• « 2017·09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »

------- お知らせ -------

私も所属している東京きのこ同好会が主催する「第10回きのこ展~森の妖精達と遊び、学ぶ~」が、9月29日(金)~10月/1日(日)の3日間に渡って、多摩センターの パルテノン多摩特別展示室で開催されます(入場無料、販売等は一切ありません)。
膨大な数の食・毒・猛毒な生の野生きのこが展示されます(前回の様子)。
話のタネに猛毒きのこを見にきてね~♪(私duckbillもきのこ展実行委員をやっていま~す)
 ※お友達へお願い♪ ブログ、FB、Twで拡散希望だよ~♪


2014’07.15・Tue

続25・野のキノコ

常々キノコに詳しくなりたいと思っているので、それが食べられるキノコであろうと、食べられないキノコであろうと、散策に見かけたキノコは写真を撮って、後でNETや図鑑で調べ、できるだけ何のキノコであるか推定をしています。
時々は山菜も加わります。
勿論まだ知識が無いので、推定できなかったり、推定間違いだったりすることも多い筈です。
掲載したキノコや山菜のそんなケースで、正しい名前をお判りの方がおられましたら、ぜひにも教えて頂けると大変嬉しいのです。・・・宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
なお、この記事で食べられる、又は食べたと掲載したキノコや山菜の安全を保障するものではありません。
特にキノコは食菌と知られていても、人によっては中毒を起こしたりすることもあります。
野のキノコや山菜を食べて楽しむのはあくまで自己責任でお願いいたします。
※全ての写真は、クリックすればより大きなサイズでご覧になれます。
このシリーズの前回はこちら



7/5日(土)
この日は八王子で東京きのこ同好会の「梅雨時のきのこ観察会」がありました。
小雨決行なのですが、この日は小雨ではない結構な雨降りだったのです。
雨を見て急にテンションが下がった家内は、「誰も来ないから行くのを止めようよ!」とまるで行く気が無い。
でもこんな雨では、あの根性入りまくりの会員の方々が来ない訳が無いことを、私は知っています。
彼ら&彼女らは、台風でもきっと来る筈だもの(笑)。
家内の尻を叩いて何とか行ってみたら、案の定~♪♪ 31人も集まって大盛況!!
会長と世話人様の挨拶と注意の後、早速3班に別れ、結構な雨の中、班別に違うルートでキノコ探索開始

随分キノコが出ています。
これはオオホウライタケ(下写真左:傘表、右:傘裏)。
毒はなく一応可食なようですが、多分誰も食べません。

IMG14070500.jpg IMG14070501.jpg


アンズタケ(食菌)(下写真左)とカレエダタケ(可食)(下写真右)
ホウキタケの仲間と思ったのですが、カレエダタケと鑑定されました。

IMG14070502.jpg IMG14070503.jpg


ノボリリュウタケ(可食)(下写真左)とキツネタケの仲間(下写真右)
現時点で私には、キツネタケ、オオキツネタケ、カレバキツネタケ(いずれも可食)の見分けが出来ません(笑)

IMG14070504.jpg IMG14070505.jpg


オチバタケの仲間、多分ハナオチバタケ(下写真左)とカレエダタケモドキ(不食)(下写真右)

IMG14070506.jpg IMG14070507.jpg


アワタケ(食菌)?(下写真左)とマンネンタケ(霊芝)(下写真右)

IMG14070508.jpg IMG14070509.jpg


ヒロヒダタケ(毒菌)(下写真左:傘表、右:傘裏)。

IMG14070510.jpg IMG14070511.jpg


ニセショウロ属の一種(下写真左)とアイタケ(食菌)(下写真右)

IMG14070512.jpg IMG14070513.jpg


不明イグチ(下写真左:傘表、右:傘裏)。
多分キアミアシイグチかミドリニガイグチ? 雨で濡れていて、色も変色しがちです。

IMG14070514.jpg IMG14070515.jpg


お昼を食べた後は、それぞれ採ってきたキノコを広げて、先生方が分類、鑑定をして行きます(下写真)。

IMG14070517.jpg
 
IMG14070518.jpg IMG14070519.jpg IMG14070530.jpg IMG14070531.jpg
IMG14070532.jpg IMG14070533.jpg IMG14070534.jpg IMG14070535.jpg
IMG14070536.jpg IMG14070537.jpg IMG14070538.jpg IMG14070539.jpg
IMG14070540.jpg IMG14070541.jpg IMG14070542.jpg IMG14070543.jpg
IMG14070544.jpg IMG14070545.jpg IMG14070546.jpg IMG14070547.jpg
IMG14070548.jpg IMG14070549.jpg IMG14070550.jpg IMG14070551.jpg
IMG14070552.jpg IMG14070553.jpg IMG14070554.jpg IMG14070555.jpg
IMG14070556.jpg IMG14070557.jpg IMG14070558.jpg IMG14070559.jpg
IMG14070560.jpg IMG14070561.jpg IMG14070562.jpg IMG14070563.jpg
IMG14070564.jpg IMG14070565.jpg IMG14070566.jpg IMG14070567.jpg
IMG14070568.jpg IMG14070569.jpg IMG14070570.jpg IMG14070572.jpg


鑑定の後は、鑑定を行った講師の先生方から、キノコの判定に関する色々なお話をして頂き、閉会となりました。
講師の先生方、世話人の方々、大変お世話になりました。
とても勉強になって、知識も増えるに従い、ますます判らなくなって来ている自分が居ます(笑)
大雨にも関わらず、大変盛況な観察会で、参加者の熱気で帰りには雨も上がりました(笑)。

自宅の近くで、行きに見つけていたタマゴタケを、帰りに採取しました(下写真)。
これはこの日の夕食のスープになりました。

IMG14070573.jpg
 



7/6日(日)
この日は週末の散策日。
暑いですから、山のルートは避けて、キノコを観察しながら軽い散策コースを巡ることにしました。
コースは高幡不動尊の裏山から南平の市街に抜け、かたらいの路で多摩動物園の裏山を通り、平山城址公園入口手前から季重神社、神社右脇を下り、平山緑地を抜け、宗印寺、平山城址公園駅までのルート。
イグチ類は随分発生していましたが、雨の翌日なのでまだ地面も湿っており、グズグズになっているイグチが目立ちました。

傘裏がヒダなのにイグチの仲間のキヒダタケ。(下写真左:傘表、右:傘裏)。
以前は食菌の扱いだったようですが、人によってか、又は食べ方のせいか食当りの例もあるようで、食べるには注意が必要なようです。

IMG14070602.jpg IMG14070603.jpg


これはオクヤマニガイグチ(食不)、それともコビチャニガイグチ(食不)?
最近この2種の違いがますます判らなくなりました。(下写真左:傘表、右:傘裏)
苦い方がオクヤマニガイグチですから、ちょっと齧ってみれば判ったかもしれません(笑)。

IMG14070604.jpg IMG14070605.jpg


コテングダケモドキ(毒菌)。(下写真左:傘表、右:傘裏)

IMG14070606.jpg IMG14070607.jpg


不明菌、傘表がササクレ状です。
アセタケの仲間でしょうか?コバヤシアセタケのようにも見えます。(下写真左:傘表、右:傘裏)

IMG14070608.jpg IMG14070609.jpg


チャニガイグチ(食不)でしょうか。(下写真左:傘表、右:傘裏)

IMG14070610.jpg IMG14070611.jpg


ヌメリニガイグチ(食毒不明)。(下写真左:傘表、右:傘裏)

IMG14070613.jpg IMG14070614.jpg


アンズタケ(食菌)もありました。(下写真左:傘表、右:傘裏)

IMG14070615.jpg IMG14070616.jpg


イボタケの仲間(下写真左)と、アラゲキクラゲ(食菌)(下写真右)。
アラゲキクラゲは当然ゲットです♪

IMG14070612.jpg IMG14070632.jpg


タマゴタケ(食菌)もあちこちに生えていました(下写真2枚)。
迷わずゲットです♪

IMG14070630.jpg IMG14070631.jpg


徳利みたいな形状で凄い迫力なオオオニテングダケ(食毒不明)。
初めてみました。持ってみたら重さもズッシリ(下写真2枚)

IMG14070617.jpg IMG14070618.jpg


キニガイグチ(食菌)でしょうか?(下写真左:傘表、右:傘裏)

IMG14070619.jpg IMG14070620.jpg


ちょっと傷つけるとあっという間に毒々しい青色に変わるアメリカウラベニイロガワリ(下写真左:傘表、右:傘裏)
でも美味しい食菌ですから、これはゲット♪

IMG14070621.jpg IMG14070622.jpg


ウコンハツ(不食)(下写真2枚)

IMG14070623.jpg IMG14070624.jpg


ノウタケ(食菌)(下写真左)とテングツルタケ(下写真右)。
テングツルタケは可食のようですが、猛毒菌の多いテングタケの仲間で、紛らわしいキノコも多いのですから、食べないのが賢明です(笑)。

IMG14070627.jpg IMG14070629.jpg


ブドウニガイグチ(不食)(下写真左)と、こちらは多分ミドリニガイグチ(可食)かなぁ(下写真右)。

IMG14070626.jpg IMG14070625.jpg


この日、採取して来たタマゴタケ(下写真)は、

IMG14070634.jpg


やはり採取してきたアラゲキクラゲと一緒に夕食の美味しいスープになりました(下写真)。

IMG14070639.jpg


一方、アメリカウラベニイロガワリ。
身は鮮やかな黄色なのだけれど、こんな風にちょっと裂いただけで、あっという間に毒々しい青色に染まります(下写真左)。
虫出しのため塩水に漬けると、青色が溶け出し水も真っ青。傘表も青黒くなって(下写真右)、大抵の人はここで食べるのを断念する筈(笑)。

IMG14070637.jpg IMG14070636.jpg


ところが、この虫出しをしたアメリカウラベニイロガワリを茹でるに従い、どんどん青色は消えて、傘色も美味しそうな焦げ茶色に変わります。
スライスしてみると、身は綺麗な黄色に戻っていて、とても美味しそうな外観に変わっています。
名前通り、ほんとに変わり身の早い奴(笑)。
スライスしたアメリカウラベニイロガワリが熱いうちに、醤油、本味醂にそば汁少々、好みにより酢を加えた漬汁に漬けて、夕食のツマミが出来上がり(下写真)。

IMG14070638.jpg


他のイグチには無いコリコリ感が、とても美味しいキノコです。
でも、バライロウラベニイロガワリという強い毒を持った似たキノコもあるので、要注意。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorieきのこ・山菜  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
拝見していつも思うのは東京近郊の森は豊かだなあってこと。

関西も中国地方も急峻な地形を除けば豊かなんですけどね、六甲山系はちと崩壊しすぎでしょうね(^_^;)

でも、さらに豊かだなぁって思うのは東北の森ですね
って行ったこと無いのですが遠野のブログなどを見ると、山渓そのもの。
テンカラ釣り・山菜採り、キノコ狩りと三拍子揃ってますもの。

ツルタケの傘のテンプラは絶品かもしれませんよ。
一度大量に採取して、齧って3時間くらいして異常なしだったので食べちゃいました。

かなり美味しかったですが、キノコ中毒には即発症する神経毒以外にも2~3日経過して発症する中毒もあると知りその後は食べなくなりました(^_^;)
やっぱりそのほうが賢明でしょうね♪

akicici:2014/07/16(水) 01:12 | URL | [編集]

> あきちゃん
確かに、東京の近郊って、思ったよりキノコが豊富です。
でも、自分も野のキノコに興味が無かった時は、道端のキノコは全く見えていないかったので、興味がある人にだけ判ることですね(笑)。

そう言われたら、東北にもキノコ狩りに行ってみたいですね。
東北は無理でも、今年は富士山にキノコ狩りに行く予定。

ツルタケもカバイロツルタケもキタマゴも食べたことがありますよ。(^^)
でもタマゴタケを除いて、テングの仲間の常食や多食はリスキー過ぎて割りに合わないかな。

この季節は連日、自家採取のキノコを山ほど食べています。
種類はまだ限定的だけれど、ようやく自分の判定でしっかり食べられるようになりました。(^^)v

duckbill:2014/07/16(水) 08:57 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL