• « 2017·05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2013’09.04・Wed

復活かV.F.ローマ他

今年、我が家のベランダでトロ箱水耕栽培しているトマトは、
コストルート・ジェノベーゼ(Costoluto Genovese)、サンマルツァーノ(San Marzano)を個(g)、V.F.ローマ(Roma)、エバグリーン(Evergreen)、グレイトホワイト(Great White)の5種類です。
我が家で育てるトマトは大抵コードン・トマトなのだけれど、今年新たに加えたV.F.ローマはブッシュ・トマトだったのです。
最初から種ありきだったので(種屋さんからのサービスで貰った種)、良く調べもせず、コードン・トマトだとばかり思い込んでいたのですが、栽培してみたら勝手に芯止まりはするし、変だなぁって思って調べてみたらブッシュ・トマトと判りました(笑)。

実はブッシュ・トマトの栽培は苦手なのです。(^^;ゞ
案の定、今年のV.F.ローマも、ウドンコ病で脇芽という脇芽がやられてしまっているのに、勝手に芯止まりをしてくれるものだから(空気読めよ~!)、途中で成長点が全く無くなってしまいました。Σ( ̄ロ ̄|||アレマ!
成長点も葉っぱも無く、先端から枯れ始めた枝が3本(下写真)。

IMG13090300.jpg


事実上の撤収だったのですが、根は生きてますから、取りあえずそのままにして、見る度に、「引っこ抜くゾ~!」と脅してたら・・・・
何と、必死になって脇芽を出しましたナ(笑)。
本来脇芽が出る箇所の脇芽は、既に出て枯れてしまっているのですが、いざとなれば、同じ箇所から何度でも出すようです(笑)。(下写真)

IMG13090301.jpg


こっちも(下写真)。

IMG13090303.jpg


これで、後半戦も多少はV.F.ローマを収穫できそう・・・かな?(^^)

天気の良い昼間はまだ暑い時もあるけれど、それでも大分しのぎやすくなりました。
それにつれ、落花が続いていた他のベランダトマトも、ようやく着果を始めました(下写真7枚)。

IMG13090304.jpg

IMG13090305.jpg

IMG13090306.jpg

IMG13090307.jpg

IMG13090308.jpg

IMG13090309.jpg

IMG13090310.jpg


ベランダトマトにとっては今が一番大事な時期。
これから10/中旬まで、どれだけ着果できるかで、後半戦のトマト収穫量が決まります。
夏場は着果から45日くらいで完熟したトマトも、寒くなるにつれ60日~90日と必要になります。
これまで私のベランダでのトマト撤収時期は、12/中旬~翌1/中旬くらいの間です。
撤収までに木成り完熟させるなら9/末までの着果。
それなら12/末までで90日間ですから、その前後の撤収であれば、まず木成り完熟に至っていると思われます。
さて、完熟まで至らなくても、撤収時にある程度収穫サイズになっていれば、収穫後室内で追熟させることができます。
なので、収穫後の室内追熟も考えれば、10/中旬までの着果ならまず大丈夫。

と言う訳だから、今から10/中旬までは、「どんな手を使っても(トマトトーンなど)、花という花は無理やり着果させる」に限りますナ(笑)。
あっ、そうそう、着果したからって安心は禁物。
これからの最大の敵は台風ですゾ。
咲いた花はボロボロ、せっかく着果した実は枝ごともっていかれるし、最悪は株ごとやられて早めの撤収にならないように、皆様準備は万端ですか~?

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie水耕栽培  トラックバック(0) コメント(9) TOP

Next |  Back
なんか息を吹き返してきましたね。

・・・大事な時期。
ウチもトマトトーン再開ですな。
花が上のほうなので大変なんですよねえ

rune:2013/09/04(水) 22:08 | URL | [編集]

> runeさん
ウドンコも収まって、結構復活してきました。
花も随分、自然に着果するようになってきてるけれど、さらに、トマトトーンで駄目押しですね。
我が家のトマトも、主力は庇の辺りですから、脚立が大活躍です(笑)。

duckbill:2013/09/05(木) 08:43 | URL | [編集]

いよいよ後半戦ですねヽ(´▽`)/
夜に少し涼しい風が吹くようになったせいか、
花芽もしっかりしたサイズになってきますよね、この季節。
あとは…やっぱり台風ですよねぇ…。

VFローマ、我が家のスペースにはサイズ的にはグ〜なんですが、脇芽が大量発生してしまい、ミニトマトサイズが限界になってきてます(^-^;
だから、師匠の豪快な剪定状態、かえって丁度良いかも〜。(笑)

Naomi:2013/09/05(木) 14:52 | URL | [編集]

> Naomiさん
この所の着果で、捕らぬ狸の皮算用をやっていたら、そう言えば、いつも台風で予定が狂わされていたのを思い出しました(笑)
トマトのコンテナも大分ガタがきているので、今年は補強が必要かも知れません。

脇芽が大量発生なんて羨ましい。
我が家の枯れ枝に何本か別けて欲しいくらい(笑)。
VFローマの加熱調理での味はかなりいいですね。

> 豪快な剪定状態
あはは!殆ど枯れ枝だもの(爆)

duckbill:2013/09/06(金) 01:12 | URL | [編集]

やっぱり脅しが必要なのかあ。。。(笑)
うちは過保護だからなあ・・・。f(^^;)
明日はちょっと脅してみよ・・・。(汗)

akkyan:2013/09/07(土) 08:36 | URL | [編集]

> akkyanさん
そうだよ~♪
ほら、観賞用とか言って、花を誉めるから(笑)
「実がなって、なんぼだよ~!」って厳しく言えば、白ナスも着果するかも~!(爆)

duckbill:2013/09/07(土) 11:45 | URL | [編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-:2013/09/11(水) 16:27 | | [編集]

相変わらず、立派なトマトたちですね。
復活の品種もあって、これからも楽しそう!
我が家はトマトトーンを撒かないとな状況ですが、
スズメバチが怖くて諦めてます(ー ー;)

yaefit1500:2013/09/16(月) 21:47 | URL | [編集]

> yaefit1500さん
トマトは、猛暑もウドンコも去って、目下順調に復活中です。
あとはサビダニと台風に注意するだけですね。

あれま!アシナガバチだけかと思ったら、スズメバチまで来ちゃったの?
さすがに、スズメバチはちょっと怖いです。(_ _,)/~~白旗~

duckbill:2013/09/17(火) 13:46 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL