• « 2017·09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »

------- お知らせ -------

私も所属している東京きのこ同好会が主催する「第10回きのこ展~森の妖精達と遊び、学ぶ~」が、9月29日(金)~10月/1日(日)の3日間に渡って、多摩センターの パルテノン多摩特別展示室で開催されます(入場無料、販売等は一切ありません)。
膨大な数の食・毒・猛毒な生の野生きのこが展示されます(前回の様子)。
話のタネに猛毒きのこを見にきてね~♪(私duckbillもきのこ展実行委員をやっていま~す)
 ※お友達へお願い♪ ブログ、FB、Twで拡散希望だよ~♪


2012’07.23・Mon

ベランダ菜園の状況0723

ベランダで水耕栽培しているトマトやペッパー類他の状況です。

7/16日
コストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)を2個(155.8g)収穫しました。
コストルート・ジェノベーゼはこれが今期初収穫です。
大玉なのに小さなサイズになってしまったのは、8個も着いてしまった第1果房の実なので、しょうがない(笑)。
高プリーツが特徴のコストルート・ジェノベーゼですが、そういう実も着いているけれど、第1果房の実は全部こんな感じのつるっとしたまん丸です。
白ミニトマトのスーパー・スノー・ホワイト(Super Snow White)も1個(25.0g)収穫。
合わせてハラペーニョ(chile Jalapeño)2個と、チレ・セラーノ(Serrano Tampiqueño)1個も初収穫。
ほら!トリコローレになっているでしょ!(下写真)
イタリア贔屓の私は、当然収穫物もトリコローレになるように常に計算しています。<(`^´)>エッヘン
えっ!ほんとかって?
勿論、大嘘に決まってるっしょ!・・・単に株に負担を掛けないように、ハラペーニョとセラーノ初果は早めに収穫しただけです。(^^;ゞ

IMG1207161.jpg


ハラペーニョとチレ・セラーノはPETボトルのまま冬越しさせた2年生の株からの収穫です。
もともと、ハラペーニョとセラーノはサルサ用に育てています。
初収穫ですから、コストルート・ジェノベーゼとハラペーニョを使って、早速サルサベースの冷蕎麦で頂きました(下写真)。(レシピはこちら)
今年のコストルート・ジェノベーゼもなかなかいい味です。

IMG1207162.jpg






7/18日
コストルート・ジェノベーゼを3個(178.7g)、スーパー・スノー・ホワイトを3個(55.6g)、色白プチ太郎Jrを1個収穫(下写真)
一番右側は白トマトではなく、色白プチ太郎Jr(多分ミニパプリカの類)で、今期初収穫。
着いたままにしておくと、赤に色変わりするのですが、株がまだ小さいので、負担を掛けないように早採りしました。

IMG1207180.jpg






7/21日
コストルート・ジェノベーゼを2個(136.9g)、スーパー・スノー・ホワイトを3個(87.7g)収穫(下写真)。
今回のスーパー・スノー・ホワイトは一番大きいものは、ほぼピンポン玉サイズですが、重量は30.3g。
種元が書いているような55~60g/果には、どうしてもなりません。

IMG1207210.jpg






7/23日
去年まで育てていたサンマルツアーノ・ルンゴ(San Marzano Lungo)に代えて、今年は原種のサンマルツアーノ(San Marzano)にしています。
そのサンマツツァーノも初収穫です。
ルンゴと比較すると随分大きいし、形も少し横に広い形状です(下写真)。

IMG1207230.jpg




この日の収穫は、そのサンマルツアーノ1個(65.9g)とスーパー・スノー・ホワイトを5個(116.1g)です(下写真)。

IMG1207231.jpg


サンマルツアーノ・ルンゴは尻腐れやすかったけれど、原種のサンマルツアーノもそのようです。
尻腐れが出始まりました(下写真)。

IMG1207211.jpg




次にPETボトル水耕栽培しているペッパー類で、先回の記事では登場しなかった分です。

ガブリエルJrもいよいよ着果始めました(下写真)。
フルーツのような高糖度を売りにした赤パプリカですが、その巨大なサイズも十分に売りです(巨大なガブリエルの記事)。
でもガブリエルは元々F1種で、私の育てているのはこの巨大なガブリエルから自家採種したものを蒔いたものです。
F1種の種ですから、親のようになるとは限りません。
さてさて、どんな物に育つのでしょうか?(笑)

IMG1207232.jpg


先回はまだ着果していなかった、フィッシュ(Pepper Fish)もようやく着果しました(下写真)。


IMG1207233.jpg


こちらも先回はまだ着果していなかった、1年生の(今年苗)セラーノ(Serrano Tampiqueño)が着果しました(下写真)。

IMG1207234.jpg


先回収穫した2年生のセラーノはもうどんどん着果しています。
ペルー・イエロー(Peru Yellow Hot Peppers)は写真は載せないけれど現在開花中。
こちらは小さくて開花まではまだまだかかる硫黄島唐辛子(下写真)。

IMG1207235.jpg


さらに小さくてまだまだなアヒ・デュルセ(Aji dulce)(下写真)。

IMG1207236.jpg


唐辛子類同様にPETボトル水耕しているスイートバジルと青シソ。
脇芽を伸ばしてボリュームアップさせるため、頂芽を摘んだばかりです(下写真)。

IMG1207237.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(10) TOP

Next |  Back
サンマルツァーノ面白い形ですね。
やはりいろんな種類があると楽しいですね。来年はチャレンジしてみたいです。
畑のピーマン類はなぜかあまり育ちがよくないです。
温度がまだたりないのでしょうか?
獅子唐は花はいっぱいですが落花すると黄色くなって着実しません。これから本格的な暑さなのでこれからを期待してるんですが。
野菜作りも結構難しいですね。

どれだけ採れたのか記録しておくべきでした。

ポメマル:2012/07/23(月) 23:56 | URL | [編集]

> ポメマルさん
サンマルツァーノ系は加熱ではやっぱりダントツの美味しさですから、ぜひお奨めの品種です。
ピーマン類は初期の育ちが遅いけれど、大きくなり始めたらグングン来る筈。
地上で成長していない今は、地面下で根を充実させている段階(と思いたい、笑)。
根部が充実したら、肥料をタップリ吸い上げ、地上が一気に成長始めます。
花はいっぱいだけれど着果しないで黄色になって落ちるのも、実をつけるのには根の充実がまだ不十分なケースでも有りえます。

一通りやってみると、難しいものと簡単なものが判ってきます。
個人的な実感では
簡単:大根、ジャガイモ、サツマイモ、サトイモなど
普通:トマト、ピーマン、キュウリ、カボチャ、スイカ、ブロッコリ、苗からのネギなど
やや難:人参(初期の間引き)、種からのネギ(初期の苗作り)、玉葱、白菜(玉にする)、キャベツ(玉にする)など

duckbill:2012/07/24(火) 09:28 | URL | [編集]

いろいろ収穫が始まってるんですね^^
duckbillさんのところは長く収穫できるから、まだまだこれから!って感じですよね。
頂いた種から育ててるコストルートはプリーツがなみなみでだいぶ大きくなりました^^v
ルンゴはやっぱお尻が茶色くなってます...
炭酸カルシウムを水に溶いて上澄みをかけるといいらしいので、今度やってみようと思ってます。

フィッシュ、着果してますね~
いいなぁ、うちのは根元までガッツリ鹿に食べられたんで(涙)
種がいっぱいとれたら分けててください!
そうそう、チレ・カリフルニアはネットの中で育ててるんで
大きい実がいっぱい付いてます^^

Ms.るぅ:2012/07/24(火) 19:30 | URL | [編集]

> Ms.るぅさん
そう、私の所はトマトも秋冬がメインなので、今はまだ始まったばかりです。
あぁ、高プリーツでいいですね(笑)。
我が家のコストルートは何だかまん丸が多くて(^^;ゞ
ルンゴは土でも尻腐れやすいのですね~。
でもルンゴの尻腐れはブヨブヨならないタイプなので、尻腐れたところを切り取ると、残りは食べれて、尻腐れ果はかえって甘かったりします。

フィッシュ、この後も続々着果始めました。
ペルーも着果したみたい♪
こちらで今年、フィッシュやペルーの種更新が出来たら、差し上げますね。(^^)
チレ・カリフォルニアは辛くなく、甘いチレ。沢山収穫してください。(^^)

duckbill:2012/07/25(水) 01:11 | URL | [編集]

それにしても収穫が始まるとにぎやかでいいですね!
うちはようやくスーパースノーホワイトに実が
着き始めました。フィオレンティーノもですが
今エンジンがかかったような状態です。やっと
まともに花が咲きはじめたのです。

nakura:2012/07/26(木) 01:15 | URL | [編集]

> nakuraさん
トマトが採れ始まると、急に華やかになります(笑)
土耕のスーパースノーホワイトはどんな味になるでしょうか?何だか楽しみです。
先回はクリーム色で収穫して味見をしたのですが、その後何日か室内追熟させると、クリーム色にちょっとだけ透明感が出てきて、味もなかなか♪
土耕や秋冬水耕なら、結構美味しいトマトになりそうな気配ありありです。

酷暑の期間は、落花がどうしても多くなるので、今のうちに出来るだけ着果させたいですね。(^^)

duckbill:2012/07/27(金) 08:48 | URL | [編集]

こんもりバジル綺麗ですね♪

うちのバジル徒長と手入れ無しにしていたら、地這バジルになっちゃいましたよ(笑)

semirey:2012/07/28(土) 15:13 | URL | [編集]

獅子唐は実ができ始めました。

やや難の人参の種を播きました。すぐ芽が出始め最初の間引きをやりました。今は葉が4枚ほどになったので2度目の間引きを来週やります。
ネギは小さいネギになりつつあります。
リーキも種を取り寄せたので種まきには時期が少し遅いようですが撒いてみます。

シビランなかなか大きくなってきませんでしたが暑くなってきたからか少し伸びてきました。
種からは時間かかるものがあるんですね。

ポメマル:2012/07/28(土) 23:38 | URL | [編集]

> semireyさん
主なところの頂芽をみんな摘んだので、これからさらにこんもりとボリュームアップしてくれる筈。(^^)

あはは!地這いバジルになっても味は一緒(笑)。

duckbill:2012/07/30(月) 01:20 | URL | [編集]

> ポメマルさん
シシトウは食べきれないくらい、どんどん採れますよ。(^^)
人参は密に蒔いてしまうと、間引きが面倒臭くて、ついつい手を抜いて、よく失敗しました(笑)。
マメに間引きをすれば、しっかり収穫できる筈。
ネギは売っているネギ苗のサイズまで持っていくのが、ほんとに大変。
私は一度も上手く出来たことが無いです(笑)。
シビラン、私もこの前蒔いたのですが、芽も凄く小さくて、何だか消えそうです。(^^;ゞ

duckbill:2012/07/30(月) 01:21 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL