• « 2017·11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
2012’07.31・Tue

でかいぞ、グレイトホワイト!他

ベランダでトロ箱水耕栽培している超大玉白トマトのグレイトホワイト(Great White)の今年の初果を収穫しました。
でかいです!
片手サイズよりでかかったりします(下写真)。・・・7/24日

IMG1207240.jpg


初めての500g超えか?と期待したのですが、
・・・・残念!458gでした(下写真)。
一昨年の初果で476gを記録しているので(その記事)、これはこれまでベスト2の記録です。

IMG1207241.jpg


その翌日、前日のよりはちょっと小ぶりのグレイト・ホワイト(387.0g)をもう1個収穫。
そしてコストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)を1個(60.7g)、スーパー・スノー・ホワイト(Super Snow White)を2個(42.9g)、札幌大長を8本収穫(下写真)。・・・7/25日
札幌大長は初収穫です。

IMG1207251.jpg


前日とこの日と続けて収穫したグレイト・ホワイト2個を、並べて見ました(下写真)。
この2個は、どちらも第1果房に着いていたもの。
並べて置いたこの写真で判る通り、並んでつくにはツルの長さが随分長く伸びないと無理です。
ツルの長さが足りず、結局、この2つは向かい合って垂直についていました(その写真)。
458.0gと387.0gなので、第1果房だけで845gですから、支えるツルも大変です(笑)。


IMG1207250.jpg


室内で2日追熟させた後、最初のグレイト・ホワイトを切って味見をしてみました。・・・7/26日
これまでのもそうですが、見たとおり種のあるゼリー部に比較して、果肉の部分が凄く多いトマトです。
昨年までは種の部分はもう少しゼリーが多かったと思うのですが、今年は空洞部分が目立ちます(下写真)。
味はトマトらしくないちょっとフルーツのような味で、酸味の方がちょっとだけ勝る、酸味も甘みもある味です。

IMG1207260.jpg




トマトの肥大スイッチの話

これはコストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)の7/13日の第1果房の状態です。
この第1果房は大玉なのに沢山花をつけて、ミニトマト並みに8個も肥大しているのですが、よく見ると肥大していない実が3個あります(下写真赤矢印)。

IMG1207130.jpg


これら3個の実は着果しているので、全く肥大しないからといってガクごと落花したりはせず、単に休眠状態です。
畑で栽培していた時は特段気づかなかったのですが、ベランダで水耕栽培している大玉トマトではよく目にするのです。
大玉トマトではミニトマトのように一つの花房に沢山実をつけてしまうと、ツルにかかる加重でツルが持たなかったり、十分な栄養供給に無理があるのですから、肥大する果数を制限するこのような機能を進化の過程で身につけてくることは十分考えられます。
余分なこれらの果を休眠ではなく、落花や落果であっても良いように思えますが、種を残すのが植物の目的ですから、受粉に成功した貴重な果は保険として、しっかり確保する戦略なのでしょう。
果数を制限する割には、この第1果房の例では8個もついてしまったのですから、そもそも着き過ぎです。
どうしてこんな例がでるかに関しては、これまでベランダで水耕栽培した、色々な大玉トマトの例を見て、想像できたことがあります。
植物のスイッチは大抵不可逆に思えます。
スイートバジルのトウ立ちスイッチなどはその良い例で、開花、結実に十分なエネルギー供給が確保できて(株が充実して)初めてトウ立ちが開始するのですが、一旦トウ立ちスイッチが入った株からの挿し芽は、新しい芽がみなトウ立ちしてしまいます。
挿し芽によって、またエネルギー供給が不十分な状態に変わったのですから、本来はトウ立ちスイッチがリセットされてもいい筈なのですが、一旦入ったスイッチは不可逆なようです。
大玉トマトにおいては、着果をして肥大スイッチが入り、肥大が始まった一定タイムラグの後に、肥大スイッチが入るのを制限する物質が出されるのか、又は肥大スイッチが入るための物質が止まるか(エクサイターとしての関与かインヒビターとしての関与かのどちらか)、どちらにせよその果房での新たに肥大スイッチが入るのを制限されるような形式に思えます。
つまり一つの花房の中で、最初の花が着果して後、一定タイムラグの間に着果した実は肥大を開始し、その間に間に合わず遅れて着果した実は肥大スイッチを止められて休眠するといったメカニズムのように思えるのです。
実際、8個も着いてしまったコストルート・ジェノベーゼのこの果房は最初の8個の開花が殆ど同時でした。
で、このような休眠状態の実、長い間、たとえば半年位、このままの後、ある日突然肥大を始めたりします。
同じ果房の実がなくなって負担が軽くなった時であったり、供給液肥を濃く変えた時であったり、痛んでた根が新生してき吸肥能力が上がった時であったり、要は実の肥大を開始しても十分育てられるとトマト自身が判断(人間の判断メカニズムとはちょっと異なるけれど)した時に、肥大スイッチが入るように思われます。

この第1果房の休眠果のその後は、案の定、第1果房の肥大していた実、8個を全部収穫した直後から、肥大スイッチが入ったらしく、3個中2個が肥大を開始しました。
着果から2ケ月近く休眠しての肥大開始です(下写真)。

IMG1207280.jpg




いつもお世話になっているMs.るぅさんから、サボイキャベツの種を頂きました(下写真)。・・・7/27日
私はサボイキャベツが好きで、叔母に頼んで栽培してもらったのですが、手に入れた苗が縮みが少ない種類だったらしく、あまりサボイキャベツらしくなかったのです(その記事)。
なので今年は自分で育苗しようかと思っていた矢先でした。
Ms.るぅさんには以前からペッパー類など色々な種を頂いています。
Ms.るぅさん、早速播種しました。ありがとうございます。m(_ _)m
うまく育苗できたら、叔母に送って畑で栽培してもらうだけじゃなく、一株はベランダで水耕栽培でやってみようと思います。

IMG1207270.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(16) TOP

Next |  Back
今年も凄いのが採れ始めましたね、
やはり初生りは大きいですね500gオーバーが収穫出来るのは何時でしょうか。

所で、キャベツなども水耕栽培で結球するものでしょうか知識が無く良く分かりません。

サボイキャベツ土耕で作ってみたいです。

わらび:2012/07/31(火) 12:00 | URL | [編集]

惜しいっ!!(笑)
いやぁ、しかし、
duckbillさんのトマトは、大きく肥大しますねー(*^-^*)
同じ液肥のはずなのになぁー。

トマトの肥大スイッチ、本当にそんな感じがします。
今、フィオレンティーノも2個づつ肥大して、あとはペンディング…という感じになってますよ。1つ収穫すると、肥大が始まったりして。
畑のほうは確かに、もう訳の分らん状態まで実が着いてしまうのですが、ベランダ水耕は、バランスを保ちながら育っている感じがします。

良いんですけどねぇ、一気に肥大してくれても。(笑)

Naomi:2012/07/31(火) 12:50 | URL | [編集]

知らないで見ると、白いかぼちゃと言ってしまいそうな大きさです。
スイートバジルのトウ立ちスイッチのお話は全然知りませんでした。
とう立ちしそうだから、早く挿しておかなくちゃと思っても、もう手遅れなんですねφ(*-.-*) メモメモ

いずみ:2012/07/31(火) 14:54 | URL | [編集]

すごい・・・(゚o゚)
でも色のせいか、なんか気持ち悪いでかさですね。(゚.☆)ばきっ!
たぶんに妬みスイッチが入ったもようです。(笑)

肥大スイッチ・・・なるほど。。。φ(..)メモメモ
うちのトマトの開花スイッチはどこにあるんだろう。。。f(^^;)

バジルのスイッチも知りませんでした。f(^^;)
さらにドクガのアドバイスも感謝です。m(__)m

ボーッと見てるだけじゃダメなんですねえ。_|~|○
以後気をつけよっと・・・。f(^^;)

akkyan:2012/07/31(火) 16:28 | URL | [編集]

> わらびさん
グレイト・ホワイトはやっぱり採り甲斐があります。
500gオーバーはいつ出来ますでしょうか(笑)。
グレイト・ホワイトも3年目ですから、そろそろ超ビッグサイズを採ってみたいものです。

水耕栽培でも結球はしますよ。土よりは(というより畑よりは)難しいかも知れませんけど。

サボイキャベツ、晩秋、春先採りは虫害が無いので、栽培しやすい筈。
うまく苗が出来たら差し上げますね。

duckbill:2012/07/31(火) 23:30 | URL | [編集]

> Naomiさん
500gは行ったと思ったのになぁ・・・(笑)
我が家の方が大きく肥大するのは、ベランダが真南向きなので、日照条件が良いせいかも知れませんね。

あっ、やっぱり!ベランダ水耕の大玉トマトって、休眠果がでますよね~。
ベランダのトマトは毎日見ているので、色々気づくことも多く、トマトに対して「おまえも色々考えてるんやなぁ~!」なんて思っちゃいます(笑)。

duckbill:2012/07/31(火) 23:32 | URL | [編集]

> いずみさん
確かに。トマトって書いてなきゃ、色も変だし、何だか判りませんね(笑)。

挿し芽して冬越しさせたことがあるのですが、折角大株になっても最初から、芽と言う芽がみなトウ立ち芽で、葉も固いし、散々でした(笑)
トウ立ちする前なら、挿し芽でトウ立ちを遅らすことが出来るかもしれません。(^^)

duckbill:2012/07/31(火) 23:33 | URL | [編集]

> akkyanさん
その妬みスイッチもやはり不可逆?(笑)
確かこのスイッチは特にコストルート・ジェノベーゼが他所で沢山着果したりすると入りやすいやつだったですよね~(爆)。

> うちのトマトの開花スイッチはどこにあるんだろう。。。f(^^;)
頭の後!あっ、あれはヤル気スイッチだったかなぁ(笑)

そうそう、もう一種、ゴマフリドクガもソックリで、モンシロドクガ同様にブルーベリーが食草で、毒毛針も同じです。
この毛虫だけは早めに全滅させといた方が良いようです。(^^)

duckbill:2012/07/31(火) 23:34 | URL | [編集]

でっか!カボチャ?
たぶん知らずに出されたらトマトと気づきません。
たぶん食べて「?」。
200グラムで大きいと感動していた自分がいます。

肥大化スイッチの話、面白いですね。
その物質の分離ができたら特許でうはうはですなあ。
こんな仮説はどうでしょう。
肥大化の止まるやつって上向いてませんか?
茎やら根やらの屈曲はオーキシンやらジベレリンやらの濃度での生長阻害で起こると習った気がします。
おんなじ様な考え方で比重の大きい肥大促進物質のレセプターが実のチップにあって、下を向いた実は肥大促進物質が下のほうにたまり、レセプターに受容されて肥大するの。
先行していくつか肥大すると残りの実は下を向けないから肥大が止まる。肥大した実がいなくなると肥大が止まっていた実も下を向けるから肥大が開始すると。
実の柄も光か重力かで屈曲するのかな。

・・・違うか。

上を向いて肥大が止まったウチの笑うトマトから妄想しました。


!、チップバーンの秘密もココに!

rune:2012/08/01(水) 00:28 | URL | [編集]

ホワイトでかっ!!
出来る方が育てるとこんなに成長してくれるんですね♪先生♪
私、育てやすいと言われるミニトマトの鈴なりが目標ですよ~(T▽T)

ゲゲΣ(^Д^;)
我が家の地這バジルは「トウ立ち這」ですね(^_^;)
そんなスイッチがあるなんて思いもしませんでした(@_@;)
いつも勉強になります。

semirey:2012/08/01(水) 10:08 | URL | [編集]

トマト大きいっ!!!!

そして、サボイキャベツの水耕栽培、興味シンシンです。

duckbillさんところの栽培は、サボイといい、唐辛子類といい、各種トマトといい、羨ましいばかりのラインナップですね♪

yaefit1500:2012/08/02(木) 01:08 | URL | [編集]

> runeさん
今日八百屋さんで白いカボチャを見ましたが、同じくらいのサイズでした(笑)。

> こんな仮説はどうでしょう。
> 肥大化の止まるやつって上向いてませんか?
成る程、新しい切り口ですね。(^^)
でも写真でもそうだけれど、特に上を向いているってことはなく、横向きが多いかなぁ。
それと、
> 先行していくつか肥大すると残りの実は下を向けないから肥大が止まる。
肥大スイッチが入らない実が、本来なら肥大始める筈の時期は、まだ下を向け無いほどには、先行果は肥大していないことが多いです。
でも、肥大スイッチとは別に、上向きが色々なことに影響を与えるのは、確かなような気がしますよ。
例えば、完全に上向きに咲いた花は、着果しにくいように感じています。
それと尻腐れなども向きの影響が有りそうかなぁ。(-ω-;)ウーン

duckbill:2012/08/02(木) 02:25 | URL | [編集]

> semireyさん
でかいでしょ♪ やっぱり超大玉トマトは栽培し甲斐が有ります。
私が育てたせいじゃなく、超大玉な種類だからですよ(笑)
それに我が家のミニトマト(スーパースノーホワイト)はちっとも鈴なりになりませんし(笑)。

そうなんです。一旦トウ立ちしてしまったバジルって葉も固くてえぐくなるし、挿し芽してもトウ立ちが続きます。

duckbill:2012/08/02(木) 02:26 | URL | [編集]

> yaefit1500さん
でかいっしょ(笑)。
サボイキャベツは水耕栽培に行く前に、まず苗作りがうまくいかなきゃ!(^^;ゞまだ発芽しないし
でもしっかり苗ができたら、面白いかもね♪

duckbill:2012/08/02(木) 02:27 | URL | [編集]

うわあ~、惜しかったっすね。
duckbillさんの手のひらサイズじゃないですかっ!
これでも500g以下なんですね(^^;

休眠果、分かります。
今年、初めて経験しました。
台風の頃に咲いてた花が枯れてしまったにも関わらず、まったく落ちないので不思議に思いつつもそのまま放置していたら、すべてのトマトを収穫した後、突然動き始めました。
現在、直径1cmぐらいになってます。
ほんと、いろいろ考えて生長してるんですね。

FOX:2012/08/02(木) 18:03 | URL | [編集]

> FOXさん
絶対500g超えと思ったんだけどねぇ(^^;ゞ
迫力十分なのに案外でした。

あぁ、やっぱり休眠果出てますね。
人間の思考とは違った思考メカニズムだけれど、トマトにも戦略もあるし、色々考えてやってるようです(笑)。

duckbill:2012/08/03(金) 01:37 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL