• « 2017·11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
2012’10.13・Sat

続9・野のキノコ

時間を見つけては良く里山を散策します。・・・いや散策というより探検に近いのかも知れません(笑)。
MAPに無い道や獣道のような細い道、耕作放棄され道が殆ど埋もれている谷戸、何処に続くのか、どんな景色が出てくるのかどうにも気になって、必ず分け入っては、あっちへウロウロ、こっちへウロウロと、かなりアップダウンのある里山道を早足で15km、4時間くらい歩いて(さまよって?)帰ってきます。
散策中は色々な動植物を目にします。
常々キノコに詳しくなりたいと思っているので、それが食べられるキノコであろうと、食べられないキノコであろうと、散策に見かけたキノコは写真を撮って、後でNETや図鑑で調べ、できるだけ何のキノコであるか推定をしています。
勿論まだ知識が無いので、推定できなかったり、推定間違いだったりすることも多い筈です。
掲載したキノコのそんなケースで、正しいキノコ名をお判りの方がおられましたら、ぜひにも教えて頂けると大変嬉しいのです。・・・宜しくお願いいたしますm(_ _)m 

なお、この記事で食べられる、又は食べたと掲載したキノコの安全を保障するものではありません。
食菌とほんの少し違うだけで、ソックリの毒菌、猛毒菌が存在するのがこの世界です。
又、間違いなく食菌であっても、人によっては中毒を起こしたりすることもあります。
野のキノコを食べて楽しむのはあくまで自己責任でお願い致します。

※写真は全てクリックで拡大して見ることができます。          
このシリーズの前回はこちら



9/21日(金)
お昼休みの散策に近くの公園にいつものキノコ探しに行ってきました。
傘径12~15cm、傘表が薄黄色でイボのあるテングタケの仲間のキノコが沢山でていました。
傘の外観からはウスキテングダケ(毒菌)だけれど、ある筈のツバが見当たらない。
周りのいくつか、どれもツバが無いのだけれど、それでも他に該当が見当たらないし、ツバが脱落したウスキテングダケと考えるのが一番妥当なような気がします。(下写真左:傘表、下写真右:傘裏&柄)

IMG1209210.jpg IMG1209211.jpg


ヤマドリタケモドキ(食菌)を見つけたので、採集してきました(下写真)。
ヤマドリタケモドキはフランスではセップ、イタリアではポルチーニと呼ばれる高級キノコです。
セップやポルチーニには、ヤマドリタケだけではなく、ヤマドリタケモドキなどごく近縁の数種類のキノコも含まれるようです。

IMG1209212.jpg




9/22日(土)
近くの公園にキノコ探索。
切り株に沢山キノコが生えていました。
傘表面の鱗片模様や外観。色も黄褐色や紫褐色になりうること、木の切り株に生えていることなどから、ミドリスギタケ(食毒不明)?のように思えます。(下写真3枚)

IMG1209223.jpg
 
IMG1209224.jpg IMG1209225.jpg




10/2日(火)
いつものお昼休みのキノコ探し散策。
道路脇の緑地帯のあちこちにテングタケ(毒菌)が大発生していて、綺麗な幼菌もありました。
ベニテングダケほどじゃないけれど、でもテングダケでも十分可愛い♪(下写真3枚)

IMG1210023.jpg IMG1210024.jpg
IMG1210025.jpg


公園に着いて、捜索開始。
ヤマドリタケモドキが大分発生しています。(下写真左右)

IMG1210026.jpg IMG121002f.jpg


こちらは柄のダンダラの濃さからするとオオツルタケ(毒菌)?(下写真左)。
そして右側はカッパツルタケでしょうか?(下写真右)

IMG1210028.jpg IMG1210029.jpg


キタマゴタケのような幼菌もありました(下写真)。

IMG121002c.jpg IMG121002d.jpg


この日の収穫は大量のヤマドリタケモドキ。
そして右奥はクリイロイグチ、そして左奥は味見用に採ったカバイロツルタケとツルタケ(下写真)

IMG1210022.jpg


一旦塩水に漬けて虫出しした後、水を切り、虫出し前の程度に乾燥させ、小さくて形の良いものはそのまま冷凍に、大きなサイズはスライスして、オリーブオイル、塩、胡椒で炒めた後、瓶に詰め、熱々のうちに140℃に熱したピュアオリーブを注いで蓋をし、オイル漬けにしました。
国産ポルチーニ茸のオイル漬け2瓶完成です。

