2013’01.28・Mon

今年も真鱈の卵の醤油漬け

そろそろ真鱈の大きな卵が安く出回る季節になりました。
いわゆるタラコとして流通する綺麗な方は助宗鱈の卵で、真鱈の卵はこんな風にまだらです(下写真)・・・って戯言(ざれごと)を、毎年書いてますナ。(^^;ゞ
この真鱈の卵、普通に甘辛く炊いても当然美味しいですが、我が家ではこれを生のまま醤油漬けにします。

IMG13012601.jpg


皮に包丁で切れ目を入れて、中身をスプーンなどで、しごきだします。
中身をしごいた残りの皮は、アルミホイルの上に広げ、塩を振って焼くと、スルメのような味で、見かけは悪いけれど、お酒のアテとなります。
しごき出した卵の方は、醤油、日本酒、本味醂少々で少しゆるゆるに漬け込みます(下写真)。

IMG13012602.jpg


ゆるゆるに漬け込んだ真鱈の卵は、ものの2、3時間経てば、漬け汁を卵がしっかり吸い込んで、こんなにパンパンになります(下写真)。

IMG13012603.jpg


漬けて1日後くらいから食べられて、冷蔵庫で4、5日は楽勝で持ちます。
イクラの醤油漬けとは全然違う味だけれど、こんな風にご飯に乗せて食べたら、好きな人にはたまらない♪(下写真)

IMG13012604.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie魚貝類  トラックバック(0) コメント(6) TOP

Next |  Back
美味しそうですね。
カラスミはちょっと難しいですが、これなら簡単にできそうで私向きです。^^

kuishinbou:2013/01/28(月) 22:14 | URL | [編集]

> kuishinbouさん
この手のものはご飯が止まらなくなるのが、要注意だけれど(笑)、
簡単で、美味しいです♪

duckbill:2013/01/29(火) 01:16 | URL | [編集]

あーなるほど。

真鱈の卵、煮て食べてました。
それもおいしいですが、いくらの要領で漬けると
ご飯のおともになるんですね~こりゃ、ご飯がすすむなぁ。

まぁもっともワタシの場合、ごはんよりお酒に合いそうと
真っ先に思ったことは言うまでもありません。。。

Panda:2013/01/29(火) 13:07 | URL | [編集]

> Pandaさん
そう、要領はいくらの醤油漬けと一緒。
いくらの場合はバラバラにするのがちょっと面倒だけれど、こちらはスプーンでしごくだけで、ずっと楽です。
ご飯も進むけれど、当然!酒のつまみにもなります(笑)

duckbill:2013/01/29(火) 15:37 | URL | [編集]

もう真鱈子が出回ってるのですね。
昨年はこれで唐墨をつくりましたが、お味は、まぁタラコですわね(^_^;)

今年は真鱈子の塩漬けを作ろうと思います。
イクラの醤油漬けよりも塩漬けの方が卵の皮が柔らかく仕上がったので。

でもこれは一旦冷凍すると皮が柔らかくなるという工程も入れてますので塩漬けだから柔らかくなったのかは判りません。

あきさよ亭の食品加工実習は複数工程をいっぺんに変えちゃうので後で検証できないことがおおいんですよね(^_^;)

あき:2013/01/29(火) 19:03 | URL | [編集]

> あきちゃん
出回るだけならもっと前に出回っているけれど、出回りたては価格が高いです。
ようやく価格もリーズナブルになってきました。
真鱈卵でのカラスミは難しくて、大抵タラコっぽい味が抜けないのだけれど、脂の多い卵を選ぶとそこそこの物は出来ますよ。(^^)
塩漬けも美味しいかもね(笑)
ただイクラの醤油漬けと真鱈卵の醤油漬けの味や食感は、全く似てないから、参考にはならないかも。

イクラの醤油漬けの場合、我が家ではバラバラにする時にぬるま湯を使うのですが、ちょっと温度が高いと卵の皮が固くなります。

duckbill:2013/01/29(火) 23:30 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL