• « 2017·05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2013’11.11・Mon

市場での買い物

10/12日
久しぶりでいつもの市場へ買い物に行きました。
この翌日早朝に白樺湖山荘でのオフ会に出かけるので、何か鮮魚の良さげなやつと牛タンが目的だったのです。
型の良い活け締めヒラメがあったのでゲット。1.37kg有りました。
これは5枚に下ろした後、昆布締めして山荘に持ち込みました。
他に在庫補充用として、親丸鶏1羽、豚白モツ1kg、豚ガツ1kg、鶏腿肉500g(下写真)。
ここで買える1本まるごとの牛タンは冷凍物。
解凍する時間が勿体無いので、牛タンだけはこの後コストコに行って購入したもの(下写真右下)。

IMG13101201.jpg


モリサーナ(Molisana)のタリアテッレ500gが100円と格安でした。
2個しかなかったので2個ともゲット(下写真)。

IMG13101202.jpg




10/31日
この日の市場は、丸鶏燻製用に頼んでおいた、丸鶏を受取に行くためだったのですが、ついでに皮付き牛タン1本と、刺身用のマンボウを購入してきました。
肝心の丸鶏の方は写真を撮る前に、ソミュール液漬けしてしまって、写真は有りません(下写真)。

IMG13103102.jpg


牛タンは、先般オフ会用に牛タン(冒頭の)の赤ワイン煮を作った際、たまたま帰省していた娘がそれを見て、自分用にも作って送ってと頼まれていたもの。
牛タン1本の値段は皮付きと皮剥きでは随分違うのです。
牛タンの皮剥きは難しいというけれど、もし自分で剥ければ、結構安くつきます。
この際なので、安い皮付きで買って、皮剥きに挑戦することにしました。

帰って早速、牛タンの皮剥きに挑戦です。
筋引きは無くとも、我が家の切れる柳刃で何とかなるっしょ(片刃だけど)!・・・と剥き始めた牛タン。
早速、片刃での問題が発生!!(笑)
肉やさんなら、多少無駄が出ても素早く剥く方が良いのだろうけれど、家庭ですから、出きるだけ無駄なく皮だけを剥きたいもの。
でも、片刃はどうしても微妙に刃裏の方向に曲がっていくため、皮だけ綺麗に剥くのはなかなか至難の業。
やっぱり筋引き(両刃)が欲しいなぁと思ったら・・・
持っていたのを思い出しました。 (^^;ゞ 最近は物忘れが激しくて、あはは!
そういえば、ヘンケルの包丁で色々な種類を持っていたのです。
手に入れたのは30年前。いつも牛刀だけ使っていて、他をすっかり忘れていました。
で、出てきたのが、刃渡り27cmの筋引き包丁(下写真2枚)。

IMG13103106.jpg

IMG13103107.jpg


筋引き包丁があれば、こっちのもの。
難しいと聞いていたけれど、何のことは無い、結構簡単に皮剥き終了(下写真)。

IMG13103103.jpg


剥いた皮の重量を計測してみたら、元重量の丁度2割程。
この2割を差し引いても、皮剥きタンを買うよりはずっと安いです。
とは言え、剥いた皮も勿体無い。
軽く茹でこぼししたあと、スープ用の出汁を取りましたナ(笑)。
安く手に入って、ついでにスープの出汁も取れるのですから、今後はいつも皮付きタンを購入することにしました。

そして、マンボウの方。
食材としてのマンボウを見るのも珍しいけれど、刺身用のマンボウなんて初めてです。
以前はマンダイという名前で赤マンボウの身が近所のスーパーに入ったことがあるけれど(これ)、これはマグロのような赤身で、名前は赤マンボウとは言うけれど、マンボウの仲間ではありません。
本物のマンボウの身は、白身で水分が随分多く、ブヨブヨです。
刺身用といっても柵になっている訳ではなく、切り身状態で、肝も付いていました(下写真)。

IMG13103104.jpg


ブヨブヨで切りにくいけれど、取り合えず1/3くらいの量をお刺身にしてみました。

IMG13103105.jpg


で、味はと言うと・・・まあ不味くはないけれど・・・あんまり味も無い(笑)
ブヨブヨなのに歯ごたえはちょっとあって、何だか何かに似ている。
・・・そう!刺身コンニャクだ!
肝を湯がいて潰し、肝醤油も作ってみました。
ワサビ醤油よりは肝醤油の方が美味しいですが、どちらにしろそれほどの物ではないかな。

翌日に湯豆腐に入れてみたのです。
意外や意外、あれだけ水分が多くてブヨブヨだったのが、大して縮みもせず、しっかりした身に変わって、魚の味もします。
何だかカジキの身に似ている感じなので、甘辛くも煮てみましたが、結構いけます♪
ってことで、マンボウのお刺身は珍しいけれど、味の方は火を通した方が美味いってことですナ。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
マンボウは食べたことないですけど、パルのお兄さんに鮭の白子のスペシャルクッキングを教わりました。
河豚の白子と遜色ない食味になります。

ただ5分間湯掻くだけです。♪

ポン酢でもお醤油でも塩でもどんな調味料でもOK。
ほんとに河豚の白子そっくりのお味になりました(*^_^*)
お試しあれ♪

阿幾:2013/11/11(月) 23:06 | URL | [編集]

> あきちゃん
マンボウは、一度は話のタネに食べるのもいいけれど、何度も食べる程は、食欲を刺激しません。

我が家は昔から、白子は湯がくだけでポン酢ともみじおろしのパターンです♪
色々な白子があるけれど、個人的には鯛の白子が好きです。

duckbill:2013/11/12(火) 00:06 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL