• « 2017·08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

------- お知らせ -------

私も所属している東京きのこ同好会が主催する「第10回きのこ展~森の妖精達と遊び、学ぶ~」が、9月29日(金)~10月/1日(日)の3日間に渡って、多摩センターのパルテノン多摩特別展示室で開催されます(入場無料、販売等は一切ありません)。
膨大な数の食・毒・猛毒な生の野生きのこが展示されます(前回の様子)。
話のタネに猛毒きのこを見にきてね~♪(私duckbillもきのこ展実行委員をやっていま~す)
 ※FB、Twで拡散希望♪

紹介されているサイトのページ
パルテノン多摩 http://www.parthenon.or.jp/people/3088.html
るるぶ http://www.rurubu.com/event/detail.aspx?ID=P30587
ことさが http://cotosaga.com/event/1581183/?f=eventedit_new
イベントナビ http://www.event-navi.ne.jp/d_top.php?eventID=0000045925
イマdeタマ https://imatama.jp/event/detail?id=1236
イベ活 http://event21.co.jp/ibekatu/user/0003436.htm
スポットクリップ https://spotclip.jp/spots/345613


2013’10.22・Tue

美味しい手作り食品を頂きました♪

記事にするのが随分遅れてしまいました。
お友達のあきちゃんから、「試食をしてね~!」と美味しい自家製食材を頂いたのです(9/17日)。
あきちゃんはスペインのハモンイベリコベジョータの48ケ月熟成生ハムの味を、日本の麹菌やその類のものを使って、もっと短時間に出せるのではないかと、色々トライなされています。
以前頂いた試作ハムは、乾燥度合いがまだ不十分に感じたので、その旨をお伝えした所、さらに改良を施し、また送って頂いたのです。
届いたものは、まずイベリコ豚肩ロースを赤味噌と日本酒に2.5ケ月漬けた後、さらにピチットシートで包み3ケ月強熟成させたものとか。
そしてイベリコ豚タンとトントロは塩麹に1週間漬けた後、味噌漬けにして、さらにピチットシートで包み6ケ月強熟成させたものとか。
そして真蛸卵カラスミです(下写真)。

IMG13091201.jpg


早速切ってみたのです。
下写真左側が真蛸卵カラスミ、下写真中央上がイベリコ豚タン、下写真中央下がイベリコトントロ、下写真右側がイベリコ肩ロースです。
真蛸カラスミ以外はデロンギのスライサーを使った機械切りです。
蛸卵は他の一般の魚卵と違って透明です。
その蛸卵で作ったカラスミですから、色はとても薄い色。
私も色々な魚卵でカラスミ作りをしましたが、これまで蛸卵では作ったことがありません。
生ハムの方は味噌漬けの肩ロースが、いかにも良い色に仕上がっています。

IMG13091202.jpg


詳しい試食感想は直接メールでお伝えするとして、概要だけ。
真蛸卵カラスミは、すごく美味しいです。
旨みが他の魚卵カラスミよりずっと強いのですが、蛸自体が旨みの宝庫だし、蛸卵自体も生であれだけ美味しいのだから、元々の旨み量が多いのでしょうね。
生ハムの方は今回は水分含有量はどれも丁度良い感じです。
味、香りはハモンイベリコベジョータのそれとはちょっと違うけれど、どれもとても美味しかったです。
個人的には、色の良かった赤味噌漬けの肩ロースが一番美味しいように感じました。
力作、ご馳走様でした。m(_ _)m
記事が大変遅れて申し訳ありませんでした。今後もさらに香りを近づけるべく、ご研究をなさってください。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL