• « 2017·05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2013’11.05・Tue

賄い手打ちウドン、幅も厚みも色々

このブログでは、「賄いパスタ7種」シリーズなど、パスタ記事が多いので、ブログのお友達はきっと、我が家のお昼はパスタが多いと思ってるかも知れないけれど、実はパスタを作るケースは少なくて、むしろ蕎麦やウドンの方がずっと多いのです。
少し前に、手打ち用に使っている讃岐うどん専用粉の在庫がなくなったので、又まとまった量を仕入れました(その記事)。
新しい粉で打つとやっぱりコシがより強いように感じるものだから、このところ手打ちで打つ回数が増えています。
そんな手打ちウドンの中で、麺の幅や厚みのそれぞれなものを、記事にしてみました。

まずは順当に、讃岐ウドンサイズで手打ちして(下写真:2人前)

IMG13103000.jpg


ザルウドンで頂いたもの(下写真)。

IMG13103001.jpg


さすがは讃岐ウドン専用粉、抜群のコシで、顎が疲れる程。
こういうウドンだったら毎日でもいいです♪



この日はきしめんサイズに打って(下写真:2人前)、

IMG13101900.jpg


鶏腿肉と葱に油通しをした油揚げを加えて、きしめんに仕立てたもの(下写真)。

IMG13101901.jpg


平打ち麺が好きなので、きしめんは大好きなウドンです。
今回は違うけれど、時間がある時は少し厚めに打ち、その後一本一本を指でわざと雑に潰して薄くしたりもします。
この手で潰すことで出来る不均一な厚みが、普通のきしめんとは違った格別の食感を与えます。



こちらは、また別の日のお昼。
群馬県のひもかわうどんサイズに手打ちしたもの(下写真:2人前)。

IMG13102200.jpg


鶏腿肉と葱でシンプルに仕立てました(下写真)。

IMG13102201.jpg


1枚の幅はこんな感じ(下写真)。
薄いけれどコシがあっていい食感です。
個人的にはこのくらいの幅広うどんが一番好きかな♪

IMG13102202.jpg




日本シリーズを見た後そのまま点けていたTVで秘密のケンミンSHOWをたまたま見たのです。
そこで登場したのが、埼玉県の桶川うどん。
ウドンが見えないほど入れた油揚げの中から出てきたうどんは、幅も厚みもすごいので、啜れず、噛み千切ってモグモグ食べるウドン。
顎もかなり疲れるのだけれど、癖になる味なんだとか。
桶川まで食べに行く暇はないけれど、自分で打つならどんなウドンだって可能ですから、後日に打ってみたのです。
TVでは固いですと言っていたので、加水率は低いのでしょう。
でも私の打つ加水率は、元々生地がなかなかまとまらない位低いので、それは大丈夫。
・・・
で、打ちあがりました。
厚みと幅はこんな感じかな? これで2人前です。(下写真)。

IMG13110100.jpg


この厚みと幅ですから、生麺なのに茹で時間もたっぷりかかりました(22分)。
麺の上に隠れるほどの油揚げを乗せ、小口のネギを散らし、関東系のウドン汁を張って出来上がり(下写真)。

IMG13110101.jpg


ウドンはというとこんな感じです。
TVでは幅も厚みももうちょっとあったかなぁ・・・
これで幅2cm、厚み8mmくらいです(下写真)。

IMG13110102.jpg


確かに啜れず、もぐもぐ食べるのですが、使っている粉が讃岐ウドン専用粉ですから腰も相当凄い!
このウドン、想像していたより、はるかに美味かったのです♪♪
このウドンには、この山のような油揚げが完璧な組み合わせに思えます。
通常のウドンなら啜るときにツユも口に入ってきます。
一方このウドンは、啜れなくてもぐもぐ食べるのですから、普通ならツユが入ってきません。
でもウドンツユを含んだ油揚げを一緒に噛むことで、ツユが十分口に入ってきますし、そしてこの大量の油揚げがウドンに圧倒的なコクを与えています。
このウドンは我が家の手打ちウドンの定番に入れました♪

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie料理  トラックバック(0) コメント(12) TOP

Next |  Back
げっ(゚o゚)!!・・・うどんも来た。(笑)
いや、これは失礼なもの言いで・・・。m(__)m
私もイタリアンな人かと思っておりました。(笑)
絶妙なタイミングで、今日はセーフ!_(^o^)_

福岡は意外にラーメンよりうどんなんですけど、
こっちのうどんはコシがまったくないんですよ。
ヘナヘナ~です。(笑)
でも美味しいですけどね。f(^^;)

akkyan:2013/11/05(火) 15:24 | URL | [編集]

じぇじぇじぇじぇじぇ~!?

埼玉県の桶川うどんを再現してる~!!!
私もあの番組見てました。
とんでもうどん? 芯にはまだ粉状の物体が。。。
おそらく、ガチガチの生茹での状態だと。

割烹かものはし様の「かものはしうどん」は桶川に比べるとしっかりアルデンテになっていて、少し細身で上品ですね。
これなら食べやすいでしょう(*^_^*)

うどんといえば、最近発売されたマルちゃん正麺のうどんが、稲庭うどんそっくりでとても美味しいです。

でも・・・うどんに如かず小麦粉製品はグルテンからペプチドが生成されて、食欲を刺激し、グルテン中毒になっちゃうのでメタボ星人には忌避食材なのでありました。
好きでも食べられない・・・悲し~ですね(T_T)

阿幾:2013/11/05(火) 17:15 | URL | [編集]

> akkyanさん
へへっ、ウドンも蕎麦も行きまっせ!(笑)
え!タイミングを外した? そりゃ、残念!!

福岡のダゴ汁のレシピを見たら、そのレシピだけかも知らないけれど、薄力粉を使ってました。
ヘナヘナ~でコシが全く無いなら、普通のウドンも薄力粉を使ってるとか?
コシのあるウドンも美味しいけれど、ワンタンみたいにツルリン、トロンってのも美味しいですよね♪

duckbill:2013/11/06(水) 10:30 | URL | [編集]

> あきちゃん
あぁ~、やっぱり見ました?(笑)
あんまり印象が強かったので、思わず作ってしまいました。
確かに番組では芯はまだ生で粉状のものが残っていると言っていましたが、それではあんまりなので、2分茹で時間を延ばし、中心にやっと火が届いたジャストで茹で上げました。
番組のはやっぱりもうちょっと幅と厚みがありましたよね。
生の状態と茹で上げ状態ではサイズがかなり違ってくるので、一度はやってみないとなかなか見当がつきません。
茹でてもう少しサイズアップするのかと思ったら、他のウドンと違って意外にサイズアップしませんでした。

そうそう、TVコマーシャルでやっているマルちゃん正麺が気になっていて、一度買って食べてみようかと思っていました(笑)。

ウドン制限しているのですね。それはつらい!!
私はメタボじゃないけれど、ご飯類を制限しています。

duckbill:2013/11/06(水) 10:33 | URL | [編集]

先日はお世話になり、御馳走様でしたー♪

頂いた金魚でようやくうどん打ってますが
初なので、どうなることやら^^;

パスタマシンはあるけど固定するところがないので頑張って手延べにします。

caie:2013/11/06(水) 16:13 | URL | [編集]

> caieさん
こちらこそ、お世話&ご馳走になりました。
一休さんの栗菓子も有難うございます。

お奨めの加水は、今の時期なら、粉量の半分の塩水量(塩分濃度10%)。
つまり
粉300gなら150gの塩水(塩15g+水135g)。
そして生地がまとまったら、必ず3重袋に入れて足踏みで鍛える。

パスタマシンなんて使わなくても大丈夫!
今回のウドンも全て、手延べ&手切りで、使った包丁もいつもの柳刃だし(笑)。
気合だよ~♪(笑)

duckbill:2013/11/06(水) 23:33 | URL | [編集]

毎度毎度うらやましい限りです。
次のまねっこは、麺類・・うーん、自信がない。
うちの主人を特訓していただけないでしょうか(^o^)ゞ

いずみ:2013/11/07(木) 07:59 | URL | [編集]

> いずみさん
手打ちウドンは大変そうに見えて、結構簡単だし、時間もかかりません。
一度覚えておくと、色々なウドンが打てて便利ですよ~♪
まぁ、旦那に覚えさせるってのも、うまい手だけど(爆)。

duckbill:2013/11/07(木) 12:30 | URL | [編集]

んもぉ~!お腹すいた~(笑)
チーズとパスタネタをよく拝見するので、私もイタリア系ジャパニーズさんかと思ってました(笑)
うどんかぁ(*^▽^*) 最近、食べてないな~。
食べたいな~(=v=) 師匠の手打ちうどん♪

semirey:2013/11/07(木) 17:26 | URL | [編集]

ああ、なんかもういちいち美味しそうですなあ。
うどんを打つってなかなか難しそうだけど、意外と簡単なんですかねえ。
いや、duckbillさんがやるから簡単そうに見えるのか・・・
おなかすいてきました(笑

rune:2013/11/07(木) 23:37 | URL | [編集]

> semireyさん
蕎麦とウドンが好きな日本系ジャパニーズです(爆)。
使っている粉は凄くコシがでる特別な粉ですから、かなり美味しいウドンですよ。
お近くならお届けするのですが、沖縄はちと遠い(笑)

duckbill:2013/11/08(金) 01:57 | URL | [編集]

> runeさん
自画自賛ながら美味しいですよ(笑)。
沢山打つのなら大変だけれど、2、3人分ならほんとに簡単です。
生地だって10分位で出来ちゃうから、後はビニル袋に入れて寝かすだけ。
伸ばして切る方だって、茹で湯が沸く間で出来ちゃうもの。
そして何といっても、自分で打てば、一般には無いようなウドン(ヒモカワや桶川など)が食べられるし(^^)。

duckbill:2013/11/08(金) 02:02 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL