• « 2017·08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

------- お知らせ -------

私も所属している東京きのこ同好会が主催する「第10回きのこ展~森の妖精達と遊び、学ぶ~」が、9月29日(金)~10月/1日(日)の3日間に渡って、多摩センターのパルテノン多摩特別展示室で開催されます(入場無料、販売等は一切ありません)。
膨大な数の食・毒・猛毒な生の野生きのこが展示されます(前回の様子)。
話のタネに猛毒きのこを見にきてね~♪(私duckbillもきのこ展実行委員をやっていま~す)
 ※FB、Twで拡散希望♪

紹介されているサイトのページ
パルテノン多摩 http://www.parthenon.or.jp/people/3088.html
るるぶ http://www.rurubu.com/event/detail.aspx?ID=P30587
ことさが http://cotosaga.com/event/1581183/?f=eventedit_new
イベントナビ http://www.event-navi.ne.jp/d_top.php?eventID=0000045925
イマdeタマ https://imatama.jp/event/detail?id=1236
イベ活 http://event21.co.jp/ibekatu/user/0003436.htm
スポットクリップ https://spotclip.jp/spots/345613


2013’09.11・Wed

続18・野のキノコ

常々キノコに詳しくなりたいと思っているので、それが食べられるキノコであろうと、食べられないキノコであろうと、散策に見かけたキノコは写真を撮って、後でNETや図鑑で調べ、できるだけ何のキノコであるか推定をしています。
勿論まだ知識が無いので、推定できなかったり、推定間違いだったりすることも多い筈です。
掲載したキノコのそんなケースで、正しいキノコ名をお判りの方がおられましたら、ぜひにも教えて頂けると大変嬉しいのです。・・・宜しくお願いいたしますm(_ _)m 

なお、この記事で食べられる、又は食べたと掲載したキノコの安全を保障するものではありません。
食菌と知られていても、人によっては中毒を起こしたりすることもあります。
野のキノコを食べて楽しむのはあくまで自己責任でお願いいたします。
※全ての写真は、クリックすればより大きなサイズでご覧になれます。
このシリーズの前回はこちら



8/17日(土)
この日は、夏のオフ会でわらびさんの白樺湖山荘に滞在しています。
早朝の散策がてら周囲のキノコチェックです。
これはアミスギタケ(不食)のように見えるのですが、木からではなく土から生えていたのです。
すぐポロッっと取れましたから、土に埋まった倒木から生えているような感触でもありませんでした。
でもアミスギタケなら木から生える筈ですから、土の中で殆どグズグズになった倒木から生えていたのかも知れませんね。(下写真 左:傘表、右:傘裏)

IMG13081700.jpg IMG13081701.jpg


こちらは、ホコリタケ(下写真)。

IMG13081702.jpg


わらびさんとonoさんも散策してきたらしく、チチタケを採取してきました(下写真左)。
私も加わって3人で、また別のチチタケスポットで捜索。
私もやっと見つけることが出来ました(笑)(下写真右)

IMG13081703.jpg IMG13081704.jpg


3人でこれだけ採れました(下写真)。
このチチタケはこの後、チチタケソーメンで頂いたのだけれど、絶品でした。

IMG13081705.jpg


この日は、午後からonoさんご夫妻と私ども夫婦でハイキング。
北八ヶ岳ロープウェイの麓駅からロープウェイに乗らず、歩いて山頂駅まで登り、溶岩坪庭自然遊歩道を散策する4kmのコースです。
登りの途中でonoさんが色々なキノコを見つけました。
これは多分イッポンシメジ科イッポンシメジ属のミイノモミウラモドキ(不食)。(下写真 左:傘表、右:傘裏)

IMG13081706.jpg IMG13081707.jpg


そしてこの一見美味しそうなキノコ。
登り道の木の階段から生えていたのですが、後日色々な図鑑で調べても皆目全く判りません。(下写真 左:傘表、右:傘裏)

IMG13081708.jpg IMG13081709.jpg


一見してスギタケ類の幼菌に見えるキノコ。倒木の断面に生えています。
後日調べたら、モエギタケ科スギタケ属ハナガサタケの幼菌のようです。
一応食菌だそうですが、美味しくないのだそうです(笑)。(下写真2枚)

IMG13081710.jpg IMG13081711.jpg






8/24日(土)
この日は毎週末の散策日。
この日のルートは、小仏バス停から小仏峠越えコースで小仏峠まで登り、高尾~陣馬縦走コースで、小仏城山経由で高尾山へ、高尾山から6号路で下山し、高尾山口駅までの9.537kmのコースです。
ちょっと小雨気味だったせいか、山は随分空いていました。

切り株の上に大きな白いキノコ。
シロハツの類を見つけた誰かが、切り株の上に置いていったのだろうと見にいったら、マツオウジ(食菌)でそれも置いているのではなく、切り株の上に生えていたのでした。(下写真左)
隣の切り株の側面にも大きなマツオウジが生えていました。(下写真右)
これはこの日のお吸い物にしようかと採取しました。

IMG13082402.jpg IMG13082403.jpg


こちらはキツネノハナガサ(不食)。(下写真)

IMG13082404.jpg


小さいイグチがアチコチにありました。
ヌメリコウジタケ(食菌)のようです。(下写真 左:傘表、右:傘裏)
ヌメリコウジタケは身に酸味があるのだそうです。
すこし味見に採ってくるべきだったかも知れません。(^^;ゞ

IMG13082405.jpg IMG13082406.jpg


こちらは、コガネヤマドリタケ(食菌)。(下写真 左:傘表、右:傘裏)

IMG13082407.jpg IMG13082408.jpg


ちょっと青っぽい?不思議な色のテングタケ類のキノコがありました。
レア物のアオミドリタマゴテングタケ(毒菌)でしょうか。(下写真2枚)

IMG13082412.jpg IMG13082413.jpg


この日収穫してきたキノコは、下写真右がこの日のお吸い物用のマツオウジ。
下写真左上の2本がコガネヤマドリタケで、下写真左下はアカヤマドリタケ。

IMG13082411.jpg






9/7日(土)
この所のゲリラ豪雨と雷雨で、土壌にはしっかり水分が行き渡った筈。
気温も下がってきたことだし、そろそろMyキノコスポットにも、キノコが発生してもいいような気がします。
ということでこの日は、Myキノコスポットを一通りチェックすることにしました。
タマゴタケを採る崖地でいきなりヤマドリタケモドキ(食菌)を発見。
表面は随分ナメクジに食べられて(下写真左)、傘裏も綺麗ではなく(下写真右)、採取するにはちょっと時間が経ちすぎています。

IMG13090700.jpg IMG13090701.jpg


ヤマドリタケやヤマドリタケモドキなどヤマドリタケの極近縁種は、イタリアではポルチーニ、フランスではセップとよばれる高級キノコです。
周りを見ましたが、他にはありませんから、この1本だけ気の早いヤマドリタケモドキだったのでしょう。

次の公園に移動。
離れたところから、もうキノコらしいものが見えます。
近寄ってみたらテングタケ(毒菌)でした。(下写真)

IMG13090702.jpg


こちらは、ウスキテングタケ(毒菌)。(下写真 左:傘表、右:傘裏)
今の時期はこの辺の公園のあちらこちらに出ています。
綺麗で美味しそうな外観ですが、毒性はかなり強いそうです。

IMG13090703.jpg IMG13090704.jpg


又別の公園に移動。
こちらはアメリカウラベニイロガワリ(食菌)。(下写真 左:傘表、右:傘裏)
この日は、複数の公園でこのアメリカウラベニイロガワリを目にしました。
同じスポットでも時期をずらしながら、違うイグチ類が入れ替わり立ち替わり発生していきます。
この辺の公園では今はアメリカウラベニイロガワリが発生する時期なのでしょうか。
イロガワリの名前通り、強い青変性があり、傷つけるとみるみるうちに、青色に変化します。
美味しいキノコとのことですが、毒々しい青色に変色する様を見ると、食欲が湧かず、これまで食べたことはありません。
このアメリカウラベニイロガワリはまだ虫食い跡もなく綺麗な状態だったので、今回は味見用に採取することにしました。

IMG13090705.jpg IMG13090706.jpg


ノウタケのスポットにも、ノウタケがあちこち発生していました(下写真左)。
まだ若いので、中はマシュマロのように真っ白です(下写真右)
中が真っ白の今のうちなら、食用になります。
以前食べたことがあるのですが、取り立てて食感がいいわけでもないし、特に旨みがある訳でもないので、採取はしませんでした。

IMG13090707.jpg IMG13090708.jpg


これは又別の公園。
最後に寄ろうかどうか迷ったのだけれど、立ち寄って大正解。
すぐヤマドリタケモドキを発見。
周りを良く見てみたら、アチコチににょきにょき(下写真2枚)。
このスポットでは、昨年は数本しか採れなかったのだけれど、それは他のスポットでもヤマドリタケモドキが、アチコチに出ていた時期のこと。
もしかしたら、このスポットは他より少し早い時期に発生するポイントだったのかも知れません。

IMG13090709.jpg IMG13090711.jpg


この日の収穫です(下写真)。
左の1個はアメリカウラベニイロガワリ。
そして右側は思ったより沢山採れたヤマドリタケモドキ。
私の秋のキノコ狩りの季節が始まったかな♪

IMG13090712.jpg


アメリカウラベニイロガワリはなかなか美味しいキノコでした。
旨みの量はヤマドリタケモドキ程ではないけれど、炒めても煮ても身に歯ごたえがあっていい食感です。
どこからこの食感が出るのか考えたらすぐ判りました。
このアメリカウラベニイロガワリは管孔が短く、身が厚いのです。
イグチ類は、管孔が短く身が厚い程コリコリ感、その逆程ツルツルっとした感じが出るようです。




9/9日(月)
2日前にヤマドリタケモドキが沢山取れた公園に、2日後のこの日も発生している筈です。
一つのスポットで、特定のキノコが発生する期間はそんなに長くは無いですから、その期間中は見逃さず収穫したいもの。
と言うことで、お昼に急いで行ってきました。
案の定、また随分発生していました♪(下写真2枚)

IMG13090900.jpg IMG13090901.jpg


近くには雨で傘表のブツブツが殆ど流れてしまって、カバイロツルタケのようになったテングタケ(下写真左)や、明らかに抜いて捨てた大きなウスキテングタケ(下写真右)。
綺麗で目立つので抜いてみたのでしょう。
傍に、お宝キノコのヤマドリタケモドキが沢山生えているのだけれど、こちらは地味な色合いのせいか、そのまま無事に無視してくれたようです(笑)。

IMG13090902.jpg IMG13090903.jpg


2日前は発生していなかった反対側の斜面にも、立派なヤマドリタケモドキが出ています。(下写真)
やっぱりここは、他と比べてヤマドリタケモドキの発生が早いスポットなのでしょう。

IMG13090904.jpg


ヤマドリタケモドキの群生の中に、明らかにヤマドリタケモドキではないイグチが生えていました。
表面の色も質感もちょっと異なっているし(下写真左)、全体にしっかり網目がある柄はヤマドリタケモドキと同じだけれど、管孔を傷つけてみると弱い青変性がありますから(下写真右)、やっぱり別のイグチですが、種類は判りません。

IMG13090905.jpg IMG13090906.jpg


この日もヤマドリタケモドキは大漁~♪
計ってみたら1.4kgもありました。(下写真)

IMG13090907.jpg


こんなに大きいのに、発生してからの経過時間が短いため、管孔も白く、虫にもやられてなくてきれいです。(下写真)

IMG13090908.jpg


塩水に1時間浸して虫出し後、自作ディハイドレーターで乾燥。
1.4kgのヤマドリタケモドキから143.9gの乾燥ポルチーニの出来上がりです。(下写真)

IMG13091000.jpg


2日前のヤマドリタケモドキも全て乾燥にしているので、春に作った分も合わせて、これで時々ポルチーニのスープを飲む1年分位は在庫ができたように思います。
でもヤマドリタケモドキの季節はまだまだこれからです。



9/11日(水)
前回の採集から、2日経過したので、ヤマドリタケモドキが採れている公園に、お昼休みに行ってみました。
採れたのはこの2本(下写真)。
この公園のヤマドリタケモドキの季節は終了・・・かな?
でも他のスポットはまだ全然発生していませんから、これからです。

IMG13091100.jpg


帰る途中で道端にキノコを発見。
写真では随分白っぽく写ってしまったけれど、実物はもっと茶色っぽい。
ハラタケ科キツネノカラカサタケ属オニタケの幼菌のように見えます。(下写真 左:傘表、右:傘裏)

IMG13091101.jpg IMG13091102.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorieきのこ・山菜  トラックバック(0) コメント(6) TOP

Next |  Back
良いですねー採れていますねー、
これから沢山採れると良いですね、パトロール頑張ってください。

わらび:2013/09/12(木) 10:09 | URL | [編集]

> わらびさん
気の早いスポットで思いがけなく、ヤマドりタケモドキが沢山採れました。(^^)
やっぱりキノコはまめなチェックが必要ですね(笑)。
今年はさらにスポットを増やしたいなぁって考えています。

duckbill:2013/09/12(木) 22:25 | URL | [編集]

ボルチーニ、大漁ですね~♪
残念ながらこちらではあまり見かけません。
徘徊する標高をもっと上げないといけないのかもしれません。
普段のフィールドはアンダー200mですが、昨年大型キノコを見つけたところは300m~500m地点でした。
それとももう少し涼しくなったら生えてくるのかもしれません。

阿幾:2013/09/14(土) 09:57 | URL | [編集]

> あきちゃん
秋のキノコの季節がそろそろ始まったようです。
はしりの段階でヤマドリタケモドキをもうこんなに採取できて、ラッキー♪でした。

こちらでは、山で見るイグチ類は、ニガイグチ類やコガネヤマドリ、アカヤマドリなどで、
ヤマドリタケモドキを山で見たことはありません。
ヤマドリタケモドキを見るのは、大抵街中の公園です。
なので、高度を上げるというより、公園チェックがいいかも。(^^)
自然公園でいかにもキノコが出そうな公園なら出るかというと、そうでもなく、単に菌が
入り込む機会があって、菌糸が蔓延したかどうか。
だから、どんな小さな公園でも出る公園にはビックリするほど出るし、出ない公園はどんなに良い雑木林があっても全く出ません。
WEBで調べると、神戸の公園でもヤマドリタケモドキが発生する公園があるようですよ。
時期的には、今来てる台風の大雨後の一定期間が爆発しそうな気がします。(^^)

duckbill:2013/09/15(日) 08:23 | URL | [編集]

カビの気配もない、すごく綺麗なヤマドリタケモドキですね!いいなあ!
もし極太の茎のものがあったら、輪切りにしてソテーをお試し下さい。
ジューシーなホタテソテーみたいな感じになって縦切りのコリコリ感とはまた違った美味しさです。

Fujika:2013/09/18(水) 11:15 | URL | [編集]

> Fujikaさん
今年はチェックが早いから、虫も入っていない綺麗なヤマドリタケモドキが採取できてます。
今、我が家の周りは爆発中!
ヤマドリタケモドキを一昨日は3.6kg、昨日は5.6kg。
目的のスポットに辿りつかないうちに、途中で沢山採れてしまって、道半ばで帰ってくる状態です(笑)。
今年は当たり年のようです。

今、極太の柄は売るほどあるので(笑)、早速今夜でも、輪切りソテー行ってみます♪

duckbill:2013/09/18(水) 12:59 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL