• « 2017·05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2012’08.10・Fri

ベランダトマトの収穫状況他0810

ベランダで水耕栽培しているトマトやペッパー類の収穫状況と近況です。

まずは収穫状況から、
7/29日
大玉緑トマトのエバーグリーン(Evergreen)を1個(110.0g)収穫。
このエバーグリーンは今期の初果です。
そして、白ミニトマトのスーパー・スノー・ホワイト(Super Snow White)を5個(119.2g)収穫。
チレ・セラーノ(Serrano Tampiqueño)3個、ハラペーニョ(chile Jalapeño)を1個収穫。

IMG1207290.jpg




8/1日
エバーグリーンを1個(69.1g)、サンマルツアーノ(San Marzano)を1個(81.7g)収穫。
そして白ピーマンを1個、札幌大長を3個、チレ・セラーノを7個収穫。

IMG1208010.jpg


ベランダの壁にトマトの干からびた葉が付いているので取ろうとしたら、蛾でした。
これはウンモンスズメというスズメガの仲間です。
写真よりも実物はまさに干からびた葉そのものに見えます。保護色で自分の身を守る手段なのですが、まさに自然と進化の妙です(下写真)。


IMG1208011.jpg




8/3日
コストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)を2個(210.5g)、サンマルツアーノを1個(51.7g)、スーパー・スノー・ホワイトを4個(101.3g)、エバーグリーンを1個(67.5g)収穫。
そしてチレ・セラーノを10個収穫。

IMG1208030.jpg




8/9日
コストルート・ジェノベーゼを6個(552.0g)、サンマルツアーノを1個(114.0g)、 エバーグリーンを4個(219.0g)、スーパー・スノー・ホワイトを4個(79.0g)収穫。

IMG1208090.jpg


エバーグリーンのサイズは本来こんなサイズではないのですが(通常は150g/個くらい)、根が茶色に傷んでしまっていて、吸肥もあまり無い状態が続いています。
まだ状態がが良い時に着果した実も途中から肥大できずに完熟してしまいました。
抜群な味のトマトなのですが、残念ながら味も本来の味は出ていません。
このトマトの栽培は本当に難しいです。秋冬トマトまでに何とか回復させたいものです。

この114.0gもあるサンマルツアーノのサイズはこんなサイズです(下写真)。
去年まで栽培していたF1種のサンマルツアーノ・ルンゴと異なり、原種のサンマルツアーノはサイズも重量もしっかり大玉トマトのようです。

IMG1208091.jpg


ここまでの収穫積算はトマト類が、
コストルート・ジェノベーゼが16個(1294.6g)、サンマルツアーノが4個(313.3g)、グレイトホワイトが2個(845.0g)、エバーグリーンが7個(465.6g)、スーパー・スノー・ホワイトが29個(671.3g)。
唐辛子類が、
札幌大長が11個、チレ・セラーノが20個、ハラペーニョが3個、色白プチ太郎Jrが1個、白ピーマンが1個。



次にペッパー類の状況です。
ガブリエルJr。
これは高糖度カラーピーマンF1ガブリエルの自家採種を育てているもの。
F1種の種ですから、親と同じものが出来る保証は全く無い。
でもついた実が成長してきたら、結構それっぽい形状になってきています(下写真)。

IMG1208092.jpg


これは白ピーマン。
第1果をちょっとだけ早めに収穫して、株の負担を軽くしたら、案の定何個もつき始めました(下写真)。

IMG1208093.jpg


ペルー・イエロー(Peru Yellow Hot Peppers)も大分着果し始めました(下写真)。

IMG1208094.jpg


色白プチ太郎Jrも初果を早めに収穫したら、何個かつき始めました(下写真)。
これはF1種の種の種からの栽培です(笑)。

IMG1208095.jpg


フィッシュ(Pepper Fish)も大分ついてはいるのですが、本来ストライプが入ったりする筈の実は、まだ緑一色のままです。(^^;ゞ
実の形はまさにフィッシュの形状なのですが、さてどうなりますでしょうか(下写真)。(笑)

IMG1208096.jpg


大分出遅れたアヒ・デュルセ(Aji dulce)もようやく、成長して来ました(下写真)。

IMG1208097.jpg


八百屋で売られていた赤ピーマンからの自家採種で育てた赤ピーマンJr(下写真)。
親の顔を全く思い出せないので、似ているのやら似ていないのやらサッパリです。
普通の赤ピーマンじゃ種を取ろうなんて思わないから、さぞかし変わった親だった筈なのですが、子供の方は至って普通、ただのピーマンのようです。(^^;ゞ

IMG1208098.jpg


既に収穫始めている札幌大長ですが、その後も続々着果中(下写真)。

IMG1208099.jpg


硫黄島唐辛子も随分縦に伸びて、そろそろ蕾がつく頃でしょうか(下写真)

IMG120809a.jpg


3日間ほど、恒例の白樺湖オフ会に出かけます。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(20) TOP

Next |  Back
とうがらし系は全部ペットボトルですよね。
2株も植えておられるのに、すっきりした株立ちですが、脇芽は剪定されているのですか?
来年はパプリカに挑戦してみたいので、ガブリエルの収穫がとても楽しみです^^。

いずみ:2012/08/10(金) 21:50 | URL | [編集]

好調ですね。
トマトの株数は負けていないつもりですが
収穫量が全然おいつかなーい。
これが経験値の差ってやつか。

色白プチ太郎はペットボトルですかね。
F2ってどうですか。
親形質がたぶんランダムに出ると思うんですが。
キュウリのF2とか抱えてるんですがせっかく優勢掛け合わせF1なのに
F2で戻るかなーとか思うと、安牌F1を播いてしまいます。


rune:2012/08/11(土) 01:44 | URL | [編集]

duckbillさんとこの唐辛子系は、見てて楽しいですね♪
色白プチ太郎も、親とその親に似たのが生まれたようで。
duckbillさんちで見ると、なんだか上品で不思議。笑

白樺湖オフ会の写真、毎度楽しみにしています。
今回は、どんなお料理が並ぶんでしょー♪♪♪♪♪

yaefit1500:2012/08/11(土) 16:24 | URL | [編集]

duckbillxy
ピーマン 種類が一杯
楽しそうです

ryuji_s1:2012/08/12(日) 12:51 | URL | [編集]

> いずみさん
そう、全部PETボトルです。
剪定はしていません。
場所が無いところに多数のPETボトル栽培なので、全PETボトルが、隙間無く隣り合っての栽培になっています。
本来ならもう少し横にも広がって大株になり、収穫量も期待できる筈なのですが、横に広がるスペースがなく、日照も取り合いですから、自然と縦にばかり伸びてすっきり?(笑)してたりします。(^^;ゞ
F2ガブリエルは今の所、意外にも、F1ガブリエルにソックリです。
後は真っ赤になって収穫した時に甘い味も引き継いでいるかどうかですね。(^^)

duckbill:2012/08/13(月) 23:29 | URL | [編集]

> runeさん
5種5株の全部が好調にはならないけれど、どれかが調子を崩している時は、大抵どれか他のが好調なので、何とか収穫できています。

色白プチ太郎はペットボトルです。
確か色白プチ太郎自体がF2なので、我が家のこれはF3?(笑)
色白プチ太郎の親はyaefit1500さんしか判らないけれど、確か色白プチ太郎とは全然違った筈。
でも子、孫は私もランダムにバラツクと思っていたけれど、子(色白プチ太郎)はばらつき無く揃っていて、孫(色白プチ太郎Jr)も色白プチ太郎ソックリです。
ミニサイズの白パプリカで、途中で赤く変わるから、1株で紅白が楽しめるミニパプリカ。なかなかいいです(笑)。

duckbill:2012/08/13(月) 23:30 | URL | [編集]

> yaefit1500さん
あれ!色白プチ太郎の親って、オレンジパプリカじゃなかったでしたっけ?(笑)
色白プチ太郎Jrなかなかいいですよ♪
少し長くつけとけば赤くなる筈だから、色白プチ太郎同様、紅白が楽しめるミニパプリカになる筈。

白樺湖オフ会、今回も素晴らしいものでした。
写真を整理するだけで、何だか大変そうです(笑)。

duckbill:2012/08/13(月) 23:31 | URL | [編集]

> ryuji_s1さん
いつもありがとうございます。
ピーマン類、ちょっと変わったものばかりだけれど、いい感じに育ってきました。
パスタにも使えそうで、楽しみです。

duckbill:2012/08/13(月) 23:32 | URL | [編集]

ベランダ水耕栽培恐るべしですね。(*^_^*)

地植えのあきさよ菜園のトマトは東に植えた桃太郎が何故か枯れ始めています(T_T)
西に植えたミニトマト、赤とアイコは元気なのに?
ハダニ?と疑って調べても見つかんないし・・・まぁ10個は採取できたから良いか。。。

でも、その近所の山椒や、まだ若いキーウイも葉っぱが茶色くなって枯れかけてる?。。。酷暑が続くから毎日お水はたっぷりあげてるのに・・・なんでなん?
ううぅ(T_T)

無農薬の自然栽培ですから、こんなこともあるっちゃ、ま、しゃーないわ(^_^;)

あき:2012/08/14(火) 21:01 | URL | [編集]

> あきちゃん
ベランダで100%自給するくらいトマトを収穫するには水耕栽培以外ないです。(^^)
大玉トマトは、土耕でなら20~25個/1株収穫できたら大成功。
でもベランダ水耕では100個/1株くらい採れたりしますよ。

桃太郎が枯れ始めているのは、ひょっとして茎や葉が茶色になっていません?
トマトの無農薬栽培では、何処かで必ずサビダニが発生しますから、たぶんそれのような気がします。

duckbill:2012/08/15(水) 00:33 | URL | [編集]

duckbillさんところには、変異?した親玉の種をプレゼントしたので、duckbillさんとこの去年のがJr.で、だから、この子は孫・・・ってカウントしていました。

そうそう、オレンジピーマンだったんですよね。
どこがどうして、こんなことになったんだか。
植物って面白いですねぇ。

最近は血統書付ばかりを栽培していますけど、また食べた野菜の種で怪しい栽培をしてみようかしら・・・むふふ。笑

yaefit1500:2012/08/15(水) 08:38 | URL | [編集]

> yaefit1500さん
あぁ、そうなんだ!
我が家に来た奴が既にJr(F3)。
それから採った種での栽培だから、今年はJr2(F4)ですね。
あっ、やっぱり!確か大元はオレンジな奴だったと記憶していました。
紅白ミニパプリカだもの、オレンジピーマンよりいいような気がします(笑)。
これでF1~F4と形質は安定してるから、すくすく農園のオリジナル固定種でいけるんじゃな~い?(笑)

duckbill:2012/08/15(水) 17:00 | URL | [編集]

>桃太郎が枯れ始めているのは、ひょっとして茎や葉が茶色になっていません?

と仰せのとおり、茎や葉が茶色になってます。
あきさよ亭には20倍ルーペが無いので、侵入したサビダニを発見できてませんが、自然農薬で対策を取ることにしました。
「午前中に葉の表面に牛乳散布すると牛乳が乾燥するときに収縮してアブラムシやダニ類を窒息死さすそうです。」
↓このサイトを参照させて頂きました。
http://park5.wakwak.com/~kcy/sizenyaku.html

牛乳の膠質が硬化すれば効能を発揮しそうですが、果たしてアブラムシやダニ類の表面にまんべんなく牛乳が付着するかは?どうなのでしょう? ま、やってみっぺ(^_^;)

それから、あきさよ亭にも20倍ルーペを常備しなくちゃ^^;です。

あき:2012/08/15(水) 17:51 | URL | [編集]

> と仰せのとおり、茎や葉が茶色になってます。
やっぱりサビダニっぽいですね。
敵(サビダニ)は手強いです。
ハダニとは大きさが全然違っていて、デンプンや牛乳は殆ど効果が無い筈なのですが、とは言え、一通りやってみて下さい。

duckbill:2012/08/15(水) 23:42 | URL | [編集]

結局コロマイト乳剤を買ってきて噴霧してみました(^_^;)

それから、20倍ルーペの代わりにEasypix Magnifique っていうトイカメラを購入しました。
10x~500xまで、実体顕微鏡的画像が撮れます。

これでサビダニが居たら発見できますわ。

あき:2012/08/20(月) 21:14 | URL | [編集]

> あきちゃん
回り道から行こうが、最短で行こうが、結局それ(コロマイト)が唯一の正解だと思います。(^^)

こんなデジカメ(変デジ?)があったのですねぇ。
これで撮った色々な写真見せてください。
苔も撮れそうだし、具合が良かったら、私も欲しいもの(笑)。

duckbill:2012/08/21(火) 02:35 | URL | [編集]

かものはし様、
Easypix Magnifiqueはかなりの優れものです☆彡
取り敢えずPC周りのクロスを撮ってみた写真や、ファインダー画像をブロブにアップしてみましたので見てください。
苔などは少し離して(8mm程)撮影すると良いでしょう。

実はこのカメラ1月程前に知って探してたのですが、amazonや家電ショップなどでは売り切れだったのです。

今回のサビダニ騒動でコンデジのマクロでは見つけられなかったので再度検索していましたら、たまたま輸入元に在庫があったので速攻買いました。
↓ここ、TOKYO TRADING DIRECT
http://www.t-tra-direct.com/fs/ttzakka/tc_easypix/20405

送料込み\7,980. 実体顕微鏡より遥かにお安いです(*^_^*)
残り僅かだそうですのでお早めにどうぞ(^_^;)

あき:2012/08/21(火) 08:54 | URL | [編集]

> あきちゃん
早速アップして下さいましてありがとうございます。
高倍率凄いですね♪
ちょっとピントが合わせ難くそうに見えるけど、そんなことは無い?

欲しいけれど、丁度マクロ撮影できるコンデジを注文したばかりなのです。(^^;
苔はそちらで試してみて、駄目な時はEasypix Magnifiqueかな(笑)。

duckbill:2012/08/21(火) 23:54 | URL | [編集]

10倍以上の顕微鏡撮影モードでの撮影スタイルは、対象物に対物レンズ部(周囲に照明用LEDランプがあります)を被せて置きます。 

それから、対物レンズ部の外縁部に配置されている、ギザギザの付いたレンズフォーカスダイアルを回してピントを合せます。

この時、高倍率ですと、本体をしっかり固定しないとピントを合わせる時対象物を見失うことになります、100倍程度なら大丈夫です。

ピントを合わせたら、シャッターを押すのですが、このシャッターはズームボタンと兼用になっていて、ズームボタンの中立部で押しこむことでシャッターを切ることができます。・・・どうしても手ブレしやすくなりますね(^_^;)

ドイツ製の証?のように、各ボタンやダイアルは日本製に比べると相当堅く強い力で押したり回したりする必要があります。 小学校低学年じゃ無理かも?って思えるくらいです。

なので、高倍率でシャープな画像を撮影するには、本体を固定するホールダーを工夫する必要があろうかと思いますが、DIYマイスターかものはし様なら「朝めし前の、お茶の子さいさい、屁の河童」ですわね。(*^_^*)

まだ撮影していませんが、動画モードだと手振れはしないそうです。・・・当たり前っちゃ当たり前かも(^_^;)

あき:2012/08/22(水) 09:09 | URL | [編集]

> あきちゃん
詳細説明ありがとうございました。
多少操作が無骨な部分があっても、十分遊んで楽しい変デジのようです。

でも、注文していたマクロ撮影できるコンデジが、今日届きました。
なんと!マクロ撮影モードでサビダニがしっかり写りました。
苔にも充分そう♪
勿論、菌類は無理だけど(笑)。

duckbill:2012/08/22(水) 21:38 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL