05/26(土) 22:38 | URL | [編集]

> ハーバルさん
巨大アンコウって聞いて、そういえば格闘したことがあったなぁって思い出してしまいました(笑)
変わったことってやっておくものですね~。話のタネにもなるし(笑)
大変だったけれど、結構楽しかったのです。
ひっくり返してお腹を向けると、なかなかユーモラスで、腹鰭が赤ちゃんの手みたいですご~く可愛いんです♪

単に食い意地の張ったオッサンですよ~(^^)/

duckbill:2012/05/27(日) 01:40 | URL | [編集]

偶然たどり着きました。
いい食材を見つけられましたね。
私もいつか食べてみたいです!
調理も上手でうらやましい~

ナノ:2012/10/16(火) 16:16 | URL | [編集]

> ナノさん
初めまして。コメントありがとうございます♪
少し前までは、こんな値段では手に入らないカレイだと思っていたのですが、ラッキーでした。
身に歯ごたえがあって、旨みも強く、美味しいカレイです。
放流なされている方々のご努力もあって、流通量も増えてきているのかも知れません。
近いうちに食べられる機会がありますように。(^^)
これを機会にちょくちょくいらっしゃって頂けたら嬉しいです。

duckbill:2012/10/16(火) 20:00 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL