• « 2017·09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »

------- お知らせ -------

私も所属している東京きのこ同好会が主催する「第10回きのこ展~森の妖精達と遊び、学ぶ~」が、9月29日(金)~10月/1日(日)の3日間に渡って、多摩センターの パルテノン多摩特別展示室で開催されます(入場無料、販売等は一切ありません)。
膨大な数の食・毒・猛毒な生の野生きのこが展示されます(前回の様子)。
話のタネに猛毒きのこを見にきてね~♪(私duckbillもきのこ展実行委員をやっていま~す)
 ※お友達へお願い♪ ブログ、FB、Twで拡散希望だよ~♪


2012’07.05・Thu

続5・野のキノコ

時間を見つけては良く里山を散策します。・・・いや散策というより探検に近いのかも知れません(笑)。
MAPに無い道や獣道のような細い道、耕作放棄され道が殆ど埋もれている谷戸、何処に続くのか、どんな景色が出てくるのかどうにも気になって、必ず分け入っては、あっちへウロウロ、こっちへウロウロと、かなりアップダウンのある里山道を早足で15km、4時間くらい歩いて(さまよって?)帰ってきます。
散策中は色々な動植物を目にします。
常々キノコに詳しくなりたいと思っているので、それが食べられるキノコであろうと、食べられないキノコであろうと、散策に見かけたキノコは写真を撮って、後でNETや図鑑で調べ、できるだけ何のキノコであるか推定をしています。
勿論まだ知識が無いので、推定できなかったり、推定間違いだったりすることも多い筈です。
掲載したキノコのそんなケースで、正しいキノコ名をお判りの方がおられましたら、ぜひにも教えて頂けると大変嬉しいのです。・・・宜しくお願いいたしますm(_ _)m           前回はこちら



6/10日
この日はちょっと遠出の散策で、八王子の滝山城跡に向かう里山道で発見したキクラゲです(下写真)。
袋を持っていなかったので、採集はあきらめましたが、全部収穫して乾燥保存したら、1年分は間に合うような量です(笑)。

IMG1206101.jpg


ところで、乾燥品で出回っているキクラゲのほぼ100%は中国産です。
最近は国内で菌床栽培された生キクラゲが出回るようになりました。
でも菌床栽培は菌床内の栄養だけで育ちます。
なので、使った菌床自体が中国産なら、何処で栽培しようと実体は中国産に他なりません。
事実、中国からは大量の菌床が安価で輸入されています。
勿論、国産菌床も有りますが、私達がスーパーや産直で購入する菌床栽培キノコに使われた菌床が、国産なのか中国産なのかを知る情報はありません。
その点、この野のキクラゲは、まごうこと無く国産のそれも原木キクラゲです。



6/17日
近くの古道まで、イグチ科のキノコがそろそろ発生していないかどうか、見に行きました。
この古道では、去年の秋に、色々なイグチを見つけています。
残念ながらイグチは見当たらなかったけれど、枯れ株に径1cm位の小さいキノコがビッシリ発生していました。
ヒメカバイロタケに思えますが、どうでしょうか(下写真)。

IMG1206170.jpg


キクラゲも発見!・・・というより、ここは以前からのキクラゲ採集箇所の一つです(下写真)。
これは夕食用に採集(笑)。

IMG1206171.jpg


不明のキノコも発見(下写真2枚、同じキノコです)。
直径4~5cm位で傘裏はヒダ。柄は細長く、ツバ、ツボともなく中空タイプ。
ナヨタケ属のイタチタケのように見えますが、この手は似たようなのが色々あります。
イタチタケなら可食ではあるけれど、わざわざ食べるほどの価値は無いような気がします。

IMG1206172.jpg

IMG1206173.jpg




6/24日
自宅そばの植え込みの陰に、正体不明なキノコを発見。
直径3~4cm、傘は乾いた表面、傘裏は粗くないヒダ、柄はツバ、ツボとも無し。(下写真)。

IMG1206242.jpg


割ってみると、柄は虫に食べられていて少し中空に。傷つけての変色性は無い。
形からはベニタケ属の幼菌に思えるのですが、香りは美味しいキノコの香りです。
味は確かめていません(下写真)。

IMG1206243.jpg




7/1日
やはり、ちょっと遠出の散策中に見つけたヤマドリタケモドキと思われるイグチ系キノコ。
ヤマドリタケやヤマドリタケモドキは、イタリアではポルチーニ、フランスではセップと呼ばれる超高級キノコです。
直径12cm、傘裏は密な管孔で白。太い柄は全体に網模様で、傷つけての変色性は無し。
匂いはポルチーニのような良い香りで、少し齧って味を見てみたら(味だけを見て吐き出します)、全く苦さは無く、バターっぽい香りがする美味しい味。
ヤマドリタケモドキで間違いないと思います。
採集した時は、虫食いもなく、形も綺麗な、いかにもヤマドリタケモドキの形だったのだけれど、この日はカメラを持っていなくて、背中のバックパックに入れて持ち帰ったら、中のMAP類に何度も押しつぶされたらしく、惨めな姿になっていました(下写真2枚、傘面と管孔面)。(^^;ゞ

IMG1207010.jpg

IMG1207011.jpg


塩水に漬けて、虫だしをした後(殆ど虫はいませんでした)、お昼の蕎麦(鶏とポルチーニ茸の温蕎麦)で頂きました(下写真)。
たった一本でも、随分な量で、一人分には十分です。
何故一人分かと言えば、万が一毒キノコだった場合、夫婦揃って食中毒なんてシャレにもなりませんから、私の分だけで、家内の分はありません(笑)。
もっとも、どうしても食べたがったので、一切れだけ味見にあげました(笑)。

IMG1207012.jpg


味は申し分ない味。
傘の部分は、ツルっとした食感に、バターのような香りが加わった素晴らしい味。
そして柄の部分はちょっとシャキッとして、時々乾燥ポルチーニのような香りが鼻腔を抜けていきます。
勿論、食当たりなどはしませんでした(笑)。

もうヤマドリタケモドキが採れる時期になったということですから、機会を見つけては探さないと。(^^)

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorieきのこ・山菜  トラックバック(0) コメント(6) TOP

Next |  Back
キノコ美味しそうですね!
家の周りに自然公園体の雑木林があるのでキノコはよく見かけるのですが、
さすがに自分で採ってきて食べるのは無理です(^^;)
先日のアミカサダケの記事をみて、あーこれなら散歩の途中で沢山見た!と
急いで現場に行きましたが、とき既に遅しで縮れて崩れ落ちてましたorz
来年は忘れないようにチェックです。

水耕栽培中のエヴァーグリーン他なのですが、ワッサワッサ伸びて絶賛つるボケ中です・・・
液肥はEC1.8くらいなのですが、薄くしたほうがいいのでしょうか?
このまま実を付けずにエヴァーグリーンカーテンで終わってしまわないか心配です(^^;)

かぼぅ:2012/07/05(木) 12:22 | URL | [編集]

キクラゲ見つけましたねー
スゴイデスネー

ヤマドリタケモドキ、おめでとうございます。
凄いすごい。

嵌りましたねー、今年の秋採りに来てくださいね。

わらび:2012/07/05(木) 12:36 | URL | [編集]

なんと!食べちゃったんですか~
キノコは万が一があるから怖い・・・
気をつけてください~~(゚A゚;)

nakura:2012/07/05(木) 14:34 | URL | [編集]

> かぼぅさん
キノコは怖いですよね~!
私も自分の判断で採集して食べられるのは、他に紛れようがないちょっとの種類だけです。
アミガサダケは、形が異様ですが、返って紛れようがないので、安心です。
採集できる期間はとても短い期間(多分2週間くらい)ですから、来年逃さず採集してください。(^^)
乾燥させるとずっと保存できるし、乾燥品の方が香りは高いようです。

今の季節でEC1.8はエバグリーンにはちょっと高いと思います。
我が家はEC1.3で暴れ気味だったので、今は1.0を与えています(ちょっと薄い気味)。

> このまま実を付けずにエヴァーグリーンカーテンで終わってしまわないか心配です(^^;)
何とか酷暑の前に着果させたいですね。
酷暑になると、今度は開花してもなかなか着果せず、さらに心配になるかも知れませんが、普通に酷暑を乗り切れば9月ころからは、結構着果始めます。

duckbill:2012/07/05(木) 17:29 | URL | [編集]

> わらびさん
キクラゲを見つけるのは随分うまくなりました(笑)

念願のヤマドリタケモドキ、採れました~♪
やっぱり凄いオーラーがあるキノコですね。
ハナイグチもそうだったけれど、やはりバターっぽい風味があって、何だかますます嵌りそうです(笑)

今年の秋もまた教えて下さいね♪

duckbill:2012/07/05(木) 17:30 | URL | [編集]

> nakuraさん
キノコは私も怖いですから、今の所、食べられるのは、紛れようが無い数種類だけです(笑)。
このヤマドリタケモドキは憧れのキノコだし、齧って味もチェックしたので、今回はちょっと自信有りでした。(^^)v

duckbill:2012/07/05(木) 17:31 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL