• « 2017·05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2014’09.21・Sun

続29・野のキノコ(初めての富士山キノコ観察)

常々キノコに詳しくなりたいと思っているので、それが食べられるキノコであろうと、食べられないキノコであろうと、散策に見かけたキノコは写真を撮って、後でNETや図鑑で調べ、できるだけ何のキノコであるか推定をしています。
時々は山菜も加わります。
勿論まだ知識が無いので、推定できなかったり、推定間違いだったりすることも多い筈です。
掲載したキノコや山菜のそんなケースで、正しい名前をお判りの方がおられましたら、ぜひにも教えて頂けると大変嬉しいのです。・・・宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
なお、この記事で食べられる、又は食べたと掲載したキノコや山菜の安全を保障するものではありません。
特にキノコは食菌と知られていても、人によっては中毒を起こしたりすることもあります。
野のキノコや山菜を食べて楽しむのはあくまで自己責任でお願いいたします。
※全ての写真は、クリックすればより大きなサイズでご覧になれます。
このシリーズの前回はこちら



8/30日(土)
この日は、東京きのこ同好会の「富士山きのこ観察会(9/6日)」のための下見を目的とした観察会で、私も加えて頂きました
八王子南口にAM6:40までに集合し、貸切りのバスで富士山五合目に着いたのが、AM9:10頃(下写真)。
なにせ富士山でのキノコ観察は初めてです。
生憎の小雨模様ですが、そんなものは屁でもない。
上下とも雨具を着て準備万端、やる気は満々♪

IMG14083002.jpg


ここから精進口登山道を三合目まで下りながら、登山道を跨いで両側の原生林を行ったりきたりして、キノコを観察&採取。

IMG14083003.jpg


アミハナイグチ(下写真左)とアンズタケ(下写真右)
アミハナイグチは誰も採ろうとしないけれど、結構美味しいキノコで私は好きです。

IMG14083004.jpg IMG14083005.jpg


何ともすごい色のカワリハツ?(下写真左)やハナビラダクリオキンかコガネニカワタケ(下写真右)
生えている木が針葉樹ならハナビラダクリオキンで広葉樹ならコガネニカワタケの筈。
あまり木には詳しくないので、この写真で木が何の木だったか判りません(笑)。
ツガ(針葉樹)かなぁ・・・

IMG14083006.jpg IMG14083007.jpg


ベテランの方がヌメリスギタケがビッシリ生えている倒木(下写真左)と、マスタケ(下写真右)を発見。
マスタケはこれまで食べたことが無いので、味見用に少し頂きました。

IMG14083009.jpg IMG14083010.jpg


フジウスタケ(下写真左)、そして何とも綺麗なベニテングダケの幼菌(下写真右)

IMG14083011.jpg IMG14083012.jpg


念願のヤマドリタケを何本か見つけました(下写真2枚)。
我が家の近くではヤマドリタケモドキは沢山発生するのですが、ヤマドリタケは発生しません。
どちらでもイタリアではポルチーニ(Porcini)、フランスではセップ(Cèpe)と呼ばれる高級キノコ。
でもヤマドリタケモドキという名前からしてヤマドリタケのようなものという意味ですから、何だか偽物感がぷんぷん(笑)。
おまけに東京きのこ同好会の先輩諸氏は、本物(ヤマドリタケ)の方が段違いに美味いと声を揃えて言うものだから、ぜひ本物を見たい、あわよくば採取して味見をしたいと思っていました。
これで味見ができるぜい♪ ♪ d(⌒o⌒)b♪ ヤッタネ!

IMG14083000.jpg IMG14083001.jpg


12時20分頃に集合場所の三合目広場に到着。
日頃の行いが良いせいで、雨も途中からすっかり上がり、下ももう乾いています。
持参したおにぎりで昼食の後、いつものように各自が採取してきたキノコを並べて鑑定です。

集まったキノコの中にドクヤマドリがありました(下写真)。
これも見てみたかったキノコです。
イグチ系のキノコに毒キノコはないというそれまでの通説を覆したキノコで、かなり強い毒を持っているそうです。
ヤマドリタケと似ているので要注意なのですが、初めて見るドクヤマドリは図鑑そのままの姿で、ヤマドリタケとは考えていたよりハッキリ区別できそうに思えます。
でも幼菌だと紛らわしいケースもあるかな?

IMG14083013.jpg


マツタケを採取してきた方もいました(下写真)。
さすがベテラン!
私には到底見つかるようには思えない(笑)。

IMG14083066.jpg


鑑定が終わった順に用紙に記入して並べていきます(下写真)。

IMG14083014.jpg


さすが富士山、きのこの種類も多く、撮ったものだけで63種(下写真)。
撮り忘れも含めると70種類を超えていたそうです。
なお下写真2枚目の「フサヒメホウキタケ」は「ホウキタケの仲間」に、12枚目の「ウツロベニハナイグチ」は「カラマツベニハナイグチ」に、撮った後で訂正されています。

IMG14083015.jpg IMG14083016.jpg IMG14083017.jpg IMG14083018.jpg
IMG14083019.jpg IMG14083020.jpg IMG14083021.jpg IMG14083022.jpg
IMG14083023.jpg IMG14083024.jpg IMG14083025.jpg IMG14083026.jpg
IMG14083027.jpg IMG14083028.jpg IMG14083029.jpg IMG14083030.jpg
IMG14083031.jpg IMG14083032.jpg IMG14083033.jpg IMG14083034.jpg
IMG14083035.jpg IMG14083036.jpg IMG14083037.jpg IMG14083038.jpg
IMG14083039.jpg IMG14083040.jpg IMG14083041.jpg IMG14083042.jpg
IMG14083043.jpg IMG14083044.jpg IMG14083045.jpg IMG14083046.jpg
IMG14083080.jpg IMG14083048.jpg IMG14083049.jpg IMG14083050.jpg
IMG14083051.jpg IMG14083052.jpg IMG14083053.jpg IMG14083054.jpg
IMG14083055.jpg IMG14083056.jpg IMG14083057.jpg IMG14083079.jpg
IMG14083059.jpg IMG14083060.jpg IMG14083061.jpg IMG14083062.jpg
IMG14083063.jpg IMG14083064.jpg IMG14083065.jpg IMG14083067.jpg
IMG14083068.jpg IMG14083069.jpg IMG14083070.jpg IMG14083071.jpg
IMG14083072.jpg IMG14083073.jpg IMG14083074.jpg IMG14083075.jpg
IMG14083076.jpg IMG14083077.jpg IMG14083078.jpg


この日見たキノコを確認できる範囲でメモしておきます(アイウエオ順)。

アカアザタケ、アカジコウ、アカタケ、アカネアミアシイグチ、アカヤマタケ、 アケボノアワタケ、アシベニイグチ、アブラシメジ、アミハナイグチ、アンズタケ、 ウスタケ、ウスヒラタケ、エセオリミキ、オオカシワギタケ、オオキツネタケ、 オオダイアシベニイグチ、オニナラタケ、カラマツベニハナイグチ、カワリハツ、 キイロイグチ、キイロケチチタケ、キサマツモドキ、キハツタケ、クサイロハツ、 クサハツモドキ、クリイロイグチモドキ、クリカワヤシャイグチ、ケロウジ、 コガネヤマドリ、コゲエノヘラタケ、ゴヨウイグチ、シロハツ、スギタケモドキ、 タマゴタケ、ツガマイタケ、ツルタケ、トガリツキミタケ、ドクヤマドリ、 ニオイカワキタケ、ヌメリスギタケ、ハナガサタケ、 バライロウラベニイロガワリ、ヒロハチチタケ、フサクギタケ、フジウスタケ、 ベニテングタケ、ホウキタケ、マツタケ、ミヤママスタケ、ムラサキアブラシメジモドキ、 ムラサキフウセンタケ、モウセンアシベニイグチ、ヤマイグチ、ヤマドリタケ、



9/2日(火)
お昼休みに近所のキノコスポットをチェックしてきました。
何とナラタケモドキを発見(下写真左)。
ヤマドリタケモドキは1本だけだけれど、かなり良い状態です(下写真右)。

IMG14090200.jpg IMG14090201.jpg


収穫は上記2種にタマゴタケが2本(下写真右)。

IMG14090202.jpg


ヤマドリタケモドキはこの日の夕食にアヒージョにして頂きました(下写真)。

IMG14090203.jpg


下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

Categorieきのこ・山菜  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
樹海に踏み込んでキノコを探すなんて(・o・)
道に迷ったりしないのですか?

でも幻の松茸が生えてるなんて、流石富士の山麓は懐が深いのですね(*^_^*)

私たちは最近月火木金とテニス三昧です。
土日はアルバイトがあるので、キノコ狩りはお預け状態ですわ(^_^;)

週末雨模様だそうですから雨上がりを狙って行ってみなくっちゃ。

akicici:2014/09/22(月) 20:21 | URL | [編集]

> あきちゃん
何せ富士樹海、迷うと結構危ないのです。(^^;ゞ
なので事前に迷わないための注意と、迷った場合のレクチャーを色々受けました(笑)。
樹海に入って登山道に沿って進んでいるつもりが、気づくと結構入り込みます。

富士山のマツタケは有名なようですよ。
ベテランさんの目的は最初からマツタケで、自分のシロを持っていて、ガンガン樹海の奥に入り込んでました。

雨が多かった今年はキノコの当たり年のようですから、キノコチェックに行ってみてください(笑)

duckbill:2014/09/22(月) 21:06 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL