2016’11.29・Tue

中津川の栗菓子頂きました♪

このところ記事をまとめる時間がなかなか取れず、下書きがかなり溜まった状態。
書けるものから順不同でアップロードしています。

少し前の記事になります。
カイエさんから、「本日、荷受けお願いしまーす。 」とメールを頂いたのだけれど、実はその30分くらい前に既に荷物は届いていました(笑)。・・・10/31日
カイエさんだけじゃなく、最近我が家では、荷物が先のパターンが多いのです(笑)。
送られてきたのは中津川の栗菓子(下写真)。

IMG16103100.jpg


岐阜県の中津川と恵那は栗きんとんの発祥地と言われていて、全国的に有名な栗菓子の産地なのです。
沢山の店が各々の栗きんとんや栗菓子を作っていて、それぞれに少しずつ違うのです。
もっともそれも、カイエさんからこの時期(中津川の菓子祭りの時期)に毎年色々な栗菓子を頂いて、知ったことです。

今年もより取り見取り、沢山の栗菓子を送って頂きました(下写真)。

IMG16103101.jpg


七福のモチモチ栗きんとん巻(下写真左)と一休の森の水鏡(下写真右)

IMG16103102.jpg IMG16103103.jpg

モチモチ栗きんとん巻は小麦粉系の焼き皮で栗きんとんを巻いたもの。
森の水鏡は以前も頂いたことがある栗菓子で栗きんとんを葛餅で包んだもの。


信玄堂の水彩きんとん(下写真左)と信玄堂と一休の栗きんとん(下写真右)

IMG16103104.jpg IMG16110100.jpg

各店とも結構似たタイプの品揃えを持っていたりしますが、この水彩きんとんは七福で言えば↑の森の水鏡とシンクロするかな。
森の水鏡と違い、水彩きんとんの方は栗きんとんを一旦こしあんで包んでから透明な皮(これは葛餅では無いの・・かな)で包んでいます。
元々栗と小豆餡の組み合わせは相性良いですから、どちらかと言えばこちらの方がより好みかな。
栗きんとんはツブツブ感と口解けの良さで一休の方が好きです。
信玄堂の方が滑らかなのだけれど、その分舌にねっとり張り付いて口解けが悪くなっています。
滑らかでありながら口解けが良いのが理想だけど、なかなか難しいのでしょう。

七福の栗きんとんコロネ(下写真左)と栗の入ったカップケーキ?(名前が書かれていたかなぁ?)(下写真右)

IMG16110201.jpg IMG16110202.jpg

カップケーキは美味しかった記憶はあるけれど、記事にするまでの時間が経ってちょっと記憶が曖昧。
栗粒が入っていて生地にも栗粉が混ぜられていたかな?

一休のおいでんさい(下写真左)、そして七福の宿場の茶屋柿と柿の木の五百羅柿(下写真右)

IMG16110203.jpg IMG16110300.jpg

おいでんさいは小麦粉系の焼き皮で栗きんとんを挟んだもの。
形は違うけれど、↑の七福のモチモチ栗きんとん巻と同じく、小麦粉系の焼き皮と栗きんとんの組み合わせタイプ。
このタイプは勿論美味しいけれど、順当過ぎてちょっと大人しいかな。
宿場の茶屋柿と柿の木の五百羅柿はどちらも市田柿の中に栗きんとんを挟んだもの。
このタイプはこれまで一休の杣の木漏れ日や氷室の雪雫を頂いていますが、七福と柿の木のは初めて頂きました。
私は超が付くほど干し柿好きなので、どちらも美味しかった♪
この干柿と栗きんとんのタイプは店ごとの工夫によるちょっとした相違はあるけれど、どの店にもある定番(でも一休が元祖のようです)。
中津川と恵那の栗菓子店で消費する市田柿の総量ってきっと凄いのでしょうね。

上から時計回りに、仁太郎の栗千年、信玄堂栗いむ大福と七福の栗納豆、そして信玄堂の栗きんとんパイ(下写真)

IMG16110400.jpg

栗千年は、今までカイエさんに頂いた栗菓子の中では初めてのタイプ。
外観はせんべいだけれど、口に入れるとスウーっと溶けて栗きんとんに変わりますナ。
これって米粉や小麦粉などを一切使わず、栗きんとんだけを焼いてパリっとさせたもの?
想像を裏切る食感がとても斬新でした♪
栗いむ大福は栗きんとんと生クリームを混ぜた餡を包んだ大福、そして栗納豆は栗一粒をそのまま使って作った甘納豆。
この栗納豆も各店が大体揃えている定番栗菓子で、言うまでも無く美味しいです。
栗きんとんパイは↑で出てきた七福の栗きんとんコロネと同じく、パイ生地と栗きんとんという組み合わせパターン。
このパターンはパイ生地のサクサク食感が加わって美味しいですね。
小麦粉系の焼き皮タイプ(モチモチ栗きんとん巻やおいでんさい)より、ずっといい♪
この二つ、形の完成度と上に乗っている栗の分、七福の栗きんとんコロネの方に一票です。

今年も中津川の栗菓子をすっかり堪能しました。
カイエさん、いつもいつも有難うございます。m(_ _)m ご馳走様でした♪
東京にいながら、ますます中津川の栗菓子通になって来ています(笑)。(^^)

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2016’11.10・Thu

一番搾りのキャンペーン商品の頂きもの

ちょっと前のことになります。
ピンポーンとインターホンが鳴って、宅急便の配達があったのです。
お届け物の予定もないし、送り主を聞いたら、キリンビールからで、一番搾りのキャンペーン商品なんだとか。
あれま!(゚Д゚)ハァ?
我が家はサントリーのプレミアムモルツと金麦はキャンペーンを時々申し込むけれど、一番搾りは申し込んだ覚えがありません。
品物の届け先を確認したら、間違いではなく確かに私宛になっています(下写真)。

IMG16100602.jpg


間違いじゃないと判れば、一番搾りのキャンペーンだし、これはきっと緋子さんの仕業(笑)に違いない。
以前も私の住所と名前で一番搾りのキャンペーンに応募してくださったことがあって(この記事)、あー、こんなプレゼントの仕方もあるんだ~!と驚いたのです。
そこで、「いつもお心遣いありがとうございます。 緋子さんが当方の住所で申しこんでくれたんだというのはすぐに想像がつきました。」とメールしたら、
案の定、「わざわざお知らせしなくてもと、思っていましたもので((◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ) 」とお返事がきましたナ♪

早速開けてみたら、ペアグラスと4種類の一番搾りのセット(下写真)。
ペアグラスは紅葉模様と銀杏模様が描かれているもので、いつもは白いこの模様が、ビールを注ぐと色付くって仕掛け。
4種類の一番搾りのセットは一番搾り、一番搾りプレミアム、一番搾りSTOUT、一番搾りSingle Malt。
ラベルを詳細に見たら、4種類すべてが私が好きなオールモルトです。

IMG16100603.jpg

でも、プレミアムやSingle Maltならいざ知らず、普通の一番搾りってオールモルトだった?
「キャンペーン限定製造」ってことだから、特別にオールモルトで作ったのでしょうか?
届いた時は白樺湖山荘でのオフ会「山下げ会」に出かける直前だったので、山荘から帰って来て頂きました。

一番搾り(下写真左)はアルコール成分: 5%、原材料は 麦芽・ホップのみですから確かにオールモルト。
一番搾りプレミアム(下写真右) は アルコール度数: 5.5%、原材料:麦芽・ホップと勿論オールモルト。

IMG16101502.jpg IMG16101503.jpg


一番搾りSTOUT(下写真左)はアルコール度数: 5%、原材料:麦芽、ホップとこちらもオールモルト。
一番搾りSingle Malt(下写真右)はアルコール度数: 5.5%、原材料:有機麦芽・有機ホップとこれも勿論オールモルト。

IMG16101900.jpg IMG16110900.jpg

STOUT(黒ビール)を除いて他は全てピルスナーです。
オールモルトだけあって、どれもコクがあって美味しかったのですが、一番好みは一番搾りプレミアムかな。
最近黒ビールは少し苦手になっていたのですが、一番搾りSTOUTが存外に美味しく、ちょっとビックリ。
緋子さん、美味しいビールと素敵なグラスセット、ありがとうございました~♪
改めてお礼申し上げます、m(_ _)m

コーンスターチや糖を混ぜて誤魔化したものではなく、やっぱりオールモルトこそがビール。
以前はエビスとサントリープレミアムモルツだけがオールモルトビールだったけれど、地ビールの活況も加わって、他の大手さんも皆オールモルトビールを出すようになりましたな。
オールモルトビール好きには嬉しい限りです。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2016’11.05・Sat

プレモルキャンペーン

ちょっと前の事になります。
サントリープレミアムモルツの応募シールポイントが溜まっていたので、誰でも貰えるキャンペーンを申し込んでいたのです。
もう終了しているキャンペーンだけれど、この当時のキャンペーンは、ポイント数48点の「出来立て出荷<3缶セット>」。
香るエールコースかザ・プレミアムモルツコースのどちらかが選べるのだけれど、96点を使って両方のコースを申し込んでいました。

で、9月も終わりの日、先に届いたのが、出来立て出荷シールが貼ってあるザ・プレミアムモルツの「出来立て出荷<3缶セット>」(下写真)。

IMG16093000.jpg


4日程遅れて、香るエールの出来立て出荷<3缶セット>も届きました(下写真)。

IMG16100302.jpg


どちらも毎日飲んでいる銘柄なので、珍しくもないけれど、出来立て出荷と思って飲めば、酸化臭がより少なくて何だか香りが清々しい・・・気もしない訳では無い・・・かな(笑)

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2016’08.24・Wed

広島のぶどうを頂きました♪

緋子さんから東京では出回らないぶどうが送られてきました。
開けてみると、安芸クイーンという大粒なぶどう(下写真)。・・・8/9日

IMG16080902.jpg

ネットで調べてみると、名前の通り広島の方で作られる高価なぶどうで、巨峰と巨峰の掛け合わせらしいのですが、巨峰と巨峰でなんでこのような色のぶどうが出来るのでしょう? 突然変異種?
味は甘くて美味しい、そしてちょっとビックリするほど瑞々しい。
週末は白樺湖山荘で夏のオフ会。
半分を山荘に持って行って集まった皆さんにも召し上がって頂きました。
安芸クイーンは全員が初めてだったようで、皆さんに美味しいと評判でした♪
緋子さん、貴重なぶどうをありがとうございました。
改めてお礼申し上げます。m(_ _)m 感謝

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(2) TOP

2016’08.22・Mon

コンデジが壊れた!

いつも散策やキノコ探しの時にポロシャツの胸ポケットに入れているリコーのCX5。
屈んだ時にゴットンと落としまくりだったのです。
そんなハードな使い方をしていたら、その内ズームの動きが悪くなってきて、さらに画像モニターには縦の黒ラインが入るようになりました。
黒ラインは画像モニターの方だけで、撮影した写真には入らないので、そのまま無視をしていました。
そんなある日、画像モニターを見ていた時に突然画像が上下にダブり始めたと思ったら(下写真)、

IMG16072200.jpg


さらに多重にダブリ始め、5秒後にはこんな画面になって、画像は見えなくなりました(下写真)。・・・7/5日

IMG16072201.jpg

この状態でも撮影は出来るようなのですが、モニターに映らなきゃ何処を撮ってるかも判らないし、ピントがあってるかどうかも判らない。(^^;ゞ
さすがにこれは無視できないゾ(笑)
別にミラー型のデジイチはあるけれど、フィールドに持っていくには重い。
このままでは散策に行っても、キノコ観察会に参加しても写真が撮れないのでは、ブログ更新もままならない。
マクロ撮影に向いているカメラじゃないとキノコの撮影にも支障があるし・・・
しょうがないので同じCX5をヤフオクで手に入れることにしたのです。

壊れた方のCX5は2012年の8月に手に入れたものなのですが、その時には既に生産終了機種なので、これも中古品をヤフオクで入手したのです。
それから4年経っていますから、随分安く購入できるかなと期待したら、マクロ撮影に強いことから今でも結構人気があるようなのですナ。
結局、当時の入手価格からちょっとだけしか安くない価格での入手となってしまいました(下写真 左:新規入手のCX5、右:壊れたCX5)。

IMG16072202.jpg

予定外の出費で買い直したのですから、今度は落とさないようにと気をつけていたのですが、既にもう2回ほどゴットン。(^^;ゞ
胸ポケットにジッパーかマジックテープを付けないと無理かなぁ(笑)。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(6) TOP

2016’07.26・Tue

パストリーゼをまとめ買い

色々な保存食を作っている我が家では、何かにつけてアルコールスプレー(パストリーゼ)で殺菌。
アルコールスプレーは殆ど趣味と言ってもいいくらい(笑)。
ずっと1L容器(下写真)で使用していたけれど、結構ヘビーユーザーなものだから、何度も購入するのは不経済。

IMG16072601.jpg


で、この際まとめ買いしてしまおうと5Lの容器のものを2個セットで購入したのです(下写真)。

IMG16071701.jpg


10Lもあるもの・・・もう気兼ねなく殺菌しまくるゾ(笑)

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(6) TOP

2016’04.24・Sun

頂きもの

ちょっと前の記事になります。
4/1日に楽子さんからプレゼントが届きました。
家内が、「楽子さんから何か送られてきましたよ~」って言うのだけれど・・・でもね、その日は4/1日(エイプリルフール)だし、ダメダメその手にゃ乗らないよ~なんて思ってたら、ほんとに送られてきてましたナ(笑)。

早速開けてみたら、ココファームのサクラロゼにスイートタマリンド、モルジブのフィッシュカレーパウダー、自家製お味噌とお手紙が入っていました(下写真)。

IMG16040100.jpg


スイートタマリンドは以前に白樺湖オフ会で楽子さんが持ってきたのを頂いてから(この記事)、結構お気に入り。
特に家内は気に入っていて、スイートタマリンドが入っていたのを見て「キャー♪♪」って狂喜してました(笑)。

我が家も自家製味噌を作っているけれど、元々は楽子さんの自家製味噌を頂いて、あまりに美味しいものだから、レシピを真似て作り始めたもの。
なので楽子さんがお味噌師匠なのですナ。
久しぶりでお師匠味噌を食べてみたら、抜群に美味しいのは当たり前だけれど、何だか凄く懐かしい味がしました。

スキューバーダイビングが趣味の楽子さんはモルジブにも何度もダイビングしに行っています。
このモルジブのフィッシュカレーパウダーもモルジブでお買いになったものでしょう。
カレー好きの私としては、これを使ってモルジブのフィッシュカレーに挑戦する気満々です。

ココファームのサクラロゼは凄く綺麗な色で、名前の通り桜の季節にピッタリ!
実はこの翌日に花見があるので(この記事)、持参してみんなで頂こうかと思ったけれど、勿体無いから止めて、私と家内だけで頂きました(笑)。

・・・・・・・で、後日。
我が家にはパンダンリーフは無かったけれど、カレーリーフの生葉やタマリンドもココナツミルクも常備在庫なので、早速モルジブ風のフィッシュカレーを作ってみたのです(下写真)。


IMG16041500.jpg

使ったフィッシュはマグロの皮ぎしの筋身をタップリ。
そしてモルジブフィッシュの代わりは鰹節。
ライスはバスマティライスのターメリックライスにしたけれど、後で通常の日本米でも食べてみたら、日本米で食べたほうがずっと美味しいのですナ♪
さすが鰹節風味のカレーです(笑)。
とりあえずモルジブのフィッシュカレーを作ったつもりだけれど、何せモルジブに行ったこともなければ、モルジブのフィッシュカレーを食べたこともないので、モルジブ風としました(笑)
レシピは後日、カレーの別記事(「カレー色々」等)で掲載予定。
鰹節やタップリ入れたマグロ、塩代わりに使った魚醤から旨みが十ニ分に出ているので、味はバッチリでした♪
楽子さん、美味しいものをありがとうございました。
改めてお礼申し上げます。m(_ _)m感謝

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2016’04.15・Fri

お花見

4/2日(土)に東京きのこ同好会の有志の皆さんでお花見を行ったのです。
ここは私の自宅から歩いて5分の公園。
不動産屋の売り文句ではなく、ほんとの歩いて5分です(笑)。
両側2列ずつの桜の木が180本ほど続き、その間はずっと芝生の公園が続く、まさに花見にはうってつけ。
でもこの日は雨にはならなかったけれど、生憎の曇りの上とても気温が低い日。
暖かければもっと人も沢山出ているのだけれど、寒いせいでこんな程度です(下写真)。

IMG16040200.jpg


自宅がそばですから、自家製原木生ハムも持ち込み、その場で切りながら皆様にご賞味頂きました。
今我が家で消費中の27ヶ月熟成ものです(下写真)。

IMG16040203.jpg

通りかかった方も足を止めて質問をしてくるので、その何人かにも賞味して頂きました。
皆様、旨みだけではなく、その香りにビックリなさっておりました。
熟成旨みの強さは当然のことで、スペインのハモンセラーノがそうであるように、長期熟成原木生ハムの身上はその香りと脂の甘さです。
でもこの香りを出すには酵母菌や良質のカビの力を借りた熟成が必須なのですナ。

で、肝心のサクラはと言うと、まだ4分咲きくらいだったでしょうか?(下写真2枚)

IMG16040201.jpg
IMG16040202.jpg

寒かったせいで焼酎のお湯割のピッチが上がり、結構酔いが回った方も何人か(笑)。
やっぱりサクラはいいですね~♪ 楽しいお花見でした。

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(8) TOP

2016’04.13・Wed

一番絞りキャンペーン商品を頂きました♪

ちょっと前の3/26日のことになります。
我が家にキリン一番絞りキャンペーン商品の「泡花タンブラーセット」が届いたのです(下写真)。
それも2セットも。
これは一番絞りに貼ってあるシールを集めて応募すると必ず貰えるキャンペーン商品です。
でもこれ、我が家が申し込んだものではなく、時々コメントを頂く緋子さんが私の名前と住所で応募してくれたものです。
なる程~!
そのようなプレゼントの仕方もあるのですね。思いもつかなかった~(笑)。

IMG16032603.jpg


早速開けてみたら、桜の季節にピッタリの桜色の陶器タンブラーと限定醸造の一番絞りのセットです(下写真)。

IMG16032604.jpg


このタンブラーの内側にある桜のマークまでビールを注ぐと(下写真)・・・

IMG16032605.jpg


桜の形の泡になる・・・ってぇ寸法(笑)。(下写真)

IMG16032606.jpg


この桜の季節、毎日このタンブラーでビールを楽しんでいます。
緋子さん、お心遣いありがとうございます。
改めてお礼申し上げます。m(_ _)m感謝♪

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(2) TOP

2016’03.12・Sat

お楽しみBox他の頂き物

このブログに時々コメントを頂いていた緋子さんから、食品の展示会で、北海道の鶏醤の見本を数本手に入れたことや、duckbillさんなら雉醤とかをもう仕込んでいらっしゃるのかも知れませんねといったコメントを頂いたのです。

確かに、魚醤や海老醤を自家製で作っている私は(カテゴリ「自家製アンチョビ・魚醤」)、当然の流れで当初から肉醤もターゲットに入っていました。
和の出汁は鰹節や昆布で時間を掛けないで直ぐ取れるけれど、洋や中華で使用する肉の出汁を取るのは大変時間がかかります。
我が家でも肉の出汁は、半日かけてまとめて取ってはジップロックに小分け・冷凍保存して、使っています。
もし肉醤や、鰹節ならぬ肉節で、和出汁のように時間を掛けないで洋出汁が取れるならなんと便利だろうと考えていたのです。

その後、肉節の方は猪節を作ってはみたのですが、失敗では無いにせよ思ったような結果は得られませんでした(この記事)。
薄く削ったその削り節は、そのまま食べれば充分濃い旨みも感じるのですが、鰹節ならこの位入れれば充分出汁が出る筈と思われる量の猪節で取れる出汁の旨みの量は少なかったのです。
一方その出汁を取った後の猪節と言えば、もうすっかり出がらしになって、旨みも残っていません。
つまり、出汁も薄ければ、出汁がらも出がらしなら、元々持っている旨みの量が少ないということに他なりません。
不思議に思って少し調べてみました。
魚より肉の方が濃厚で美味いと思っている人は多いかも知れないけれど、それは脂質など他の要素の効果であって、肉や魚の旨み成分であるイノシン酸の量に関しては、確かに魚の方が肉より多いのです。

その後も肉醤へのトライはしないままで来てしまったけれど、今一トライに積極的になれなかったのは、前記したこと、つまり結果として、魚醤程の旨みの強さは出ないような気がするという理由からなのです。
なので、緋子さんへの返信コメントに、「鶏醤、使ってみてぜひとも感想(特に魚醤と比較した旨味の量)を教えて下さい。」と書いたのはまさにこの点を確認したかったからでした。

この返信コメントに対し、緋子さんからは、「もしよれば、見本に頂いて帰った物を一本お送りいたしましょうか?」と有りがたい申し出があったものだから、ついついご好意に甘えて「お願いします♪」と答えたところ、早速送って頂いたのです。・・・2/15日

さてさて、届いた荷物、鶏醤にしては随分大きい。
開けてみたら色々な物が出てくるわ、出てくるわ・・・・
鶏醤だけじゃなく、アーモンドオイル、ヘーゼルナッツオイル、国産強力粉ユメノチカラのパスタ、昔ながらの製法で作った片栗粉、牡蠣のペースト、ガロファロのパスタ、ミルキークイーン、干し芋、お菓子類も沢山、クミンシード、だしの素や石鹸まで(笑)。
家内がこれを見て、「何だか、お母さんが子供に送った荷物のようだね~!」と・・・二人で大受けでした(笑)。
お友達からも「お楽しみBox」と言われているそうで、さも有りなんです、凄く楽しいBoxでした♪
ミルキークイーンも初めて使ったけれど、確かにいつもの米に少し混ぜると、モチモチしてより美味しくなるし、片栗粉もいつも使っているやつと全然違います。
ユメノチカラのパスタは腰が強くて美味しかったです。こちらは後々賄いパスタ記事の方に載る・・かな。
頂いた食材は料理の度に大事に使いたいと思います。本当にありがとうございました。m(_ _)m (下写真)

IMG16021504.jpg


さてさて、これが肝心の鶏醤(下写真)。

IMG16030900.jpg


気になっていた旨みの量を比較してみました。
下写真左が鶏醤、真ん中が自家製アンチョビ魚醤、そして右が自家製海老醤(下写真)。
この自家製アンチョビ魚醤は2011年2/19日仕込のもので(この記事)、瓶詰めが2012年6/27日(この記事)ですから、5年1ヶ月程経過した長期熟成魚醤。
そして自家製海老醤は2010年10/24日の仕込みで(この記事)、瓶詰めが2011年9/21日(この記事)ですから5年5ヶ月程経過した長期熟成海老醤。
勿論この間はずっと室温保管です。

IMG16031102.jpg

旨み量の違いは微妙な差ではなく、誰でも判るほどの極めて大きな違いでした。
思った通り、魚醤や海老醤と較べると鶏醤は旨み量は全然少なく、醤というより濃縮出汁程度。
そして魚醤や海老醤が濃い旨みと塩味であるのに対し、鶏醤は穀物由来の醤油っぽい味がします。
これは魚醤や海老醤が魚や海老の塩蔵環境に自然に発生する自己消化、好気性細菌で発酵するのに対し、小麦麹、米糀などの穀物に発生する菌で無理やり発酵させているせいなのだろうと思われます。
鶏醤の栞には、一般的な醤油、魚醤と較べてもグルタミン酸が圧倒的に多いと書いて有りましたが、どんな魚醤と比較したのでしょうか。
穀物麹由来のグルタミン酸だけではなく、魚、海老、肉由来の核酸系旨み(イノシン酸など)の量はどうなのでしょうか。
ともあれ、一滴舐めれば差は誰でも判るくらい結果は歴然でした。

さて、旨み量は足りなかったけれど、この鶏醤で肉醤の良さも再認識できました。
魚醤は旨みは強いけれど、何と言っても魚臭さが問題になります(我が家の5年も長期熟成させた魚醤は、魚臭さもマイルドになっていますが)。
魚臭さは高温では飛ぶけれど、煮ている状態(100℃以下)ではあまり飛びません。
なので、例えばパスタに使用する場合、油がふつふつしている状態に魚醤を加え、魚臭さを飛ばし、旨みだけを鍋に残すようなテクを使います。
でも魚醤を入れた後は焦げ付きやすいので、なかなか扱いが厄介なのです。
その点、肉醤には臭みが無いので、何時でもどんな風にも使えるところが実に使いやすい♪
魚醤並みの旨みを持つ肉醤はやぱり無理なのかなぁ・・・結果は想定通りだったけれど、何だか返って未練がでてきました。
納得いくやり方で少し挑戦をしてみようかと思います。

さて、お楽しみBoxを頂いてあまり日も経っていないのに、又緋子さんから海から採ったばかりという新生ワカメとイチゴ甘王を頂いたのです(下写真2枚)。

IMG16022901.jpg
IMG16022900.jpg


新生ワカメはこの季節だけの季節物で、私は大好物です♪
こんな色をしているけれど(下写真)、

IMG16030100.jpg


熱々の鍋に入れてしゃぶしゃぶっとした瞬間にぱっと綺麗な緑色に変わります(下写真)。
これをポン酢で食べたら、いくらでも食べられる。
ヒラヒラの部分もいいけれど、茎の部分がまた全然固くなくて食感がいい♪

IMG16030101.jpg

でもね、鮮度が落ちると、もう緑色にはならないし、少し生臭さもでてしまうので、採れ採れのものじゃないとダメなのです。
いや~、採れ採れの新生ワカメ、たっぷり楽しませて頂きました~♪
高価なイチゴもありがとうございました。さすが甘王、凄く美味しかったです。
改めてお礼申し上げます。ご馳走様でした。m(_ _)m感謝

下のランキングに参加しています。記事がまあまあ良かったから応援しようという方、それ程でもないが今日は気分がいいから応援しようという方、俺ゃー心が広いから応援ばしちゃるという方、是非クリックして応援お願い致します。m(_"_)m
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
料理ブログ 食材  花・園芸ブログ 水耕栽培  花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(2) TOP