IMG121002e.jpg


これは冷蔵庫保管します。
他の食材ならこの簡易的な瓶詰め方法でも長期常温保存できるのですが、キノコ類は冷蔵庫保管でないと発酵する例が多々ありました。



10/5日(金)
この日もお昼休みに、周囲の緑地帯を中心に、キノコ探索に出かけました。
最初に発見したのはテングツルタケ。
可食のようですが、特段食べたいとは思いません。(下写真左:傘表、下写真右:傘裏&柄)

IMG1210050.jpg IMG1210051.jpg


こんな所にも、ヤマドリタケモドキはあちこち生えています。(下写真)

IMG1210052.jpg IMG1210053.jpg


ヌメリイグチのような美味しそうなイグチが、発生しているのを見つけました。(下写真)
随分広い範囲に大量に発生しています。

IMG1210054.jpg


茶色でヌメリのある傘表面(下写真左)、そして管孔はアミタケほどではないけれど少し粗く、色は柄とも綺麗な薄黄色です(下写真右)。

IMG1210055.jpg IMG1210056.jpg


美味しい食菌であることは容易に想像できたので、NETで調べるため、採り合えずヤマドリタケモドキと一緒に少し収穫して急いで帰って来ました。(下写真)

IMG1210057.jpg


調べてみるとヌメリイグチ科ヌメリイグチ属のチチアワタケ(食菌)です。
あまり消化がよくないため、食べ過ぎないほうがよいと書かれていましたが、ハナイグチやヌメリイグチのような美味しい味であることは十分想像がつきます。
急いでもう一度収穫してきました。
下写真が2度目の収穫。下写真左がチチアワタケ、下写真右がヤマドリタケモドキです。

IMG1210058.jpg


これは1回目の収穫のヤマドリタケモドキ。随分立派な個体です(下写真)。

IMG121005d.jpg


アカハツ(食菌)も1個だけ見つけました(下写真左:傘表、下写真右:傘裏&柄)
傷ついた箇所が青緑色に変色していますから、アカハツに間違いない筈です。

IMG1210059.jpg IMG121005a.jpg


チチアワタケは水で洗って良く汚れを取り(下写真)

IMG121005b.jpg


適当なサイズに切り、日本酒、醤油、味醂、水で煮て、ZIPロックに小分けで入れて冷凍保存しました(下写真)。

IMG121005c.jpg


味は案の定、ハナイグチに似てバターのような風味のある、とても美味しい味でした♪



10/6日(土)
この日はキノコ探索ではなかったのだけれど、駅から帰ってくる途中の土手にヤマドリタケモドキが見えたものだから、そのまま通り過ぎるなんて出来る訳がない(笑)。
袋などは持っていなかったので、取り合えず両手に持てるだけ持って帰ってくる途中の、道路脇林の目立つところに、何と今度は、綺麗なタマゴタケを見つけたのです。
さりげなく林の奥も見てみたら、あちこちにタマゴタケが見えたのです。
両手はヤマドリタケモドキで塞がっているので、急いで家に帰り、両手に持っていたヤマドリタケモドキを置いて(下写真、一番上の一個だけクリイロイグチが混じっています)、

IMG1210066.jpg


袋とハサミを持って、家内とタマゴタケの採集に戻りました。
タマゴダケは毒菌や猛毒菌の多いテングダケの仲間で、有名なベニテングダケに似て、いかにも毒キノコのような外観だけれど、こちらは食菌です(下写真)。

IMG1210062.jpg IMG1210064.jpg


ちょっと変わったイグチも発見!
傘色は黄緑、柄は縦繊維状で中部以下が赤茶色(下写真)。
図鑑上で一番該当するのはミドリニガイグチ(食毒不明)。 NETで調べると苦くは無く、美味しいという記述もあるけれど、この色を見ると、ちょっと食欲は湧きません(笑)。

IMG1210065.jpg

追記:後日、ミドリニガイグチではなくオクヤマニガイグチと判明しました。

タマゴタケは思ったより沢山収穫できました。(下写真)
このタマゴタケは、この翌日の白樺湖オフ会(今回はキノコの会)に持ち込みました。

IMG1210067.jpg




10/9日(火)
白樺湖のオフ会から帰ってきた翌日です。
お昼休みに、自宅周りのキノコスポットを一巡りしました。
10/6にタマゴタケを大量に取った場所に、又発生しています(下写真)。

IMG1210093.jpg IMG1210094.jpg


別の場所に移動して、これはニガクリタケ(猛毒菌)でしょうか?(下写真左:傘表、下写真右:傘裏&柄)

IMG1210095.jpg IMG1210096.jpg


一瞬タマゴタケの幼菌かと見えましたが、近づいてみたらトガリベニヤマタケ(食毒不明)のようです。(下写真)

IMG1210097.jpg IMG1210098.jpg


これはクリイロイグチ(食)
オリーブオイルで炒めると、コリコリしてナッツのような味がします。(下写真)

IMG121009d.jpg

※後日、ムラサキヤマドリタケの間違いと判りました。

ヌメリスギタケモドキのような外観だけれど、イグチ系のキノコ。
これは、以前大量に収穫したチチアワタケ(食)とは少し感じが違うのだけれど、他に該当するものもなく、やはりチチアワタケなのでしょうか?(下写真左:傘表、下写真右:傘裏&柄)

IMG1210099.jpg IMG121009a.jpg


こちらはカレバキツネタケ?(下写真)
毒があるかどうか判らないけれど、そもそも食用価値が無さそうです

IMG121009b.jpg IMG121009c.jpg


最近、このクロハツのようなキノコが増えてきました。
似ているキノコに、クロハツ(食菌)、ニセクロハツ(猛毒菌)、クロハツモドキ(食菌)などがあります。
ヒダの端が既に黒変してること、ヒダの粗さなどからクロハツのような気がするけれど、そのどれでもあまり興味は湧きません(下写真)。(下写真左:傘表、下写真右:傘裏&柄)

IMG121009e.jpg IMG121009f.jpg


こちらはシロハツ(可食)。
この写真では判りにくいけれど、柄の付け根部分にブルーリングがありましたので、ツチカブリ(毒)やシロハツモドキ(毒)ではないようです。(下写真左:傘表、下写真右:傘裏&柄)

IMG121009g.jpg IMG121009h.jpg


片方向をまわって来て、収穫してきたのは、とりあえずこれだけ。
上から時計回り順に、ノウタケ、クリイロイグチ、ヤマドリタケモドキ、チチアワタケ(?)、タマゴタケ。(下写真)

IMG121009i.jpg


今度は反対側のキノコスポットを急いでぐるりと一巡り。
ここはヤマドリタケモドキのスポットなのだけれど、なんとタマゴダケ(食菌)の幼菌が出ていました(下写真)。

IMG121009r.jpg


同じ場所で、ニガイグチの仲間のイグチを発見(下写真左:傘表、下写真右:傘裏)。
齧ってみたらかなり苦い味ででとても食べられるイグチでは無いようです。
傘表の暗褐色ビロード状、管孔の色、色変性なし、柄の網目無し、そして強い苦味など、オクヤマニガイグチが最も該当しそうです。

IMG121009s.jpg IMG121009t.jpg


ここはテングタケ系が沢山生える自然公園の一角。
時期時期で生える種類が変わるのだけれど、今回はキタマゴダケが沢山でていました。
キタマゴダケは猛毒菌のタマゴダケモドキに似ているけれど、傘の周辺に明らかに条線があることと、傘裏が黄色であることを見れば、これは間違いなく美味しい食菌のキタマゴダケ(下写真4枚)。
でも万が一にでも間違うと相手は猛毒菌ですからとりあえず今回は(笑)パスです。

IMG121009u.jpg IMG121009v.jpg
IMG121009w.jpg IMG121009x.jpg


ここは同じ自然公園の別の場所で、ヤマドリタケモドキ(食菌)のスポット。
早速ヤマドリタケモドキを発見!(下写真左:傘表、下写真右:傘裏)
他にも沢山あったけれど、殆ど育ちすぎてもう食べられない状態。
そろそろヤマドリタケモドキの季節は終了のような気がします。

IMG121009l.jpg IMG121009m.jpg


続いて不明菌。
如何にも美味しそうな外観ですが、こういうのに限って怪しい。
何だかカキシメジ(毒菌)にも似ています。(下写真左:傘表、下写真右:傘裏)

IMG121009n.jpg IMG121009o.jpg


ここも同じ自然公園のまた別の場所。
傘裏が薄ワイン色のイグチで柄は縦の繊維状。
この場所はこのイグチだけがあちこちに生えています。
齧った味(齧って味だけみて、飲み込まず全部吐き出します)は超苦~い!
ニガイグチモドキでしょう。(下写真左:傘表、下写真右:傘裏)

IMG121009p.jpg IMG121009q.jpg


こちら側の収穫はこれだけ。
下写真右がヤマドリタケモドキ、下写真左側がオクヤマニガイグチ(?)とノウタケ(食菌)、タマゴタケ(下写真)。
オクヤマニガイグチ(?)は食べるためではなく、詳しく調べるために採ってきました。

IMG121009y.jpg


この日収穫したヤマドリタケモドキは塩水につけて虫出し、水洗いし、水を切って、虫出し前の程度に乾燥させた後、スライスして今度は自作ディハイドレーターでカラカラに乾燥させました。
国産のドライポルチーニ茸が140.5g完成です。(下写真)

IMG121009z.jpg


比較的安価で出回るドライポルチーニや冷凍ポルチーニは中国産である上、虫出しも一切していない(これは中国産でなくてもそう)ので、随分虫が含まれており、例えばドライポルチーニを戻した水を見ると、小さな虫が結構浮いていたりします。
その点これは、虫出しをした、それも国産ドライポルチーニですから、そう考えれば何だか有り難味があります(笑)。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、 是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorieきのこ・山菜  トラックバック(0) コメント(4) TOP

Next |  Back
山荘では大変お世話になりました!

話は聞いていましたが本当にこんなに沢山採れるんですね!
先日の白樺湖周辺の山々より多種多彩ですね~。
食べられても、食べられなくれもこれだけ採れると興奮しますね。
「まずは食べてみる」というduckbillさんの言葉に驚きました。(笑)

conon:2012/10/14(日) 08:28 | URL | [編集]

> cononさん
こちらこそ、お世話になりました。

我が家の方のキノコも凄いでしょ?
これを見ると「どんな田舎だ~!」と思われるけれど、結構街中の公園で採れるのです。

> 「まずは食べてみる」というduckbillさんの言葉に驚きました。(笑)
無い!無い~!
野のキノコでそれをやっていると死にます!
山荘のイグチの場合は、最初からほぼ毒でないことが殆ど判っていて、味的に苦いイグチなのか美味しいイグチなのかの確認でした。
その場合でも万が一があるので、食べたのは一切れだけです。(^^;ゞ

齧って味を確かめる場合も、味を確かめるだけで、すべて吐き出します。
似ている毒キノコがある不明菌では齧ることもしません。
食菌だと判っていても、初めてのものは少しずつ毒見程度から食べていきます。

結構慎重です。(^^)

duckbill:2012/10/14(日) 09:25 | URL | [編集]

かものはし様のフィールドは本当に茸の種類が豊富ですね♪
あきさよたちも久しぶりに宝塚方面にきのこ狩りに行って来ましたが、今年は遅かったみたいで、イグチ系は殆ど無く、ヒメワカフサタケ(食)みたいなのと、マツシメジ(毒)らしいのしかありませんでした。

明日、北山植物園のキノコ館に持って行って鑑定してもらえたらいいなと(^_^;)
最近は自己鑑定では食べる勇気が無くなりましたの(^_^;) 年齢的に毒に対する耐力不足と思って自重してますわ。

それにしてもかものはし様のフィールドはキノコ図鑑みたいです。 羨ましいですわ☆彡

あき:2012/10/14(日) 16:58 | URL | [編集]

> あきちゃん
八王子の山の方に行くと全然なくて、このキノコフィールドは街中の公園や緑地帯。
かえって街中の方が豊富です。
フウセンタケの仲間やシメジの仲間は同定が難しくて、まだ私には無理です。
近くに鑑定してもらえるところがあるのはいいですねぇ。
そばにあったら、毎日持ち込むようです(笑)。

自宅そばで、ヤマドリタケモドキやタマゴタケがこんなに採れるとは思いませんでした(笑)

duckbill:2012/10/15(月) 01:55 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL