• « 2017·05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2013’06.12・Wed

不思議な葉っぱ他

不思議な葉物の苗をNETで購入したのです。
本当は種を購入しようとして、購入できる先をNETで探しました。
直接購入できるドイツの種屋さんのサイトを見つけたのですが、1袋の種数がたった20粒であったり、今から播種ではちょっと時期も遅くなってしまいそうです。
苗なら国内で入手できるようなので、それならばと、苗で手に入れることにしました。
購入先は園芸ネットさんからです(下写真)。

IMG13060800.jpg


さて、不思議な葉物、それはオイスターリーフという葉物です(下写真)。
皆さん、この葉物ご存知でしたか?
なんと葉っぱなのに、牡蠣の味、それも生牡蠣の味がするそうなのです(笑)。

IMG13060801.jpg


6/1~2日の白樺湖オフ会で、直前にフランスに旅行してきたポメマルさんから、このオイスターリーフの話が出て、全員が興味津々だったのです。
そして、その折の話の流れから、種を探して購入し、育てることが、私の宿題になっていました。

届いた苗を、トロ箱水耕とPETボトル水耕でセットしました(下写真)。
水耕にセットするために、根の土を落として洗ってみたら、随分状態が悪く、根が真っ黒で既に一部に死根がある状態でしたので、無事根付くかどうか怪しげです。(^^;ゞ

IMG13060802.jpg


さて、一番気になる味です。
取りあえず葉っぱをちょっとちぎって味見をしてみたのです。
いくら何でも、葉っぱが生牡蠣の味なんて・・・まさかネ(笑)
「あぁ、確かに、言われてみれば」という程度かなぁ・・・と思っていたのです。

でも、食べてみてビックリ!
まんまやん!!!Σ(゚д゚;) ヌオォ!?
まさに牡蠣の味・・・それも間違いなく生牡蠣の味なのです。

ただね・・・
本物の場合は、口に入れた瞬間、ちょっと生臭い、生牡蠣特有の香りがふっと来て、その後、濃厚でミルキーな牡蠣の美味さが拡がるので、最初の生臭さは左程気になりません。
この葉っぱの場合は、その最初のちょっと生臭い、生牡蠣特有の香りはソックリなのだけれど、その後の濃厚でミルキーな味の方は無いのです(笑)。
生牡蠣そのものズバリの味なのですが、生臭い葉っぱって・・・このままでは結構微妙です。
レモンを絞ったり、ドレッシングと和えると、生牡蠣の香りを楽しめるかも知れません。
うまく育って、沢山葉っぱが収穫できるようになったら、レシピを色々研究してみましょう♪
自家採種もしたいと思います。



PETボトル水耕栽培しているペッパーの葉にいつの間にかテントウムシの幼虫が来ていました(下写真)。
1匹という訳はないだろうから、良く見るとあちこちいるのかも知れません。
今年のペッパーは、ヒラタアブ幼虫、カマキリベイビー、テントウムシ幼虫と随分応援団に恵まれています♪

IMG13061000.jpg


そのペッパー類がようやく着果し始めました。
まずは、チレ・アルボル(Chile de Arbol)(下写真)

IMG13061002.jpg


カイエンペッパー(Cayenne pepper)(下写真)

IMG13061003.jpg


ペッパー・フィッシュ(Pepper Fish)(下写真)

IMG13061004.jpg


そして、ハラペーニョ(chile Jalapeño)です(下写真)。

IMG13061005.jpg


カイガラムシにやられて瀕死状態だったカレーリーフがすっかり復活して、花が真っ盛りです。
今年は随分実がなりそうです。

IMG13061001.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(8) TOP

Next |  Back
オイスターリーフ・・・世の中にはそんなモノが・・・(゚o゚)!!

で、牡蠣にトラウマを持つ私が食べたらどうなるんでしょ?(笑)
食べてみたいような、みたくないような・・・。f(^^;)

akkyan:2013/06/12(水) 10:04 | URL | [編集]

オイスターリーフだなんて、世界には変わった植物があるものですねぇ。

モロヘイヤを初めて食べた時は、その埃臭さに閉口しましたし、パクチーに至ってはむっとするほど香りがきつすぎて、息が詰まりそうで苦手です(^_^;)

レタスも昔は埃臭かったのですが品種改良されたのでしょう、美味しく感じられるようになりました。
今では阿幾左与庵のてっちりには白菜ならぬレタスを入れてます(^_^;)
白菜のように煮詰まってもクタクタにならず、シャキシャキして美味しいんです。

代用といえば、お刺身の掻敷に大葉のかわりにミントを使ってます。
大葉ほど香りがきつくなくて、意外にもお造りを包んで食してもすっきりするだけで邪魔になりません。

阿幾左与庵でも先日葉物(山菜)を植えました。
園芸ネットさんでアシタバの苗を特売してたのです(^_^;)
3号ポット苗ですが、8株植えましたので1月程したら毎日食べられるようになるでしょう。

オイスターリーフの美味しいレシピの掲載、楽しみにしています。

あき:2013/06/12(水) 10:12 | URL | [編集]

> akkyanさん
変な葉っぱですよね~!
私も話を聞いたときは、ありえな~いって思いました(笑)

あくまで葉っぱですから、これは当たらないかも~♪

duckbill:2013/06/12(水) 22:53 | URL | [編集]

> あきちゃん
変わった葉っぱでしょ!
ほんとに生牡蠣の味なんです(笑)

パクチーのヘアトニックみたいな香りは、私も最初は苦手でした。
今はすっかりなれて、好物になったけれど。

ミントは上手に使うと、意外なほど効果がありますね。
最近、再認識しています。(^^;ゞ

阿幾左与庵はお庭山菜が随分増えたのではないですか?(笑)
もう植えているかも知れないけれど、私のお奨め山菜は、モミジガサ(通称シドケ)とアマドコロ。
もし植えていなければ、どちらも苗が通販されているので、ぜひトライを。(^^)

レシピの前に、何とか葉を増やさなきゃ(笑)

duckbill:2013/06/12(水) 22:54 | URL | [編集]

duckbillさん
牡蛎の味のする野菜
見たことがあります
本当に生牡蠣の味がするのですね
気になります

ryuji_s1:2013/06/14(金) 20:55 | URL | [編集]

> ryuji_s1さん
あっ、オイスターリーフ、ご存知だったのですね。
さすがryuji_s1さん。
しかし不思議な野菜です。ほんとに生牡蠣の味そのものだもの(笑)。
国内で苗が出回るようになったので、今年は葉も産直等に出回るかもしれませんネ。

duckbill:2013/06/15(土) 00:03 | URL | [編集]

楽しみですね

ryuji_s1:2013/06/15(土) 10:20 | URL | [編集]

> ryuji_s1さん
ryuji_s1さんの方でも出回ったら、ぜひ美味しいレシピを開発してください。(^^)

duckbill:2013/06/15(土) 11:46 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL