• « 2017·04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2014’04.18・Fri

イタドリ

期の変わりで、本業が忙しく、ブログは放置状態、記事ネタは溜まる一方です。(^^;ゞ
このブログは備忘録ですから、すっかり忘れてしまわないうちに、古いネタから記事にまとめて行きたいのだけれど、古いネタほど記憶も薄れていて、記事にまとめるのに時間がかかります。
ブログに時間が取れない折、あまりハードルを上げても放置状態が続くだけなので、取りあえず最新で書きやすいネタで更新しました(^^;ゞ。

4/13日(日)に秋川丘陵を12.58kmほど散策してきたのですが、途中秋川の土手でイタドリを見つけ、良さそうなものだけ採取してきたのです(下写真)。

IMG14041300.jpg


自宅に帰ってから、ひょっとしたら近所のイタドリスポットにも、もう生えているのではと思い行ってみたら、案の定ありました♪
でも、小さな株はたくさん出ているけれど、食べて美味しいのは、株が太くて、葉はあまり開いていない、ポキッと簡単に折れる柔らかいもの。
沢山生えていてもそんな株はあんまり無くて、とりあえずこれだけ採って来ました(下写真)。

IMG14041301.jpg


イタドリは別名スカンポと呼ばれる山野草で、噛んでみると酸味があります。
小さい頃からスカンポの名前と齧ると酸っぱいことは、知識としては知っていたけれど、あまり食べる機会もなくて、その美味しさを知ったのは、結構最近だったりします。

さて、秋川で採ってきたイタドリと合わせ、早速下処理です。

イタドリはシュウ酸が含まれているのでアク抜きが必要。
茎の皮を剥き、板ずりをして節を潰し、一晩水に漬けアクを取る。
その間何度か水を取り替える。

IMG14041400.jpg


さて翌日。
沸騰したお湯に水切りしたイタドリを入れて、再び沸騰したらすぐザルにとって流水で冷まし、水気を切る(茹で過ぎ厳禁!)。
別の鍋にごま油と種を取って輪切りにした唐辛子を入れ加熱し、油に辛味を移す。
イタドリを入れ軽く炒め、ソバツユ、お酒、味醂を加えさっと炒め煮にして出来上がり。
あくまで加熱し過ぎは禁物(下写真)。

IMG14041401.jpg


イタドリって美味しいんですよ。
もともと持っている特有の酸味とシャキシャキっとした歯ざわりがたまらないんです。
今回は葉も少し入れてしまったけれど、ちょっと開いてしまった葉は食感が悪くなるので、取った方がGood!

あまりに美味しかったものだから、その2日後に家内がまた近所で摘んできてました(笑)(下写真)

IMG14041600.jpg


イタドリを楽しめるのは春の短い一時。
ちょっと過ぎればすぐ大株になってしまって、もう固くて食べられません。
塩漬けで長期保存はできるのですが、その前に、塩漬けするほど採ってみたいものですナ(笑)。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie料理  トラックバック(0) コメント(4) TOP

Next |  Back
そうだったのか・・・イタドリと言うのかあ・・・。f(^^;)
私が子供の頃、川竹とか誰かが勝手に名前をつけてました。(笑)
折る時にポキッと音がしないヤツはヘビが入ってるから
食べるなとガキ大将から教えられました。f(^^;)ナイナイ

河原で折って皮をむき塩をふって食べてました。(笑)生で・・・
その時はたいして美味しいとは思ってなかったですが・・・。(汗)
年下の者への見栄で食べてたのかなあ。。。f(^^;)

川竹で検索しても出てこないので、(笑)
あの時食べてたのは何だったんだろうと思ってたんですが、
やっと解決しました・・・たぶん・・・。(笑)

akkyan:2014/04/18(金) 14:29 | URL | [編集]

> akkyanさん
あぁ!きっと間違いないです。
大抵子供の頃に齧りますもの。
しかし、ポキッっと音がしなけりゃ蛇が入ってるって・・・一緒にタンパク質まで摂取できます(爆)
沢山じゃなければ、生でも食べられるけど、生じゃたいして美味しくないですよね(笑)
この記事のように炒め煮にすると、かなりいけますよ♪

duckbill:2014/04/18(金) 23:15 | URL | [編集]

そんな風にしていただくとおいしいのですね。少し山の中に入っていったところで採ったことがあります。でもその時は食べませんでした。食べたことがないものは知識がないとダメですね。大きくなっているのを採ってきて乾燥させて一輪挿しを作りましたよ。

kuishinbou:2014/04/19(土) 08:43 | URL | [編集]

> kuishinbouさん
このやり方が簡単で一番美味しいような気がします。
太くてまだ柔らかな茎を、シャキシャキ感が残るくらいの加熱で仕上げると、結構癖になる美味しさです。
私も山菜はまだ知識が足りないのです。
イタドリは見分けが出来るけれど、他の山菜はまだなかなか見分けられなくて、美味しいものを随分見逃しているに違いありません(^^;ゞ

duckbill:2014/04/21(月) 01:49 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。