• « 2017·03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2014’09.15・Mon

市販エノキタケを乾燥

最近、乾燥キノコを作って在庫するのがマイブームです。
勿論、食材乾燥はこのブログでは専用カテ(食材乾燥カテゴリ)もある通り、随分以前から色々なものを乾燥させてきているし、キノコの乾燥に至っては、毎年キノコの季節に野で採集してきたキノコを乾燥保存しています。
でも野のキノコと違って、いつでもスーパーで買える市販キノコは特段保存する必要もないのですから、シイタケの栽培セットで大量に採れた時に乾燥させたくらいで、これまで乾燥させたことが無かったのです。
でも生キノコと乾燥キノコでは味も香りの強さも、そして食感は全く違うのですから、生の代用品ではなく別のものと考えれば話は違う。
お盆休みに白樺湖にいった際、佐久の産直で乾燥シメジを購入してきたのがきっかけで、八百屋で購入したブナシメジの乾燥(この記事)やハナビラタケの乾燥(この記事)を行ったところ、乾燥エノキも美味しいよとコメントを頂いたものだから、今度はエノキタケの乾燥にトライしたのです。

我が家の近くの安い八百屋さんでは、エノキタケを通常2パックで100円、安い時は3パックで100円で売っています。
この日は安い時で、3パックで100円だったので、200円で6パック購入(下写真)。
早速自作ディハイドレーターで乾燥させたのです。

IMG14091201.jpg


出来上がった乾燥エノキは93g(下写真)。
NETで乾燥エノキの値段をを調べると、1gあたり10円弱だから93gだと900円前後?
若干の手間隙はかかるけれど、これが200円だもの、コスパも素晴らしい♪

IMG14091202.jpg


このままちょっと口に入れてみたら、聞いていた通り、スルメみたいに強い旨み。
何だかこのままビールのツマミになりそうです(笑)。

この乾燥エノキの実力の程はいつもの通り、炊き込みご飯でチェック(下写真)
乾燥キノコは生と比較し香りも旨みも強く、独自のシャキシャキした食感もなかなか良いのです。
案の定、乾燥エノキも旨みはかなり出ていて美味しく、乾燥シメジよりこちらの方がより旨みは強いような気がしました。

IMG14091402.jpg


これで我が家の自家製乾燥キノコの在庫は、
野のキノコが、乾燥ポルチーニ(ヤマドリタケモドキ)大量、乾燥モリーユ(アミガサタケ)、乾燥ジロール(アンズ茸)、乾燥タマゴタケ、乾燥キクラゲ、乾燥ノウタケ、乾燥コウタケ。
市販キノコが、乾燥シメジ、乾燥ブナシメジ、乾燥ハナビラタケ、乾燥エノキ茸、・・・あっ、勿論乾燥シイタケもあるか。
次のターゲットは市販物のエリンギとヒラタケかな(笑)。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorie食材乾燥  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
なるほどー。
市販のマイタケやエノキも干すという手がありましたね。
夏のキノコの安い時に、作っておけばよかったです(^-^;。

いずみ:2014/09/16(火) 16:39 | URL | [編集]

> いずみさん
干したものは味も香りも食感も生とはまた別だから、作っておくといつでも楽しめますね~。(^^)
そう言えば、ゴーヤを沢山干してらっしゃいましたね。
そうそう、ターゲットにマイタケを忘れてました。
安く出てたら買って干さなきゃ(笑)

duckbill:2014/09/17(水) 00:25 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL